美人への最短切符はこれ。自分でできる6つのデンタルケア

昔CMで「芸能人は歯が命」というものが流行りました。
歯は芸能人だけに限らず全ての人にとってとても大切なポイントです!
特にアメリカは1つの文化としてデンタルケアに力を入れて入れています。
海外ドラマや映画に出てくる人たちは皆さんキレイな歯をしていますよね。
自分の歯がキレイな歯でいるか、そうじゃないのかで人の印象を左右してしまう重要なものだと知っているからです。
最近は美意識の高い人はしっかりと歯をケアしています。
今回は歯をキレイにすることで得られるメリットなどを知りましょう!

歯を大切にすることは身だしなみを整えることと一緒!

肌をキレイに保つスキンケアやメイク道具、服や持ち物には気を使うのに、口元をキレイにしない人がとても多いように感じます。
雑誌やテレビなどで海外の人の歯を見たことは誰でもあると思います。
みんな歯並びが良くて黄ばみなどもなく白くて清潔感に溢れています。美意識を意識したときに最先端なのは日本の習慣よりも海外の人たちの文化はとても参考になります。
その点、私たちはどうでしょうか?デンタルケアを怠っている人は多くありませんか?
昔に比べると美意識の高い人達がかなり増えてきたのでホワイトニングやインプラントなどで歯にお金をかけて綺麗に保っていたり、歯の土台から綺麗にするために歯列矯正を行う大人が増えてきました。
外で人と会うときなどは髪の毛を綺麗にしたり、服を綺麗に整えたり、身だしなみを整えると思いますが、歯を綺麗にしたり、保つことも身だしなみを整えることと同類と言えます♫
それに定期的に歯医者に行き、クリーニングやチェックをしてもらうことで虫歯や歯周病、口臭を予防することに繋がるので、人に不快な思いをさせない大人のエチケットとしても重要なことなんです。

歯とからだの健康には密接な関係があった

全く関係ないように思われがちな歯とからだの健康の関係ですが、かなり大きく関係しています。
歯が一つ減ってしまうだけでも「食事を楽しむ」ということが満足にできなくなります。
たかが1本と思っていると長い目で見たときには心身ともに大きな影響を与えていきます。
まず、歯というものは動きます。きれいに揃った歯並びなら多少動いたとしても見た目的にも健康面でもそんなに大きな影響はありませんが、歯を失くしたり、歯並びが悪いと歯が動きやすい状態になっているので年月がたつにつれて、
*どんどん歯並びが悪くなっている
*失くしてしまった歯の隣の歯が傾いてきている
*かみ合わせが悪くなってきていて食事を楽しめない

‥といったことになってきます。たかが1本‥されど1本なのが歯です。歯の噛み合わせが悪くなると食物を噛むチカラが弱まってきます。噛むチカラが弱まることで固形物を食べることが億劫になってきます。そうすると顎のチカラも弱ってくるのでより歯並びを悪化させてしまうことになります。

両方の歯でバランスよく噛むことができなくなるので片方の顎関節に負担がかかりやすくなるので顔のバランスも徐々に崩れてきて、新たなコンプレックスを作ってしまうことにもなってしまいます。
それらを防ぐためにも日頃から自分の歯を守るためのデンタルケアをしておくことが大切なポイントとなってきます。
仮に歯を失くすことになってしまった場合は、早いうちにブリッジやインプラントなどを入れて噛み合わせや歯並びに悪影響が出ないように対策をうちましょう。
歯を失うことと大きく関係している「歯周病」の簡単なチェックをしてみましょう。

歯周病簡単セルフチェック

*歯磨きをすると出血する
*歯がぐらついている
*歯茎が赤く腫れているところがある
*歯茎が下がってきて歯が長くなったような気がする
*朝起きたときに口の中がネバネバしている
*歯茎を押すと膿が出てくる
*口臭がある

いかがでしたか?いくつか当てはまった項目はありましたか?
1つでも当てはまったときは早めに歯医者へ行ってチェックと治療をすることをオススメします。まだ症状が軽くても軽いうちにケアをすることで悪化することを防ぐことができるので、歯を失くしてしまうまえにデンタルケアをしっかりと行うようにしましょう。

