辛いリバウンドとはサヨナラ!!リバウンドしないダイエットのコツとは

ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまう…
暴飲暴食していないのに太ってしまう…

ダイエットをしてはリバウンドを繰り返してはいませんか?
リバウンドとダイエットを繰り返しているとますます太りやすい体質になりやすくなって
しまいます!
リバウンドをしてしまうメカニズムを知って、リバウンドをしないダイエットのコツをご紹介するので是非取り入れてみて下さいね!

リバウンドをしてしまうメカニズムとは…?

リバウンドの原因その①ホメオスタシス

リバウンドをしてしまう原因の一つにホメオスタシスがあります。
ホメオスタシスとは恒常性のことで、生体の状態を一定に保つ機能のことです。
簡単に言えば「元の状態に戻そうとする力」とも言えます。
皮膚に傷がついたら免疫が傷ついた部分を修復しようとするのもホメオスタシスです。

なので、極端な食事制限などで身体が飢餓状態になると、少しの食事量でも何とか生命を維持
しようとして食べた栄養素全てを吸収して体脂肪に変えようとしてしまいます。
ホメオスタシスがリバウンドの原因の一つにあげられる理由になります。

リバウンドの原因その②筋力の低下

これは筋力の低下が基礎代謝率を下げてしまうので、リバウンドに繋がってしまいます。
食事制限のダイエットは栄養が不足します。
食事制限は筋肉の元であるタンパク質も不足することになるので結果的に筋力も低くなる=基礎代謝も悪くなる=太りやすくなる。という連鎖になってしまうのです。

基礎代謝とは何もしていなくても脂肪を燃焼してくれる代謝のことです。
脂肪を燃焼してくれるのは内臓や筋肉です。
筋力が弱かったり、少ないとその分脂肪を消費されないことになり、消費されなかったものが脂肪として体に蓄積されることになります。

リバウンドしないダイエットのコツとは?!

体重の数字に一喜一憂しないこと

ダイエットをするときどうしても気になってしまうのが体重の数字だと思います。
体重は体内の水分量が変わるだけでも簡単に上下してしまいます。
その事実を知らずに、食事制限のダイエットで体重が減った!と喜んでいたら減っていたのは脂肪ではなくて脂肪を燃焼する大切な筋肉だった。ということがほとんどなので、体重の数字に
一喜一憂しないこと。が大切なポイントです。
同じ体重の人が2人したとして、体脂肪率が20%の人と、30%の人にはでは体型に大きな違いが
出てきます。大事なのは体重ではなく体脂肪率です!

ダイエットをするときは筋トレを取り入れること

ダイエットをしたあとのリバウンドを防ぐには「筋トレ」をすることが1番の対策です♪
意外にも知られていないのが、有酸素運動(ジョギングやウォーキングなど)は筋肉を減らして
しまうことがあるので無酸素運動である筋トレを行い、筋トレ後30分以内のゴールデンタイムに
筋肉の元であるタンパク質を摂取することで筋力を増やすことができます。
筋肉量を増やして基礎代謝量をアップすることでリバウンドを避けることができ、太りにくく
痩せやすい体を手に入れることができます♪

食事内容の見直しをする

ダイエット=ヘルシーな食事。
野菜をメインにした食事メニューになってはいませんか?
たしかにカロリー的には低いですがその分栄養の偏りがあり身体が飢餓状態になってしまいます。
野菜だけではなくタンパク質+糖質を摂取することもリバウンドをしないコツですよ♪
タンパク質は筋肉の元ですから基礎代謝量をアップさせるにはタンパク質は必須です。
そしてダイエットとなると悪者になりがちな糖質ですが、完全に糖質を避けると脳に必要な
エネルギーが回らないのでイライラしやすくなり
、ストレスに敏感になりやすくなるので暴飲暴食をしてしまう…ということに繋がりかねないので、適量の糖質は安全圏内です♪

まとめ

ダイエット後のリバウンドを防ぐポイントは食事内容と筋トレにありました。
太ってしまったからと短期間で痩せようとするのもリバウンドしやすくなるので注意しましょう♪
食事と筋トレで健康的なダイエットを行ってください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です