【もう嫌だ!】顔に老けた印象を与えるシミを消したい。家でできるシミ対策とは?!

年齢を重ねるごとに増えていく「顔のシミ」。大人の女性が抱える肌の悩みといえばシミが上位をいつもキープしています。シミがある人はシミだけでなくシワもセットになっていることがほとんど。それは紫外線が関わってきています。
ですがシミの原因である紫外線に気をつけていても、知らないうちに新たにできていませんか?
シミはまさに女性の天敵!
シミのない白く透き通った肌へ導く、本気の自宅でできるシミ対策をご紹介したいと思います。

一度できてしまったシミ‥消せるの?

これから本格的な夏に入ります。紫外線の量は5月から真夏並みに私たちが暮らしている地上へと降り注いでいます。
本来なら春先から夏向けの紫外線対策を取り入れていないといけません。
紫外線対策を取り入れるのが遅くなれば遅くなるほど、お肌にダメージを与えていることに。そして夏の終わりから秋にかけてポツポツと新たなシミが増えてしまいます。
白雪姫のような白くて透き通った輝く肌は女性の永遠の憧れであり目標です。

実は一度できてしまったシミを完璧に消すというのはかなり難しく、本格的にシミを消すとなると医療機関などでレーザーを使いシミを焼いて取り除くしかありません。
ほかだと内服薬を飲用し徐々にシミ取りを行っていく方法があります。

正しいシミ対策というのは【シミができないように普段から徹底的に予防する】ということがとても重要になってきます。

シミができるメカニズムとシミの種類

シミができてしまう代表的な原因として

紫外線
肌への強い刺激・摩擦
肌のターンオーバーの乱れ
老化現象
などがありますが、この中でも多くのシミの原因が【紫外線】になります。
シミとは肌にメラニンが過剰に蓄積していき、肌が部分的に茶褐色・黒色に見える状態のことをいいます。
紫外線を浴びてしまうと、肌の内部でメラニン細胞の働きが活発になり、紫外線から肌を守ろうとしてメラニンをたくさん作り肌を黒くします。
まだ10代~20代前半は肌のターンオーバーが活発なので、肌細胞の生まれ変わりとともに蓄積されたメラニンも排出されて元の白くキレイな肌に戻りますが、
30代をすぎて、紫外線対策を怠ったりしていると肌のターンオーバーが乱れて、古い肌細胞が蓄積されたままになってしまうので肌の表面にシミが残ったままになるのです。

では、シミにはどんな種類があるのかチェックしてみましょう!

肝斑

顔の左右対称にあり、目の周りを避けてモヤッとしたものを肝斑といいます。
シミと肌の境目がぼやけているのが特徴で、女性の顔に多く発生するタイプのシミです。女性ホルモンの影響を受けて発生することがあるので妊娠中に発生することが多々あります。
この肝斑は紫外線を受けると悪化することも。また肝斑は顔の広範囲に及ぶのが特徴で、30代~40代の女性に多く見られます。また更年期の人によく見かけられます。
紫外線が原因というよりも、ホルモンバランスと深い関係にあるシミになります。

そばかす

そばかすの特徴として、大人になってからできるものではなく子供の頃から発生していて、思春期ころに目立つようになります。
そばかすは遺伝的要素が強く、家族の中にもそばかすを抱えている人がいたりします。
顔の鼻から頬にかけて散らばるようにそばかすが発生していて、顔以外なら背中や肩、腕などにも現れることがあります。
年齢とともに薄くなっていきますが紫外線に当たる率が高いと濃くなることがあります。春から夏にかけては目立つけれど、秋から冬にかけて薄くなる傾向があることも。
思春期をすぎると徐々に薄くなってくと言われていますがこれは個人差があります。

炎症性色素沈着

虫刺されや、ニキビ、火傷といった炎症が原因で色素沈着(シミ)が発生することがあります。
特に日本人は黄色人種なので黒色のメラニンが多く、炎症性色素沈着が目立ちやすい傾向にあります。
大人になってからできる大人ニキビは治りづらいことから、自力でニキビを潰す人もいますが、ニキビを潰した跡はシミになりやすいので自分で潰さないようにしましょう。
他にも、クレンジングや洗顔をするときにゴシゴシと強く擦ったり、顔と手の間に摩擦がおきると色素沈着をおこす場合があるので、顔の皮膚はティッシュ一枚分くらいの薄さなので、肌を触るときは優しく触れることを心がけてください。
炎症性色素沈着はスキンケアを頑張れば1年~2年で薄くなることがほとんどです。

老人性色素斑(日光性黒子)

今まで浴び続けてきた紫外線の積み重ねによってできるものが日光性黒子になります。
加齢とともに色が濃くなってくるので老人性色素斑と呼ばれることもあります。
シミの種類の中で一番多く見られるタイプのシミです。
シミというのは日焼け後にすぐ肌の表面に表れてくるわけではなく、長年に渡って紫外線を浴び続けてきた結果肌の内部で蓄積されて、シミとなるのです。
紫外線が当たりやすい場所に多く見られ、顔や手の甲、肩などにできやく、紫外線が原因でシミができてしまうので紫外線対策は春先から夏だけでなく、一年中欠かせません!
シミができているところにさらに紫外線が当たってしまうと濃くなりやすいので要注意です。

できてしまったシミを薄くする方法とは?またシミを増やさないようにするには?

