知らないと損しちゃう】去年の日焼け止めって今年も使える?日焼け止めの使用期限とは?そして肌に塗るときの大事なポイントも!

梅雨をすぎれば本格的な【真夏】がやってきます。オトナ女子にとっては汗やテカリだけでなく、紫外線によるシミやそばかすを防ぐために日焼け止めを使用すると思います。
シミ・そばかすを防ぐには日焼け止めは必須ですよね。
新しく日焼け止めを買おうかな‥と迷うときに、去年の日焼け止めが残っていたらどうしますか?
「去年のものが残っているから使っちゃおう!」と考えますか?
もったいないからそのまま使う?それとも新しく買い直しますか?
今回はスキンケアや美容関連の記事ではなく、日焼け止めに関することを簡単にまとめてみました!

日焼け止めに使用期限ってあるの?

そういえば食品には【賞味期限】があるけれど、日焼け止めに【使用期限】はあるのでしょうか。
詳しく調べてみたところ、【日焼け止めに使用期限は基本的にはない】とのことですか。
化粧品は食品と違って、生物ではないのでほとんどの化粧品は使っている最中に雑菌が入ったとしても、安全性をちゃんと考えて腐らないように防腐剤を配合しています。

去年の日焼け止めでも中身の状態が良いなら、去年の残りを使っても問題ないと言われています。
未開封の状態なら3年はもつといわれていて、開封していてもフタや栓さえしっかりと締めていれば1年ぐらいは大丈夫です。
日焼け止めは基本的には長期間保存がきくものですが、それは保存状態が良いことがベースにあってこそ。適当に扱っていたり、保管場所が不衛生なところだと品質が劣化してしまう恐れがあります。

いくら長めに使用期限が設けられているとはいえ一度開封したものは、早めに使い切るほうがいいに越したことはありません。
日焼け止めを購入するときは、いつ頃買ったのかを覚えておくといいでしょう。

ですが、新しい日焼け止めを購入しても、すべてを使い切るのは意外と難しい人もいると思います。そんなときは小さめのサイズを買うと1シーズンで使い切ることができるので、日焼け止めを購入するときは小さめサイズを選んでみると来年まで残すことがなくなるでしょう。

去年のあまった日焼け止めを使いたい‥けど大丈夫か不安!日焼け止めが劣化しているのかを見分ける方法

では去年のあまった日焼け止めを使用するときに、劣化しているのかいないのかを見分ける方法はあるのでしょうか。どんなところをチェックすればいいのかというと

異臭がしないか
テクスチャーに違和感はないか
分離していないか
変色していないか
この4つの項目が去年の日焼け止めを使用するうえで最初にチェックしてほしい項目になります。

まずは日焼け止めの匂いをチェックしてください。最初から匂いがもともとあるものは問題ありませんが、日焼け止めの質が変わるとまれに油臭くなるときがあります。
肌の上に去年の日焼け止めを出す前に異臭がしないか調べてみてください。

テクスチャーに違和感がないか、というのは日焼け止めが肌に馴染むかどうかということ。
肌に日焼け止めを塗ったときに去年と同じような感触とは明らかに違った場合は、即座に拭き取り使用するのはやめて、新しいものに替えましょう。

日焼け止めがジェルタイプではなく、クリームタイプのときは実際に手のひらに出してみて、日焼け止めが分離していないかチェックしてみてください。
ジェルタイプのものも分離することはないでしょうが、匂いやテクスチャーをチェックするのを忘れずに行いましょう。

変色というのは、日焼け止めの色自体が白かったのに黄色になっていたり、元の色とは明らかに変化している場合は酸化している証拠なので、使用するのは避けてください。
酸化した日焼け止めや化粧品を肌につけると、肌トラブルを引き起こす原因になりえるので、そのときは新しいものを買いましょう。

こういったチェックをしたうえで、問題がないようなら使用しても構いません。
仮に劣化した日焼け止めを使用してしまった場合は
肌荒れ・かゆみ・シミ・炎症がおきるといった症状が出る場合があるので気をつけましょう。

ですが、オトナ女子の肌は20代の頃に比べてとても敏感!
ストレスや気温・ホルモンバランスなどの影響をダイレクトに受けてしまうので、無理をしてまで去年の日焼け止めを使うよりも、新しい新鮮なものを購入することをオススメします。

一応未開封なら3年、開封後も保存状態が良いなら1年程度は使えるとなっていますが、商品によってはかなりのバラつきがあるのも事実なので、理想はそのシーズンで使い切ることです!
日焼け止めの裏表示に書かれている決められた用量を守っていたら1シーズンで使い切れると思います。(大きいサイズは難しい場合もありますが‥)

酸化の進んだ日焼け止めは老化を進めてしまうこともあるので、捨てるのがもったいないからとケチって使うのも考えものです。肌への負担になってしまいます。

※筆者は去年の日焼け止めは使わずに、必ず新しい日焼け止めを購入しています。新鮮なもののほうが肌に負担が少ない・酸化していないからです。

開封後の日焼け止めを良い状態で保持するにはどうすればいい?