海外と日本の歯に対する意識の違い

海外へ行ったりするとまず見た目で日本との明らかな違いがあります。
髪の色や肌の違いではなくそれは「歯」に対する意識の違いです。海外(特にアメリカ)は子供のうちに歯並びを直すのが主流らしく(遅くても中学生、高校生までに)クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントに歯列矯正があるというくらい歯に対する美意識が大人、子供も高いのです。
日本ではかわいいと人気の高い「八重歯」も国内を出てしまえば「ドラキュラ」や「魔女」といった印象があり、マイナスの印象を相手に与えてしまうポイントです。

歯並びやデンタルケアという視点でいうと日本は世界レベルで最悪なのが日本です。
確かに海外へ行くと歯並びが悪かったり、歯が着色していて黄色いといった人を見かけることはほぼありません。(治安の悪い場所へ行くと違うかもしれませんが‥)
日本もここ数年で歯に対する意識が変わってきつつあります。ホワイトニングもたくさん普及してきていて、定期的に歯医者へ行ってチェックをしてもらったり、歯列矯正も昔のような銀色のワイヤーだけでなく、目立たない透明タイプや、クリアライナーといってマウスピース型の矯正方法もあります。
歯をキレイにしたり、保つことで笑顔に自信がもてるようになるのでデンタルケアを怠っている人はこの記事を呼んだことを機会にしてしっかりとケアしてみませんか?

オススメのデンタルケア

基本中の基本。しっかりとブラッシングをする

最低でも一日に2回はブラッシングをしましょう。(筆者は一日に3回してます。)
その中でも一番重要なのは、就寝前に歯を磨くことです。
就寝中に一番虫歯ができやすく悪化させてしまう時間帯なのをご存知でしょうか。
また就寝前にしっかりと磨くことで翌朝の不快な口臭を防いでくれる効果にも繋がるのでさぼることなくブラッシングをしましょう。
また歯磨きをすることは虫歯予防だけでなく歯周病にかかってしまうのを予防してくれることになります。
歯周病を放って置くと、歯を支えている歯茎の力が弱まってきて歯を支えることができなくなり、歯が抜け落ちてしまう‥ということにも繋がるので
ブラッシングを行うことはかなり健康面でも美容面でも重要なことなのです。

朝起きたらすぐにうがいをする

 
意外と知られていないのが起床後の口の中の状態です。朝起きたときの口の中の状態はトイレブラシについている最近の数よりも多いのです。起床後にすぐにお水などを飲んでいる人は細菌も一緒に体内に流し込んでいることになります。(これが風邪などを引いてしまう原因の1つなんです。)
胃液で大半は殺菌されるとはいえ、身体にとって悪影響でしかない細菌を取り込んでいることには変わりはないので、そういったことを避けるためにも
起床後は口の中に増えてしまった菌を洗い流すために「うがい」をすることが大切といえます。
朝起きたときに口が臭く感じるのもちゃんと理由があります。
夜眠っている間は水分を補給するタイミングもないので唾液の分泌量が減ります。
唾液の分泌量が減ることで口の中は乾燥状態になり細菌が繁殖しやすい環境になります。
菌がふえることが口から不快な匂いがする悪臭の原因となってしまうのです。
朝起きたら水やコーヒーを飲む前に「うがい」を習慣にしましょう!

まずは歯医者に行く!

歯医者へ行き自分の口の中や歯の状態を診てもらうことからがスタートです。虫歯のチェックだけでなく、歯周病のチェック、正しい歯磨きのやり方などなど。
特にコーヒーやワイン、紅茶などをよく飲む機会が多い人はステインという成分で歯が着色してしまいます。これは毎日のハミガキだけでは落としきることができないので、歯医者で定期的にクリーニングしてもらうことで歯を白く保つことができます!
黄色い歯と白い歯では人に与える美人度の印象は大きく変わってきますよ!
今まで歯医者に定期的に行く習慣がなかった人は緊張するかもしれませんが、定期的に歯医者へいくことを習慣にすることで清潔感のある雰囲気にも繋がるので、大人のエチケットとして歯医者へいくことは最重要です。

歯ブラシはこまめに変える

歯ブラシを交換するタイミングはどのくらいでしょうか。人によってかなりのバラつきがあると思いますが、目安としては2週間で交換するのが良いとされています!
その理由は、歯ブラシに菌が繁殖しやすいから!
歯ブラシに水気が残ったままのことが多いと思います。これが菌が繁殖しやすい原因なのでこまめに交換することをオススメします!