疲れ顔や老け顔の印象を与えてしまうシミ。若い頃は1個か2個ある程度だったのに、
年齢を重ねるにつれてシミの数が増えてきて、コンシーラーやファンデーションを厚く重ねないとシミを隠しきれなくなっていませんか?
女性にとって肌の状態が悪いと気分も上がらず、笑顔になる回数も少なくなりがち‥
肌をシミから守るには紫外線対策が一番大事なのはもう常識!!
まずは紫外線対策を完璧に行ってからが、シミを薄くしたり消すことができるスタートライン。

紫外線対策以外で肌をキレイに保ったり、シミを薄くしたり消す方法・これ以上シミを増やさないようにする方法をご紹介したいと思います。

まずはシミに効く化粧品を使う

シミというのはシミができる前の予防・対策が一番大切です!シミができる前の予防で一番大事なのは【紫外線対策】として日焼け止めや日傘を使用して、肌と紫外線が触れる時間を限りなく短くすること。
そして毎日行うスキンケアアイテムを美白効果のあるものに変えることです。
今はドラッグストアでも簡単に美白成分が配合された化粧水や乳液が販売されています。
そして美白化粧品を使用したからといって、すぐに効果を実感するわけではないということを知っておいてください。
何事も【すぐに結果はでない】ということを頭に入れておいておきましょう。

美白効果のある化粧品を購入するときは「ハイドロキノン」と「トレチノイン」が配合されているものを使用するとシミが薄くなります。
特にハイドロキノンは【肌の漂白剤】と呼ばれるくらい美白効果が高く皮膚科などで処方されている美白成分の1つです。
ハイドロキノンにはメラニンの抑制効果があり、トレチノインには肌細胞の入れ替えを促進しメラニンの排出を促してくれる効果があります。

ただこの2つの成分はシミにとても効果的なぶん、刺激が強いので肌が弱い人や敏感肌の人にはあまりオススメできません。

どうしても使用したい場合は皮膚科へいき医師に相談するか、腕の内側に使ってみて肌の状態とスキンケアアイテムの相性を確認してから使用するようにしてください。

美白効果のある食事を心がける

日焼け止めや美白効果のある化粧品を使って肌を直接ケアすることも重要ですが、
シミ対策の効果をさらにレベルアップするなら【食生活】にも気を配ることをオススメします。
美白効果のある食事を心がけることでシミを抑制したり、肌のターンオーバーを促進しメラニンの排出をサポートすることが可能になります。

ビタミンの中でもビタミンCには抗酸化作用があるのでシミを防ぐ美容メリットが大きいのです。
ビタミンCは抗酸化作用が高いので、体内に発生した活性酸素を除去してくれる作用があります。活性酸素を除去できるということはメラニンは合成されません。
ご存知のとおり活性酸素は老化の原因でもあります。この老化を促進してしまう活性酸素をうまく中和してくれるのがビタミンCなのです。
気温が上がり暑くなる季節は積極的にビタミンCが入っている野菜や果物を摂るようにしましょう。

ビタミンCだけでなくトマトに含まれているリコピンも紫外線を浴びて暗くなった肌の色の回復が早まる可能性がある。と明らかになっています。
リコピンもとてもビタミンC同様に抗酸化作用が高く、特に紫外線を浴びたときに発生する活性酸素に対する抗酸化力が高いと言われています。

肌のターンオーバーを整える

本来であれば、できてしまったシミはターンオーバーの働きにより肌表面まで押し上げられていき、古い角質と一緒に剥がれ落ちることができるのですが、
何らかの理由で肌のターンオーバーのサイクルが乱れているとシミがいつまでも沈着してしまう原因になります。
ストレスや不規則な生活習慣・食生活の乱れ・運動不足・ホルモンバランスの崩れなどがあると肌のターンオーバーが乱れやすくなります。
ストレスを溜めないようにうまく発散を心がけて、健康的な生活リズムと食生活、適度な運動をするだけで肌のターンオーバーは正常になってくるでしょう。
特に食事と運動が健康的になるだけで肌もツヤツヤとキレイになり、代謝が上がることでボディラインも引き締まってきますよ。

シミ対策は一年中が基本と考えましょう!

シミ対策は紫外線が強い春先から夏だけ行えばいいというものではありません。
シミ予防・改善・防止は「紫外線対策」が基本のベースで、そのうえで肌に必要な栄養素を体内と体外から取り込むことでシミのない白く透き通った肌へ導くことが可能になります。
ここに記載したシミを予防し、薄くする方法を実践してシミのない若々しい素顔を手に入れませんか?