ですが、日焼け止めを1シーズンで使い切ることができなくて、来年までとっておこうと思ったときは、どんなことに注意して保存すればいいのか以下のことに気をつけて保存してください。
これは来年まで持ち越す場合だけでなく、普段の保存方法も同じことがいえるので十分意識するようにしましょう。

高温多湿の場所に置かない

自分の持っている日焼け止めに防腐剤が入っていたとしても、劣化しないという保証はありません。
なぜなら開封後の扱い方で大きく変わってくるからです。
保存場所が高温多湿な環境だと、容器の口から雑菌が入り、知らない間に中で雑菌が繁殖していることもありえます。
冷蔵庫に入れる必要はありませんが、常温を保てる場所で保管するようにしてください。

直射日光に当てない

畳に長年太陽が当たると変色するように、日焼け止めも直射日光を長い間浴びると品質に変化が見られるようになります。直射日光に当たって品質が良くなることはないので、保管するときは直射日光を避けるようにしましょう。

容器の口を清潔にしておく

日焼け止めを容器の口から出すときに、ジェルやクリームがはみ出していることありませんか?
そのままにしておくと雑菌が繁殖してしまう原因になってしまうので、容器の口はいつも清潔にしておきましょう。そしてフタや栓はしっかりと忘れずに!そうすることで酸化するのを最小限に防ぐことができます。

あまった日焼け止めには肌以外にも役立つ?!意外な使いみちも!

従来の使い方以外にも、あまった日焼け止めを生活の中で役立つ活用方法があります。
それが、シルバー製品をピカピカにしてくれること!
シルバー製品は使っているとだんだん黒く汚れてきます。専用のクロスなどで汚れを拭き取ったりしますが、クロスも黒く汚れてくるのでキレイに拭き取ることが難しくなってきます。
そこで日焼け止めがとても役立ってくれるのです!
日焼け止めに含まれているオイル成分が、シルバーの錆びやくすみを取ってくれるそうです。
ただし、シルバー以外の装飾がついているものに使用するのはやめておきましょう。

意外と知らない!日焼け止めを塗るタイミングとは?

世の中の女性にとって日焼けは天敵といってもいいくらいの強敵です。老化の大きな原因の一つが「紫外線」なのです。紫外線を多く浴びてしまうとシミ・シワ・くすみ・肌荒れ
といった症状を引き起こす原因になってしまいます。

日焼けを防ぐアイテムとしては一番ポピュラーなのが肌に直接塗る【日焼け止め】だと思います。
美容に疎い女性でも夏になれば日焼け止めを塗ると思いますが、基本的には日焼け止めは一年中塗るもの。
では日焼け止めを塗るタイミングはいつがいいのかご存知ですか。
日焼け止めを塗るタイミングで日焼け防止効果が大幅に変わってきます。

実は日焼け止めを使用するときは、外出する30分前までに塗っておくことが大事なポイント。
なぜなら日焼け止めというのは塗ってからすぐに効力を発揮するわけではなく、
塗ってから効果が出るまでに30分の時間が必要なのです。しっかりと肌に馴染ませるために必要な時間となっています。
なので日焼け止めを塗るときは外出する30分前までに塗り終わっておくことを忘れないでください。

日焼け止めだけじゃなく、肌のために日焼け防止アイテムも使おう!

できれば【日焼け】することを根本から避けておきたいものです。
それは何と言っても【肌を露出しない】ことが一番なのですが、
日焼け止めを塗ったから安心♪というわけではなく、日焼け止めの効果を出すにはこまめな日焼け止めの塗り直しが紫外線の影響を限りなく少なくします。
かといってこまめに塗り直しをする時間と場所があるのか‥もしくはめんどくさい。と考えてしまう人もいると思います。
そこで肌を紫外線から守るアイテムが役立ってくれます。そのアイテムとは
①日傘
②アームカバー
③つばの広い帽子
④UVカットのサングラス・メガネ

これらのアイテムと日焼け止めを一緒に使用することで白く美しい肌をキープすることが可能になります。
最近は可愛い日傘やオシャレなつばの広い帽子も販売されているので、オトナ女子のオシャレを邪魔することなく気軽に楽しく使うことができると思います。
外出する時間が長くなるときはこういった日焼け防止アイテムを使用して肌を紫外線から守りましょう。

まとめ

去年の日焼け止めって今年も使えるのか、そして日焼け止めの使用期限とは。というテーマで執筆してきましたがいかがでしたか?
日焼け止めは食品のように生ものではないので、比較的長持ちはしますが
やはり一度開封したものは1シーズンで使い切るのがベスト♪
オトナ女子のは肌はとても繊細ですから、新しい日焼け止めを購入するのがもったいないから‥長く持たせようとケチるのではなくしっかりと効果を発揮できるように、決められた用量で使用しましょう。
肌をキレイにしよう!と思う気持ちの積み重ねが、美肌への自信になることでしょう。