「天秤のポーズ」の効果とやり方と方法│ヨガポーズ

天秤のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの天秤のポーズには手首・腕の筋力アップ・インナーマッスルを強化する・足の柔軟性を
アップさせるといった効果があります。
天秤のポーズは体の奥にある筋肉であるインナーマッスル(体幹)を強化してくれる効果が
あります。
インナーマッスルが弱まっていると内臓を正しい位置に保つことができなくなるので、内臓の位置が下がることでぽっこりお腹の原因になることもあります。

体幹の筋肉には大きな筋肉が多いので、それらの筋肉が鍛えられることで筋力アップに
繋がります。筋肉量が増えればその分基礎代謝量が上がるので、脂肪燃焼率もアップするので
痩せやすい体質へと変わることができます。

そして手首や腕の筋肉を使うヨガポーズなのでたるんだ二の腕や脂肪で太くなった腕を引き締めてスッキリとさせてくれる効果を期待することができます。

天秤のポーズの由来

天秤のポーズはサンスクリット語で「トーラーサナ」と呼ばれています。
トーラとは天秤ばかりの意味を表しています。
ヨガ初心者の人や、ヨガに慣れてきている人、またはもう少し頑張ってみたい!という気分のときには是非トライしてほしいアーサナです。

天秤のポーズのやり方

ボディラインをキレイに保つ上で大切な役割を果たしているインナーマッスルを強化し、ほっそりとした二の腕へと導いてくれる天秤のポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に安楽座のポーズになりましょう。
 左右のお尻の骨である坐骨が均等に体重が乗るように調整してください。
 背筋は真っ直ぐにしておくことを意識しましょう。

両腰の隣に手をつきます。
 または両腰の隣にブロックをセットしましょう。

 その上に手を置いて一呼吸します。

③ゆっくりと鼻から息を吸いながら両手でブロックを押していきます。
 お尻が浮くようにして足を胸のほうへ引き寄せるようなイメージで持ち上げます。

目線は正面を向いたら、その体勢のままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。
 深呼吸が終わったらゆっくりともとの位置に戻っていきます。
 足を組み替えて反対側も同様に行いましょう。

天秤のポーズのポイント

天秤のポーズの大事なポイントは腕の力だけで体を持ち上げようとするのではなく
足の力やお腹の力も使いながらお尻を浮かせていきましょう。

両脚を胸に近づけていくようにすると天秤のポーズのコツを掴みやすくなるでしょう。
アゴを軽く引いて首の後ろが伸ばすようにしましょう。
ヨガ初心者の人でもチャレンジできる天秤のポーズなので気軽に取り組むことが可能です。