美意識が高い30代女性がやっている美容鍼!その効果とは?

「美容鍼」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?
痛そう‥顔に鍼を刺すなんて怖い‥血は出ないの?美容鍼は一体どんなことに効くの?”などなど未経験の方は色んな想像がおありと思います。

ですが、美容鍼を若さを保つケアの一つとして取り入れている女性たちがたくさんいます。
それだけ効果が絶大と思ってしまいます。
20代女性は美容鍼なしでも引き締まったフェイスラインをキープできますが、
早い人で20代後半から30歳にかけて顔の印象が変わってくることがあります。
その原因はズバリ加齢に伴う皮膚のたるみなどがあります。
筆者も美容鍼には3週間に1回は行くようにしています。なぜなら女性にとって嬉しい効果を自分の身体で体感したからです。今回は美容鍼の効果などを詳しくご紹介したいと思います。

美容鍼って一体なに?

美容鍼というものがあることを知っていても、どんなものなのかを知らない人が多いと思います。
美容鍼は美容鍼灸とも言います。
「鍼灸」と一緒で鍼によってツボを刺激し鍼で刺した患部の血行を促すものです。

鍼を顔に刺すことで顔にある色々なツボを刺激することができるのです。
美容鍼をすると眠くなることがあります。
それは鍼の効果によるものでリラックス効果が高まることからつい眠ってしまう人もいるよう
です。美容鍼をするときはベッドに寝た状態で行うのでより身体がリラックスすることができる
ことから、リピートする方がとても多いです。

気になるのが顔に鍼を刺すので、裁縫などで使うような鍼を思い浮かべるひともいますが、美容鍼で使う鍼は髪の毛よりも細いものなので、人によっては痛みを感じないという人もいます。
美容鍼は顔に直接細い鍼で皮下組織に刺激を与えます。
(このときにチクっと感じることもありますが、余裕で我慢できるレベルです。)

皮膚の薄いおでこや毛穴が密集している眉毛周りは多少違和感を感じることもありますが、女性は痛みに強いので全然大丈夫だと思います。
鍼の刺激によって血行が良くなるので、皮膚にとって必要な栄養素を患部に運びやすくなること
から肌の美容面でとても効果的だとされています。
血行が促進されることで顔に溜まっていた老廃物の排出もしてくれます。

怪我をすると怪我をした部分を身体のホメオスタシス(恒常性)によって元の状態に戻そうと
します。
この原理を利用した美容方法が美容鍼なのです。

美容鍼の施術の流れ

ここで実際に美容鍼を行うときのだいたいの流れをご説明したいと思います。
美容鍼をしたことがない人にもわかりやすいように筆者の体験談も織り交ぜながら記載したいと
思います。店舗によって多少の違いはあるでしょうが、参考程度に読んでみてください。

受付

まずは最初に受付へいき、予約名を伝えます。
問診票がある場合は、気になる箇所にチェックをしましょう。
例えば、ほうれい線が気になる人は。ほうれい線、むくみ、フェイスラインの引き締め、
目をスッキリとさせたい。といったように自分の希望を問診票に記載しましょう。

着替え

受付が終わったら、着替えをしましょう。
店舗や医院によっては着替えがないところもあるかもしれません。
顔周りにつけているアクセサリーなどはあらかじめ外しておいてください。
髪の毛の長い人はゴムでまとめておくとなお良いでしょう。

施術

着替えが終わったら美容鍼の施術に入ります。
ベッドに仰向けになった状態からスタートします。
施術者が髪の毛よりも細い鍼を顔にあるツボに刺して優しく刺激していきます。
顔に鍼を刺すなんて怖い!と思っているほど「こんなものなの?」と感じてしまうかも
しれません。フェイスライン、頭に鍼を刺すときは全くといっていいほど何も感じませんでした。
チクっと感じたところは眉あたりと口まわりに多少感じたくらいで、すぐにリラックスモードに
入れると思います。美容鍼をすると不思議と眠くなってしまうことが多いです。

ストレスが溜まったりしている人は美容鍼へいくと、頭も心もスッキリするかもしれませんね。
顔のツボを直接刺激することで固くなりがちな表情筋を柔らかくすることができるのでイライラ
していた表情も、穏やかな顔になれるでしょう。

