【長く!濃く!】フサフサまつ毛になりたい!オススメの自まつ毛ケア

みなさま「まつ毛」のケアはしていますか?
まつ毛は目元の印象を大きく左右する重要なポイントです。
目を大きく見せようとマスカラを二度塗り、三度塗り‥ビューラーで持ち上げてパッチリアイに
なるようにメイクしたり、すっぴんでも目元を大きく見せるまつ毛エクステを行なったりしている女性は多くいます。(筆者もまつ毛エクステ利用者です。)
ですが意外と盲点なのが「自まつ毛の状態」!
知らずしらずのうちに自まつ毛にダメージがかかっているかもしれません。
自まつげのダメージや抜けが気になる人は自分でできる自まつ毛ケアをしてみませんか?

あなたはやってる?自分のまつ毛ケア

まつ毛がフサフサだと目が大きく見えますよね。
もともとまつ毛が濃くて長い人がとても羨ましいものです。
筆者はまつ毛エクステ愛用者ですが、まつ毛エクステを楽しみたいからこそ自まつ毛ケアを
取り入れています。付けまつ毛の人派の人もマスカラ派の人も【自まつ毛ケア】が必須です。
最近では【まつ育】と呼ばれたりします。

・まつ毛にも生え変わるサイクルがある
実はまつ毛にも髪の毛と一緒で毛周期というものがあります。
肌や髪の毛と一緒でまつ毛にも毛周期といって毛が新しく生え変わる周期があります。
髪の毛は3年から6年のサイクルですが、肌は正常な人で28日、
まつ毛の毛周期はだいたい3ヶ月前後で生え変わります。
まつ毛も髪の毛と同様にキューティクルがあります。毛の構造も髪の毛とほぼ一緒です。

・まつ毛は痛みやすい部分
ばっちりまつ毛は女性の憧れ!だからこそアイメイクを頑張ってしまうもの‥
パッチリアイに欠かせないフサフサまつ毛ですが、そのために行うマスカラ・付けまつ毛・
マツエク・まつ毛パーマ‥
実はそれらが原因で大事なまつ毛に負担がかかっていることをご存知でしょうか?

まつ毛エクステは、自まつ毛一本にエクステとグルー(接着剤)をつけてくっつけています。
目元の印象を簡単に美しく変えてしまうとても便利なものです。


ですが、グルーと皮膚の相性が悪く目がしみたりすることもあります。
マツエクはまつ毛一本にかかる負担が大きく、まつ毛エクステをつけた場合のまぶたを持ち上げる負担を一年間で計算すると約60キロのものを1センチ持ち上げることと同じくらいだと言われています。
だからなのか噂ですが、まつげエクステをずっと付けているとまぶたが下がってくると言われる
ことがあります。昔のマツエクは1本の毛の太さや重さもありましたが、今では毛の重さがとても軽く自まつ毛とほぼ一緒のようなものもあったりするので、自まつ毛と目の周りの筋肉のケアを
しっかりと行っていれば、まぶたが下がってくる心配も少なくなるでしょう。

まつ毛パーマは、自まつ毛にパーマをかけることでまつ毛をしっかりとビューラーで上げる手間がないので非常に楽です。
每日ビューラーでまつ毛を挟んで上げることがないので、まつ毛に負担をかけなくてすむように
なり、めんどくさいメイク時間を短縮することができます。


まつげパーマは施術の際に使用する薬剤やカーラーの熱で、自まつげにかなり大きなダメージを与えてしまっています。(髪の毛のパーマと一緒です。)
カーラーの熱の影響でまつ毛のキューティクルを剥がしてしまう可能性がかなり高くなります。
くるんとまつ毛が上向きになってくれるので、ビューラー要らず・メイク時間の短縮になりますが、まつ毛の乾燥を招いてしまう原因になることも。
まつ毛も髪の毛や肌と同様に【保湿ケア】が大事になってきます。

付けまつ毛は、まつ毛の際に接着剤をつけて目元を大きく見せますが、
付けまつ毛をつけた状態でまぶたを持ち上げるのにかかる負担は、まつげエクステよりもさらに大きな負担がかかっていると言われています。
まつげエクステをつけた状態でまぶたを持ち上げるのにかかる負担を一年間で計算すると、約60キロのものを1センチ持ち上げることでしたが、
付けまつ毛は一年間で約95キロになるというのです。

(約60キロは女子柔道選手くらい。約95キロとなると力士レベルです)
また、付けまつ毛をつけると剥がさなければいけなくなります。だいたいの人が付けまつ毛を引っ張って剥がしていますが、そのときに皮膚も一緒に引っ張るのでまぶたのたるみを招いてしまうことも。
自まつ毛よりも、まぶたにかかる負担が大きいようです。

アイメイクの定番といえばアイシャドウとマスカラ!付けまつ毛やマツエクの人気が高まるなか、ビューラーでまつ毛を上げる・またはまつげパーマをあててマスカラを塗るという女性もいます。
マスカラは化学で合成された薬品のようなもの。化学薬品をまつ毛に塗るので自まつ毛にかかる負担はかなり高いものです。


