生理痛や生理不順に効果的な合せきのポーズ

合せきのポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの合せきのポーズには股関節の柔軟性を高める・骨盤の歪み解消・血行促進・生理痛の緩和・背中のコリを改善・精神安定・心身のリフレッシュといった効果があります。
特に女性が悩みがちな婦人科系の不調(生理痛や生理不順)に嬉しい効果があると言われています。骨盤周りの血行を促してくれるので試す価値アリではないでしょうか。
股関節が硬い人もとても多いので、股関節の柔軟やしぶとい背中のコリにも効果アリと
言われているのでデスクワークが多い人には効果を感じやすいかもしれません。
股関節を緩めたり骨盤調整にとってもオススメのヨガポーズです。

合せきのポーズの由来

合せきのポーズはサンスクリット語で「バッタ・コーナ・アーサナ」と呼ばれています。
バッタが「抑える」や「捉える」という意味で、コーナが「角」という言葉を意味しています。
合せきとは足の裏と裏を合わせるポーズのなので、股関節が広がるので柔軟性を高め、
生活習慣から骨盤の歪みを調整することにとても有効なヨガポーズです。

やり方

背中のコリを解消したり、婦人科系の不調を改善へ促してくれ骨盤を調整してくれるといった
効果がある合せきのポーズのやり方をご紹介します。

①まず床やマットの上に杖のポーズ(足を前に伸ばした状態)で座ります。

②両膝を外側に曲げて足先を股関節の方に寄せます。
 足裏同士を合わせるようにセットします。
 この足の小指が床につくようにしましょう、 両手は足の甲を掴んでおきましょう。

③背筋をまっすぐに伸ばして、ゆっくりと息を吐きながら上半身を前に倒していきます。
 おでこをできるだけ床につくくらいまで倒したらそのままの状態で約30秒キープします。

④30秒キープしている間はなるべく腹式呼吸を意識して行いましょう。
 キープし終わったらゆっくりと息を吸いながら上半身を元の位置にまで戻していきます。

ワンポイントアドバイス

合せきのポーズのポイントは、初心者でも気軽に取り組める簡単なヨガポーズです。
合せきのポーズを行うときは、肩を後方に引いて、背筋をまっすぐに伸ばして骨盤を倒すのではなく立てて座った状態で取り組みましょう。上半身を倒していくときに痛いのを無理して倒す
必要はありません。心地よく股関節や太ももの内側、背中が伸びているな~を感じているところで深呼吸をしましょう。無理のない範囲で行いましょう。
下半身のストレッチにもなるので是非習慣にすることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です