「蓮華座のポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

蓮華座のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの蓮華座のポーズには足首やヒザのストレッチ・股関節の柔軟性のアップ・リラックス効果・婦人科系の不調の緩和といった効果があります。
蓮華座のポーズはヨガの座って行うアーサナのなかでも一番集中しやすく瞑想に適したポーズとされています。
ただ座っているだけのように見えますが、意外にも組むことが難しくポーズをとるのに苦節する人もいます。
からだが硬い人は最初のうちは難しく感じるかもしれません。
蓮華座のポーズは股関節・ひざ・足首・太もも・お尻といった下半身をまんべんなく組み合わせ刺激を与え柔軟性をアップさせてくれるアーサナでもあります。
そこにヨガ独特の呼吸が合わさることで自分の内面を深く見つめることができるのです。
日常生活や仕事などで知らないうちに溜まってしまったストレスを解消してくれる効果もあります。
ヨガのポーズのなかでも憧れのポーズの1つが蓮華座のポーズなんです。

蓮華座のポーズの由来

蓮華座のポーズはサンスクリット語で「パドマアーサナ」と呼ばれています。
パドマとは「蓮の花」を意味しています。
蓮華座のポーズそのものが蓮の花のような形なのでそこからパドマアーサナと言われるようになりました。ヨガを象徴するポーズの1つでもあります。

蓮華座のポーズのやり方

心身のリラックス効果・硬くなりがちな股関節の柔軟性を高め、女性が悩みがちな婦人科系の不調の緩和してくれる蓮華座のポーズのやり方をご紹介します。

まず床やマットの上に背筋を真っ直ぐにして両足を伸ばして座りましょう。

右ひざを曲げて左脚の太ももの付け根に乗せます。(右足の足の甲を乗せるような感じです)足裏が上を向くようにしましょう。

左ひざを曲げて手を使って右足の上にのるようにしましょう。足首が曲がらないように注意しましょう。足を全体的に体へ引き寄せましょう。

両手は両膝の上に乗せて、親指と人差し指で輪っかを作り手のひらを上に向けましょう。(チン・ムドラー)その状態で深呼吸を心が落ち着くまで繰り返していきましょう。

蓮華座のポーズのポイント

蓮華座のポーズをとるときのポイントは足のかかとの外側を足の付け根に乗せることです。
かかとをより体に引き寄せるために手の力を使いましょう。
そして足首やひざに痛みがある人はポーズを行うのは避けましょう。
蓮華座のポーズはどちらかといえば初心者向けのポーズではなく中級者~のポーズです。
からだが柔らかい人はヨガ初心者でもできますが、不安のある人は蓮華座のポーズをする前に足首を回したり、股関節のストレッチをしたりして血行をある程度促してから行うようにすると良いでしょう。

コメントを残す