【要注意】季節の変わり目は肌荒れしやすい?スキンケアのコツとは

普段は肌荒れもなくキレイな肌をしているけれど毎年季節の変わり目になると肌荒れを繰り返してしまう‥という人が多くいます。
かゆみや赤み、乾燥したり吹き出物が出てきたり症状は様々です。
夏から秋、秋から冬、冬から春、そして春から夏先にかけて何らかのアレルギー反応を起こしていた場合は「季節性敏感肌」かもしれません。
そこで今回は季節の変わり目の肌荒れについてわかりやすくまとめてみました!

季節の変わり目に起こる肌荒れの原因は一体なに?

そもそもなぜ季節の変わり目に起こる肌荒れの原因とは一体何なのでしょうか?
季節の中でも特に冬から春先にかけては肌荒れをしやすい時期といえます。
あとは秋から冬は一気に乾燥するので乾燥が原因で肌荒れをおこすことがあります。
ですが季節の中で肌荒れがおきやすいのは冬から春先にかけてでしょう。
なぜなら花粉や紫外線の影響を受けやすくなるからです。

健やかでキレイな素肌を保つためには季節の変わり目に起こる肌荒れの原因を知っておきましょう!
やみくもに肌のお手入れを行えば肌がキレイになるというわけではないのです。
なぜ肌荒れがおきてしまうのか理解しておくことが季節の変わり目の肌荒れを防ぐ対策になります。

花粉

花粉と聞くと目のかゆみや鼻水、くしゃみが止まらないといった症状を思い浮かべますが実は肌荒れの原因にもなるのです。
特に冬は寒さと湿度が低いせいで肌が乾燥しやすい時期です。そうすると肌のバリア機能が低下して外的要因の影響を受けやすくなってしまいます。
花粉はアレルギー物質の1つなので肌がデリケートになればその分花粉の影響を受けてかゆみや赤みといった肌荒れを起こしてしまう原因となります。
そして花粉は春先だけでなく飛ぶ花粉の種類は違っていても実は一年中飛んでいるんです。
秋になると肌荒れがおきたり目がかゆくなったりした場合は秋に飛ぶ花粉が原因ということもあります。(ブタクサなど‥)
花粉症の人は春先は肌荒れに要注意といえるでしょう。

紫外線

夏場は常に紫外線対策をしている女性は多くいますが、秋から冬になってくると紫外線に対して無防備になってきませんか?
紫外線の降り注ぐ量は夏と冬では半分ほど違いますが少ない量とはいえ地上まで降り注いできています。
冬場は日差しも紫外線も強くないので日焼け止めを使用する頻度がかなり減ってきて、紫外線の量が増えてくる春でも冬のときと同じメイク方法とスキンケアをしている方も少なくありません。
紫外線は春先からグッと増えてきます。日差しは夏ほど強くなくても紫外線の量は夏とほとんど変わらない量なのです。
肌が紫外線の影響を受けてしまい、春先に肌荒れを起こしてしまう原因の元となることがあります。

ストレス

ストレスとは外側の影響を受けることで私達の脳とカラダが何らかのネガティブな反応を起こしてしまいます。それを「ストレス」と感じているとことが多いと思います。
そしてストレスを感じるとダイレクトに影響を受けてしまうのが「腸」だと最近では言われています。
ストレスを感じているのはカラダ全体の司令塔の役目を果たしている脳です。
脳にストレスがかかるということは内臓にもストレスがかかっていることと同じこと。
特に大腸はストレスを感じると働きが鈍感になりやすく、排泄機能が鈍くなってしまいます。そして便秘や下痢を繰り返すいった症状を起こしやすくなります。
お肌を健やかに保つ栄養素なども小腸~大腸にかけて吸収されます。そして残ったカスが老廃物として便と一緒に外へ排出されます。
ストレスを抱えていると便秘になりやすいのでカラダにとって不要となったカスがいつまでも腸内に留まっていると肌荒れを起こす原因になります。
(腸内の温度はほぼ人間の体温と一緒ですからそこに生ゴミがあることと一緒なので想像するとカラダとお肌にとってどれだけ悪影響かが分かると思います。)
ストレスがない状態は【脳=腸=肌】を健やかで元気な状態にすることができます。
意識してストレス解消を心がけることで肌の状態を健やかなものにすることが期待できます。

毎年季節の変わり目は肌が弱くなるというあなた!それ「季節性敏感肌」かも。

毎年季節の変わり目に肌が荒れるという人は「季節性敏感肌」かもしれません。
花粉やほこり、他にはハウスダストなどが関わってくることもありますが、
それらの物質が肌に付着することで肌がアレルギー反応を起こし、肌にかゆみや赤み、吹き出物といった症状が表れます。
他にはそれまで使用していたスキンケアアイテムが急に合わなくなる‥ということも出てきたりします。
ここで簡単に季節性敏感肌かどうかをチェックしてみましょう。