…意外と知られていないのが寝起きの口の中の細菌の数です。
なんとトイレブラシに付着している菌よりも多いんです。
このことからも歯ブラシはマメに交換しましょう。最低でも一ヶ月以内には交換するほうにしたほうが良いでしょう。

デンタルフロスを使う

歯ブラシは使うけれどデンタルフロスを使っていない。という人が結構います。
デンタルフロスを使うことで歯と歯の間の汚れを掻き出すことができます。
虫歯は歯と歯の間にある磨き残しから進んでしまうことが多いので、普段のデンタルケアが歯ブラシだけという人はデンタルフロスを使うようにしましょう。
特に歯並びが悪いという人は歯ブラシが歯に当たる面積がどうしても少なくなってしまい磨き残しが多くなるので、歯ブラシで磨きにくいところはフロスやヘッドの小さいブラシでキレイにすると虫歯を防ぐことができます。
デンタルフロスにもいろいろなタイプがあります。ホルダータイプや歯間ブラシ、糸巻きタイプ、ワイヤータイプなどあるので、自分の歯並びの状態にあったものを使うようにしましょう。

もっと綺麗にしたいなら歯列矯正を

歯並びが綺麗な人は上記のことをやっておけば自信をもって綺麗な笑顔になれると思います。
自分の笑顔に自信がもてることは仕事やプライベートを充実させることにも繋がります。海外の人はとても笑顔がキレイです。
それは歯並びに自信をもっているのも関係あるのではないかな?と筆者は考えています。
ですが歯並びが悪い人は笑う時に手で口元を隠す癖があったりしませんか?
笑顔にもイマイチ自信がもてなかったり…せっかくキレイな笑顔をしていても隠してしまっていてはもったいない!
そんな時は思い切って歯列矯正することで口元のコンプレックスを解消することができます!
インプラントはすぐに歯並びを綺麗にすることは可能ですが、お値段が歯列矯正よりもかなり高めの設定ですし、長くもっても9年から10年です。
歯列矯正は期間が長いですが、自分の歯を土台から綺麗に並べていくので、自分の手入れとケア次第ではほぼ永久的に素敵な歯を維持することができます♫矯正期間も平均で一年半から2年くらいです。長い人で3年ほど。一生のうちの2年と思えば短いものです。その2年の努力で一生モノの笑顔を手に入れることができます。
歯列矯正も大事なデンタルケアです。デンタルケアを行うことで正面から見た顔だけでなく横顔もきれいになります。(これをEラインと言います)

綺麗な歯は魅力的

「歯医者は虫歯になってから行く場所」ではなく「虫歯や歯周病にならないために行く場所」です。
デンタルケアを習慣にしているからこそ美容と健康をバランスよく自分自身に身につけることができるのではないでしょうか。いくら外側ばかり着飾っても内側である心や身体が整っていないと美人度はかなり下がってしまいます。
そして、素敵な男性ほど女性の歯は無意識に見ていますし、女性同士でも歯は目に付きやすい場所なので気づかないうちにチェックしていることも‥
今はワイヤータイプの矯正だけではなくマウスピースで行う歯列矯正もあります!
歯列矯正のハードルはとても低いので歯並びでお悩みの人は一度歯医者へ相談へいくと口元美人への切符ができるかもしれません!
歯並びだけでなく、歯を清潔に保つことはひとりの大人として大事なエチケットですし、デンタルケアをしっかりと取り入れてる人とは安心して食事と会話ができてしまいます。普段の自分の行っている歯磨きのやり方に不安がある人は歯医者へ行って正しいブラッシングの方法を教わりましょう。
綺麗な歯になってステキな笑顔になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です