特にウォータープルーフタイプのマスカラは自まつ毛への影響が大きいもの。
それに加えてクレンジングを行うときに、マスカラを落とそうとゴシゴシとまつ毛とクレンジングオイルと馴染ませたり、まつ毛についたマスカラをキレイに落とすためのリムーバーを使用する場合もあります。

クレンジング次第でまつ毛に大きな負担がかかるので、まつ毛を傷めてしまうことも。
まぶたを引っ張りながらマスカラを落とすことは、まつ毛だけでなく目元全体の負担になってしまいます。
日々のアイメイクがまつ毛にとって大きな負担になっていることは間違いないといえるでしょう。

肌や髪の毛のケアは毎日行なっていても、まつ毛のケアを取り入れているひとはごくわずかです。
まつ毛も乾燥する‥ということすら知らなかった人がほとんどではないでしょうか。
そして、盲点になりがちなのが寝方やまつ毛の触りグセもまつ毛を傷めてしまう行為です。
特にうつ伏せで寝てしまうクセがある人は、枕とまつ毛がこすれてしまうことによってまつ毛が抜けてしまいやすくなります。
このように私たちの日常生活のなかにまつ毛を傷めてしまう要因はたくさんあるのです。

自まつ毛を濃く!長くしたい!オススメのまつ毛ケア

筆者はマツエクが好きだからこそ、まつ毛を労るケアを取り入れています。
まつ毛美容液でまつ毛に栄養を与えてあげたり、たまにマツエクをお休みしたり‥自まつ毛に極力ストレスを与える機会を極力減らすよう心がけています。
これから自宅でできる、自まつ毛を労るオススメのまつ毛ケアをいくつかご紹介したいと思います。

しっかりと汚れをオフ

メイクをすると必ずクレンジングを行うと思います。しかし、日々のクレンジングや洗顔だけでは落としきれない汚れが溜まっていることがあります。
特に目元はアイシャドウ・アイライン・マスカラなど化粧品を重ねやすいポイント!
キレイに洗ったつもりでもなかなか落としきれていないのが現状です。
特に真夏の時期は「まつ毛ダニ」が大繁殖しやすい時期。湿気が多くて暑い状況だと皮脂が多く分泌されます。
皮脂をエサとするダニの一種であるまつ毛ダニが繁殖してまつ毛が抜けてしまったり、目元トラブルの元になることも!

そんなトラブルを防ぐ対策として、最近ではアイシャンプーが話題になっています。
髪の毛と同じように、皮脂汚れが溜まっていると毛が抜けやすかったり、毛が細くなったり新たに毛が生えてこないということになるので、目元専用のシャンプーを使用して優しく汚れをオフすることで、健康的なまつ毛を期待することができます。

指だけではまつ毛の根本に残ったアイラインまで落とすことが難しいことがあります。
目元をクレンジングするときは、指だけでオイルを馴染ませるのではなく、アイラインなどは綿棒などを使ってしっかりとオフするようにしましょう。

まつ毛美容液で栄養注入・保湿

まつ毛にも保湿が必要だと上記で簡単にお伝えしましたが、まつ毛の根本とまつ毛自体に保湿を行うことで、濃いまつ毛が育ちやすくなります。
髪の毛にトリートメントをするような感覚で濃いまつ毛には保湿ケアをしてあげましょう。
ワセリンや馬油などは保湿アイテムとしてはオススメです。
綿棒で優しくまつ毛の根本に塗っていきましょう。ただワセリンは保湿力が高いので、寒くて乾燥しやすい季節にはピッタリですが、湿気の多い梅雨や夏には不向きです。

そして髪の毛のトリートメント同様に、まつ毛にもまつ毛専用の美容液を使うことをオススメします。
まつ毛に必要な栄養分を直接与えることができるので、まつ毛の成長を促す効果を期待することができます。
まつげ美容液でまつ毛を保湿ケアしてあげることで、強く濃く!長いふさふさのまつ毛を育てることができるのです。
まつ毛美容液にも使用期限がありますから、しっかりと用法用量を守りましょう。
(開封前と開封後では使用期限が変わってくるので、注意して下さい。開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。)

目の周りの血行促進

まつ毛を濃く!長くしたい!ときは、さまざまなまつ毛ケアが必要になってきます。
そのまつ毛ケアの効果を底上げしてくれるのが「目の周りの血行促進を促すこと。」
栄養というものは血液の流れにのって全身に運ばれていきます。
それは目元も同じ!目元の血液の流れが悪いと、目の疲れがとれない・まつ毛にハリ・コシがなくなる・目のクマが現れる‥といった症状がでてきやすくなります。
目元の血行を促進するケアとして、目元のマッサージをしてまつ毛に栄養を行き渡らせることで、まつ毛の美容効果をアップすることができます。
さらに目元にホットタオルをおいて、そのうえから目元のマッサージを行うとより効果的でオススメです。

まとめ

自まつ毛を強く!濃く!長くしたいのなら、毎日根気強くまつ毛ケアを続けることです。
目元は非常にデリケートです。だからこそ目元に負担をかけないようなケアが必要!
フサフサまつ毛になりたい人は、ご紹介したオススメの自まつ毛ケアを取り入れて自慢できる濃く!長い!自まつ毛を手に入れませんか?