①花粉症
②ストレスを溜めやすいor感じやすい
③外出が多い
④乾燥肌
⑤睡眠不足
いかがでしたか?当てはまるチェック項目が多ければ多いほど季節性敏感肌の可能性が高くなります。
「そうかも‥」と思った方は季節の変わり目は敏感肌向けのスキンケアと生活スタイルの見直しが必要となってきます。
季節によって対策は多少変わってきますがどの季節にも共通していえる大切なスキンケアのポイントがあるのでそれをこれからご紹介していこうと思います。

季節の変わり目のスキンケアのポイント

今や国民病ともいえる花粉症。くしゃみや目のかゆみだけでなく女性の気分を大きく左右する肌のコンディションにも大きく関わってくる要因です。
そして季節の変わり目だけでなくもともと肌が弱いという敏感肌の人はとくに注意をするようにしましょう。
スキンケアは每日行うものです。每日行うものだからこそお肌にとって優しく必要なお手入れをしてあげることが健やかでキレイな肌をキープすることができます。

優しいスキンケアアイテムに変える

肌がデリケートになる時期はスキンケアアイテムの見直しをするタイミングでもあります。
特に香料が強いものやアルコールが入っているものは一旦お休みをして、低刺激なノンアルコールで香料を使用していない化粧品を使用することをオススメします。
これはスキンケアアイテムだけでなくメイク用品も同じように低刺激なものを使うことでデリケートな肌に強い刺激を与えずにすみます。
ナチュラル志向なアイテムを使うことで、肌のかゆみや赤み・吹き出物などの悪化を防ぐ効果も期待することができます。

クレンジングや洗顔方法を見直す

季節の変わり目は素肌がとてもデリケートな時期です。スキンケアアイテムだけでなくメイクを落とすクレンジングや洗顔の方法も少し変えた方が良い場合があります。
肌のキメの間などはファンデーションや花粉などが溜まりやすいポイントでもあるのでその汚れを放置したままだと肌荒れを起こす原因の元となります。
特にクレンジングオイルは肌の皮脂を過剰に落としてしまう作用があります。
クレンジングオイルをしたあと肌がツッパったような感覚を体感した人は多くいると思いますがそれは落とさなくても良い皮脂までオイルと一緒に洗い流してしまった可能性があります。
刺激の少ないミルククレンジングやジェルなどに変えて優しく洗い流すことをオススメします。
洗顔をするときも泡をきめ細かく泡立てて優しく指の腹でマッサージをするような感じで肌となじませていきます。
ぬるま湯で泡が肌に残らないようにしっかりと洗い流すことでメイク汚れや花粉をスッキリと洗い流しましょう。

徹底保湿

クレンジングや洗顔をしたあとは念入りに保湿をしてあげましょう。
ただ化粧水を肌にパパっとつければ良いものではなく、手のひらで優しくプレスするように化粧水を押し込んでいきましょう。
簡単に肌に化粧水をつけただけでは保湿効果は半減してしまうのです。
手のひらで優しく押し込むようなイメージで行うと保湿効果を高めることができます。
目の周りや小鼻などは指の腹で優しく圧をかけながら栄養分を入れ込んでいきましょう。

素肌が乾燥肌の人は一度の化粧水では水分が足りないと思うので数回に分けて化粧水を肌につけてあげましょう。
化粧水で肌の奥に水分を入れ込むことができたら水分が蒸発しないように乳液または美容液などで蓋をしてあげてください。
肌をしっかりと保湿してあげることで肌のバリア機能がアップするので敏感肌を改善することが可能となります。
特に紫外線が強くなる季節と乾燥しやすくなる時期は肌のコンディションが変化しやすい時期なので保湿を心がけるようにすることをオススメします。

紫外線対策

紫外線を浴びると肌荒れを起こすことがあります。それは紫外線によって肌が「乾燥」してしまうことが考えられます。
素肌を老化へと進めてしまうのが太陽から常に注がれている「紫外線」です。
紫外線対策をするのは暑い夏だけ。という人が結構多くみられますが、紫外線対策は一年をかけて行うのが健やかでキレイな素肌を保つうえで絶対必要なことなんです。
特に肌が敏感になりやすい季節の変わり目は紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
冬だろうが春だろうが日焼け止めを塗るようにして紫外線によるダメージを避けるよう
にしましょう。
真夏ほど強い日焼け止めを使用する必要はないのでその時その時のシーンによって日焼け止めの強度を調節するようにしましょう。
素肌を外に出すときはしっかりと紫外線から肌を守る対策をすることが季節の変わり目の肌荒れから肌を守り、透明感のあるキレイな肌へ導く大切なスキンケアの方法です。

まとめ

季節の変わり目は肌荒れしやすく、毎年肌荒れを繰り返している女性は多くいます。
筆者もその一人でした。ですがクレンジングや洗顔、保湿を徹底して紫外線対策を怠らないようにするだけで肌の状態がとても良い方向になり、ファンデーションなしでも過ごせるようになりました。
素肌に自信を持つことは女性にとって憧れではないでしょうか。
一年中キレイな肌で過ごせるよう每日のスキンケアを頑張っていきましょう。