【ドキッ】目元にシワが!老け顔に見えてしまうシワができる原因と改善策とは

20代の頃は全くなかったはずの目元のシワ。
30代後半を過ぎたあたりから年々深く刻み込まれていませんか?
目元のシワは見た目年齢にダイレクトに影響してきます。シワがあるだけで老け顔のイメージが
強くなってしまうことも。それはオトナの女性としては阻止したいところだと思います。

そこで目元にシワができてしまう原因と、目元のシワを改善・予防する方法をいくつかご紹介
します。まずは目元にシワができてしまう要因を探っていきましょう!

目元にシワができてしまう原因とは

いつまでも若々しく、美しくいたいと願うのは全ての女性の願いです。
今では美意識の高い女性がとても多く、いろんな美容情報も溢れています。
その中から正しい情報を知って目元のシワ対策を取り入れましょう!

そしてシワ対策の前に、まずは【原因】です。
どんなことが原因となって目元にシワができてしまうのか‥無意識に行なっている生活習慣が目元のシワを作り出していないかなど。これから簡単にチェックしてみましょう!

肌の乾燥

肌が乾燥する原因として挙げられるのが「保湿不足」「紫外線」この2つになります。
特に紫外線は肌が老化する原因の80%を占めています。これを最近では「光老化」と
呼んだりします。紫外線はシワだけでなく、シミやたるみを引き起こす原因にもなっています。
顔の中でも目元の皮膚はとても薄いので、紫外線の影響を受けやすい部分になります。
紫外線は肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまうので、肌内部の水分量が不足してしまいがちです。

特に目元は皮膚も薄く、紫外線の影響を受けやすいので乾燥しやすいパーツ。
目元には皮脂が分泌されないので余計に乾燥しやすいデリケートな部分です。
だからこそ目元にシワができやすくなってしまうのです。

眼精疲労・血行不良

働く女性と眼精疲労は切っても切り離せないくらい密接な関係にあります。
特に仕事でパソコン作業が多かったり、通勤時間もスマホの液晶画面を見てる時間が
長かったりすると、気づかないところで目に負担をかけてしまっているのです。

そんな習慣が目元のシワを作り出してしまっているかもしれません。
目を酷使することで目元の血行を悪化させる機会がどうしても多くなってしまいます。
目元の血流が悪くなってしまうと、血流と一緒に流されるはずだった老廃物が溜まったままに
なったり、必要な栄養素が届きづらくなったりすることでシワを生み出してしまうのです。

あと無意識のうちに目を細めたりする癖がある人は、目元のシワを悪化させてしまうことが。
ある程度年齢を重ねてくると肌のハリや弾力が低下してきます。そうするとたるみやシワができやすくなるため表情クセがつきやすくなるのです。
普段自分には表情クセがないか‥というのも一度チェックしてみたほうが良いでしょう。

加齢

人間が逆らえないものが加齢に伴う老化現象。この老化現象をどれだけ最小限に留めるかが若々しく、元気なライフスタイルを送ることができるカギになってきます。
特に目元の皮膚は薄く、外的要因・内的要因を受けやすいポイントでもあります。
また、加齢に伴ってまぶたが下がってくる「眼瞼下垂」が原因となって目元にシワができることもあります。
目元ケアを頑張っていてもシワが目立ってきてしまう‥というときは目の筋力が低下している可能性があります。
加齢とともに肌の機能は低下していきます。目の周りの筋力も同じ現象がおきます。
顔の筋力が衰えてくるとたるみやシワが出てくるように、目の周りにも同じことが言えるのです。
顔のたるみ防止に表情筋トレーニングがあるように、目元のシワ防止にも目元ケアとして筋力トレーニングが必要なのです。

洗顔やスキンケアによる摩擦

何度もご説明してきましたが、目元の皮膚はとても薄く繊細でデリケートです。
皮膚が薄いぶん肌のバリア機能も弱くなりやすく、刺激にも敏感といえます。
女性のほとんどは毎日メイクをするので、クレンジングや洗顔が欠かせません。
アイメイクを落とすときにクレンジング料や洗顔で目元をゴシゴシとこすってメイクを落としているとその分皮膚に摩擦がおきてしまいます。
必要以上に皮膚に刺激を与えてしまうのはシワが生まれやすい原因の1つなのです。
また、クレンジングや洗顔料のなかには洗浄力がとても強いものが多いので、肌の潤いに必要な皮脂まで洗い流してしまうことも目元のシワを発生させてしまうことに繋がります。

ストレス

ストレスをカラダや脳が感じると、メンタルに余裕がなくなりイライラしやすくなります。
無意識のうちに眉間にシワを寄せたり、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまう原因になり、肌トラブルが発生しやすく状態になってしまいます。
ストレスを抱えていても良いことは1つもありません。
ストレスは健康と美容に悪影響を与える大きな要因なのです。

若々しい目元を取り戻そう!目元のシワを改善する方法とは

こうやって目元のシワの原因を見ていってみると、当てはまることが多いですよね。
目元にシワができてしまう原因を知ったら次は対策です!
シワを作ってしまう原因を阻止して、ハリと弾力のある目元を取り戻しましょう!