コースや内容によっては鍼に電気を流して表情筋にアプローチするサロンや医院などもあるので
ご自分が得たい効果によってオーダーするようにしましょう。
美容鍼を顔のツボにまんべんなく刺していったらその状態のままで早いところで10分ほど。
長いところで20分から30分ほど置きます。
時間が来たら刺していた鍼を抜いて、軽く消毒して終了になります。
鍼を抜くときもほとんど痛みはありませんのでご安心ください。

施術後

       
美容鍼をする前と、終わった後の顔のビフォー・アフターは明らかに違います。
特に一番最初はその違いがはっきりと分かるかもしれません。

筆者は一番最初に美容鍼をしたときは、顎のフェイスラインが左右で指一本分違っていましたが、たった一回で左右の高さが合うようになりました。
それだけじゃなくむくみが取れて、フェイスラインがきゅっと引き締まり、顔のツボを刺激されたことによって血流の循環が良くなるので、目がスッキリし、深く入りつつあったほうれい線が改善され、血色の良い肌色になっています。

いろいろと肌に問題が出てきやすくなる30代女性に美容鍼は予防美容として是非取り入れて
ほしいものです。
早め早めの対策がアンチエイジングになります。

細いとはいえ鍼を刺すので完全に無痛ということはありませんが、ほんのチクっくらいです。
患部によっては筋肉が硬くなっていたりすると痛みを感じやすいようです。
筆者はパソコンをよく扱うので目の周りに痛みがありました。
ですが美容鍼を行っている最中はとても心地よく、終わった後は顔や頭、酷使しがちな目も
スッキリしているので美容鍼の効果は間違いないと思っています。

美容鍼の効果・効能

リフトアップ

美容鍼をすることで体感できる効果の1つがリフトアップです。
日頃から無表情のまま生活していませんか?
無表情だと顔の筋肉を使う時間が少ないので、筋肉がどんどん衰えていってしまうので顔が
たるんでしまうことになります。
自分の顔を鏡で見たときに顎のエラの位置が左右対称か、目の高さが左右差ないか、頬がたるんでいないか、などを美容鍼を受ける前にチェックしておくと、施術後に違いが分かりやすいと
思います。表情筋を鍼で刺激することで引き上げ(リフトアップ)効果の期待大です。

小顔効果

顔が大きく見えてしまうときありませんか?
そういうときは顔や顔まわりの血行不良が原因かもしれません。
血液の循環が悪いということは筋肉が凝ってしまいます。
顔には表情筋という筋肉がついています。
顔の若々しいイメージを保つにはこの表情筋が柔軟なことが大切になってきます。
凝り固まったままだと血行不良になり、老廃物がその場に留まったままになるので、顔が大きく
見えてしまうことになるのです。

夜中に歯ぎしりを無意識にしていたり、知らず知らずのうちに奥歯を食いしばる癖がある人は
エラが張っていることが多いですが、それは筋肉が凝り固まった状態といえます。

そこで顔のツボや表情筋に鍼をすることで、優しい刺激によって血行が改善されて、溜まっていた老廃物も流れ出ることにより顔の筋肉が正常な位置に戻り本来のフェイスラインが復活しやすく
なります。
エラの張りもだんだんと落ち着いてくることを期待できます。

眼精疲労の改善

現代人の多くはスマホ、パソコン社会なので、眼精疲労を抱えているという人のほうが多い
です。特にデスクワークの方は日中は常にパソコンと向き合い、家ではスマホと睨めっこして
いたりしませんか?
スマホからは目にとっても肌にとっても悪影響であるブルーライトが発せられています。
ブルーライトは眼精疲労を誘発してしまうのでスマホを扱う時間が長ければ長いほど、

目の周りが凝っている
目がチカチカする
眉間にシワが入りやすくなる

といった症状が現れやすくなります。
これらの症状を軽減してくれる効果があるのが美容鍼です。
眼精疲労を集中的に改善したいときは目の周りにある筋肉やこめかみ、場合によっては首の後ろ
などに鍼でアプローチします。
すると眼精疲労の原因になっていた筋肉の凝りをほぐしてくれて、目の周りに血流が戻ってくる
ので目がスッキリとしてくるでしょう。

