「魚のポーズ」の効果とポーズ方法やり方│ヨガポーズ

魚のポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの魚のポーズには肩こり解消・不眠症改善・小顔効果・背中の引き締め・バストアップ・
便秘の改善・姿勢を整える・呼吸機能を高める・心身のリフレッシュ
と言った効果があります。
魚のポーズは主に呼吸系に良い効果があると言われているので、呼吸が浅い人などはイライラ
しやすいので深く呼吸をすることで緊張がほぐれ、頭と心のリフレッシュになるでしょう。
それにデスクワークなどで凝り固まった肩こりを改善してくれたり、背中を引き締める効果があるので猫背が解消され姿勢を美しく保てるようになるでしょう。
呼吸機能を活性化して酸素を身体の隅々にまで行き届けましょう。

魚のポーズの由来

魚のポーズはサンスクリット語で「マッチャアーサナ」と呼ばれています。
「マッチャ」とは魚の意味です。上半身が魚の胴と頭に似ていることから、魚のポーズと言われるようになりました。魚のポーズのままで何時間も水に浮かぶことができるという話もあります。

やり方

呼吸機能を高めて質の良い睡眠に導いてくれ、乱れがちな心身のバランスを整えてくれる
魚のポーズのやり方をご紹介します。

①まず床やマットの上に両手、両足を真っ直ぐに伸ばして仰向けに寝転びます。
 全身の力を抜いてリラックスしましょう。
 深呼吸することを意識しましょう。

②ゆっくりと息を吸いながらお尻を床から浮かせて手のひらをお尻のしたに置きます。
 このとき手のひらは下向きです。
魚のポーズステップ1
③両腕を伸ばして胸の下あたりまで寄せます。
 息を吸いながら胸を上に持ち上げるように頭の先が床につくくらいに首を伸ばしていきます。
 首の筋肉が伸びていることを感じて下さい。
魚のポーズ
④かかとを床につけて肩甲骨を寄せた状態のまま約30秒ほど深呼吸をしながらキープします。
 キープし終わったら息を吸いながら元の位置に戻っていきましょう。

魚のポーズのポイント

魚のポーズのポイントは、初心者の人は最初から無理に首を伸ばそうとせずに丸めた
ブランケットやクッションなどをおいて取り組むといいでしょう。
このヨガポーズは首への負担がかかりやすいので無理をしないよう気をつけてください。
腰への負担にも気をつけて下さい。自分の体調やポーズの余裕具合と相談して行いましょう。
魚のポーズは胸を開き、肩も開くので深い呼吸ができ、猫背の改善にも役立ちます。

注意

ただ妊娠中の人や、ヘルニアをもっている人、心臓疾患を患っている人は行わないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です