蒸しタオルで目元の血流改善

目元のシワの原因の1つに「血行不良」があります。目の周りの血液の流れが悪くなると目に必要な栄養素が届きにくくなるので、目の疲れやクマを生み出してしまいます。
【眼精疲労と血行不良】は1セットといえます。
眼精疲労と目元の血流を改善するには、家で簡単にできる【蒸しタオル】がオススメです。

①タオルを水に濡らします。水気を絞ったらレンジで1分程度加熱してください。
②タオルを開いて湯気をある程度逃がします。
③頬から額にかけてタオルをのせます。タオルの上から目の周りをツボ押しするとより効果的です。

蒸しタオルはお風呂に入りながら行うと、血行がより促進される状態になるのでお風呂に入りながらやってみましょう。

蒸しタオルだけでなく他にも目の周りの血行を改善する手方法があります。
その対策の1つとしてマッサージがあります。

①人指し指で目頭上を軽く押さえる。まぶたの形にそって優しく流しながらこめかみまで撫でる。
②中指で目頭下を軽く抑えて目尻~こめかみに向かって撫でるようにマッサージする
③こめかみに溜まったリンパを耳の後ろに向かって流していき、顎関節を通って首筋に流す。

マッサージを行うときは乳液やクリームを肌にのせたときに行うと指の滑りがよくなり、マッサージをしやすくなります。

紫外線対策

肌の老化の20%は加齢によるもので、残りの80%は【紫外線】による影響が多くを占めています。それだけ紫外線が人間の老化現象を深い関わりがあることが分かると思います。
目のシワは加齢よりも紫外線の影響が75%を占めていると言われています。
紫外線を浴びると肌の角質層がダメージを受けます。
そうするとコラーゲンやエラスチンといった肌の水分量を保つ保水機能が破壊されてしまいます。
これが紫外線を浴びると肌が乾燥する理由です。

そして紫外線は目に入ると、脳下垂体を経由してシミのもとであるメラニンを増やすという構造がマウスによる実験で明らかになっています。
紫外線対策をするときは日焼け止めだけではなくUVカットのサングラスなどで目を守る対策もオススメします。
特に目元は皮膚が薄いからこそ万全の紫外線対策が必須!
だからこそ日焼け止めだけでなく、UVカットのサングラスをかけるのもオススメです。

眼輪筋の筋トレで目の筋力をつけよう

目の周りにはまぶたの開け閉めを行う筋肉である【眼輪筋】がありますが、この眼輪筋の筋力が弱ると上まぶたが垂れ下がってくる「眼瞼下垂」を引き起こす原因になることも。
他にも下まぶたにクマやたるみが発生したりします。
目元のシワやたるみ・クマを予防するためにも眼輪筋を筋トレで鍛えてあげる必要があります。
眼輪筋を鍛えて老け顔になるのを阻止してあげましょう!

①顔を正面に向けます。そのまま目線を上に向けます。
②まぶしいものを見るようなイメージで下まぶたを上まぶたに近づけます。
③目を閉じる寸前の状態を5秒キープしましょう。
④5秒キープできたら下まぶたを元の位置に戻します。この流れを10回~20回繰りかえしましょう。

次にご紹介する眼輪筋のトレーニングもオススメです。

①両目をギュッと5秒間閉じましょう。
②5秒たったら今度は大きく目を開けます。
③眼球だけをぐるりと右回転に5回まわします。
④反対周りも同じように行いましょう。

眼球を回すときはできるだけゆっくり回すことを意識するとより効果的です。
眼輪筋のストレッチも同時に行えます。
筋肉はある程度刺激を与えて、鍛えていないとどんどん衰えていってしまいます。
若々しい見た目をキープするにはカラダだけでなく、顔や目元の筋トレも大事なポイントです。

目元のシワを改善する効果のあるアイクリームを使用する

ほとんどの女性は毎日スキンケアをしていると思いますが、目元専用の保湿剤やクリームなどを使用していますか?
目元だけの保湿に特化したアイクリームは目元のシワを改善してくれる有効なアイテムです。
30代以降は通常のスキンケアアイテムだけで行う保湿だけでなく、
目元専用のスキンケアアイテムを取り入れることをオススメします。
アイクリームは目元のシワを予防し、改善してくれる効果があります。

まとめ

人の見た目を大きく左右している部分といえば「目元」ではないでしょうか。
目元のシワの原因が紫外線や乾燥だけでなく、何気ない生活習慣も関わっていたことが
分かったと思います。
顔の肌の状態を良好に保つことを普段から意識していても、目元の皮膚の状態を
気にかけているひとは意外にも少ないようです。
目元のシワを予防・改善していつまでも若々しい印象な大人の女性でいましょう!