「片卍のポーズ」の効果とポーズ方法やり方│ヨガポーズ

片卍のポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの片卍のポーズには肩こりの改善・骨盤の調整・ウエストの引き締め・血行促進・生理痛の改善といった女性にはとても嬉しい効果があります。片卍のポーズは身体の側面のストレッチにも
なるヨガポーズなので、デスクワークが多い方や、身体が硬い人、なかなか治りづらい腰痛など
にも有効です。
デスクワークが多いと肩周りの血行が滞りがちになるので片卍のヨガポーズで血行を促すことで
肩こりの改善にも繋がるというわけなんです。
また骨盤周りの血流を促してくれることから女性が悩みがちな生理痛を和らげてくれる効果も期待できます。

片卍のポーズのやり方

片卍のポーズは身体の側面を伸ばすストレッチなので、凝り固まった筋肉をほぐしたり、ウエストの引き締め、骨盤周りの血流改善を促してくれるヨガポーズです。これから手順をご紹介します。

①まず膝立ちになります。左ヒザを横に直角に立てます。
 足先は外側を向くようにします。(このとき左から行っても右からでも大丈夫です。)
 ヒザと足先の位置が一直線になるように意識してください。

片卍のポーズステップ1

②息を吸いながら左手を太ももの内側に通したらそのまま左脚の足首を掴みます。
 (このときなるべく足首の外側を掴むようにしましょう。)
片卍のポーズステップ2

③息を吐きながら右手を耳の後ろを通るようにして斜め上にまっすぐに挙げていきます。
 このとき前かがみにならないよう気をつけましょう。
右側の側面が伸びていることをしっかりと意識しましょう。
 指先とヒジはまっすぐです。
 そのままの体勢で顔は天井を見上げるようにしたら30秒ほどキープします。
 呼吸は自然な感じで3回から5回呼吸しましょう。
 呼吸を行いながら伸ばしている側面に酸素が通っているような感じで行いましょう。
片卍のポーズ

⑤反対側も同様に行っていきます。

片卍のポーズのポイント

片卍のヨガを行うときのポイントは、前かがみにならないように気をつけましょう。
また内側・外側に傾かないように注意しましょう。しっかりと背筋を伸ばして腕をまっすぐに
伸ばすことです。足首をつかむと前かがみになりやすいという方は、ひじを曲げて太ももの上に置いて行っても構いません。片卍のポーズの強度自体はそんなに強いものではないので
ヨガ初心者の方でも取り組みやすいヨガポーズです。
しっかりと深く呼吸をすることで内蔵のマッサージをしているような効果も感じることができるはずです。わき腹をしっかりと伸ばすことを意識しながら行うと効果を得やすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です