ほうれい線を改善

老け顔に見えてしまう大きな要因の一つが鼻の横から口元にかけて刻み込まれてしまうほうれい線ではないでしょうか。
年齢とともに浮かび上がってくるパターンと、お肌の栄養不足によってほうれい線が入ってしまうパターンとあります。
他にも表情筋の衰えなども考えられますが、圧倒的に多いのが加齢にともなうものです。
加齢だけでなく、頬などに余分な脂肪がついてしまうと脂肪の重さに筋肉が耐えきれなくなり
たるみが発生してしまうのでブルドックのようなほうれい線ができることもあります。

加齢に伴うほうれい線と表情筋の衰えには関係性があり、表情筋をよく使っている人ほど顔周りの血行が良いので肌自体もツヤがありシミやシワができにくい状態を作ってくれます。

ですが、笑顔を作るのが苦手だったり、顔の筋肉を刺激する機会が少ない人はどんどんと老け顔に拍車をかけてしまっていることになります。

美容鍼によって肌の真皮層の奥にある表情筋にまで届かせることができるので直接凝っている筋肉を緩めることができます。
ほうれい線を改善する場合は、鼻の横から口元にかけて鍼を刺していくことが多いです。
ほうれい線に集中して鍼をすることで元に戻りづらかったほうれい線が薄くなっているのを感じることができると思います。

美肌効果

美容鍼の一番嬉しい効果といってもいいのが「美肌効果」です。
普段丁寧にお手入れをしていても季節の変わり目や外と室内の気温差などで肌はストレスを
感じてしまいます。そうすると肌のターンオーバーが乱れてきます。

ターンオーバーは肌の調子を整えるのに欠かせない重要なものです。
肌細胞のターンオーバーが正常に働くことで健やかでツヤのある美肌を保つことができるのですが、食生活や運動不足、外側からのストレスなどで簡単に肌の代謝は乱れてしまいます。
そうすると肌荒れやニキビ、シワやくすみといった症状が顔に現れやすくなってしまいます。

美容鍼は肌の内側でターンオーバーを担っている表皮の奥深くに直接鍼を刺して刺激を与えます。鍼の刺激によって血行が良くなるので、皮膚にとって必要な栄養素を患部に運びやすくなること
から角質などで硬くなっていた肌を新しい肌に生まれ変わるよう促進することができます。

これも上記の項目でご説明したように、怪我をすると怪我をした部分を身体のホメオスタシス
(恒常性)によって元の状態に戻そうとする人間の自己治癒力を利用することによって美肌になるよう促しているのです。

鍼によって傷をつけられた肌は細胞を修復しようと線維芽細胞を増やそうとします。
この細胞が増えることで若々しさを保つうえで大切な「コラーゲン」を新たに生成してくれる
ようになるのです。

美容鍼を受けた後内出血が‥

まれに鍼を受けたあとに内出血を起こして薄く青いアザのようになっているときがありますが、
一週間もしないうちに体内に吸収されていくのでご安心ください。

美容鍼を受ける頻度はどれくらいがいいの?

美容鍼がとてもアンチエイジングに良いのはわかったけれど、どれくらいの頻度で受けたほうが
いいのか気になると思います。
お悩みの症状や、顔の筋肉の状態、肌の調子などで人によって受ける回数が変わってくるのですが、一般的には最初のうちは1週間~10日に1回を目安に受けると良いとされています。
美容鍼を受ける回数を重ねるにつれて3週間~4週間に1回というように間を空けても大丈夫なように
なってきます。
お悩みの症状によりますが、美容鍼は1回の施術で美容効果を実感できる優秀な美容法であり
予防美容です。

美容鍼を施術してくれる人も厚生労働省認可の国家資格を保有している人でいないと鍼灸治療を
行ってはいけないとなっているので、医学や人体の健康をきちんと勉強した人ではないとできないものなので安心して受けることができるかと思います。
健康に関することがベースなうえで女性にとって嬉しい美容面にアプローチしてくれるものが
美容鍼なのです。
人間に備わっている自己治癒力を利用したり高めてくれるものなのでサプリなどを飲むよりも
安心安全に利用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です