猫背改善!ダンベルロウで姿勢美人になろう

スタイルが悪く見える一番の原因は猫背にあります。自分では猫背と思っていなくても無意識の
うちに猫背になっている人はとても多いです。そして猫背の人は背中に無駄な脂肪がついている率がとても高いです。キレイにピンと伸びた背中や姿勢を整えるには筋トレが一番の近道です。
筋トレメニューの中に背中の筋肉を集中的に鍛えてくれるダンベルロウというものがあります。
背中を鍛えることで肩甲骨を寄せやすくなるので自然とバストアップにも繋がってくれます。
これからダンベルロウの効果ややり方をご紹介していきます!
女性でも取り組みやすい筋トレメニューなので是非チャレンジしてみてください。

ダンベルロウにはどんな効果があるの?

ではダンベルロウには一体どんな効果があるのでしょうか。それは背中の引き締め・姿勢改善・
バストアップ・二の腕の引き締め
といった効果があります。その中でもメインで鍛えてくれるのが背中の筋肉です。背骨を挟むように真っ直ぐに首から伸びている筋肉で脊柱起立筋というものがあります。この筋肉を鍛えることで美しい姿勢を保つことができます。
その他にも背中には広背筋、僧帽筋といった筋肉がありますが、これらの筋肉にもアプローチしてくれるのでより背中を引き締めることができ、猫背改善にうってつけなトレーニングなのです。
背筋に沿って真っ直ぐにラインが入った背中をダンベルロウで手に入れましょう!

やり方

ではダンベルロウのやり方をご紹介します。

①ベンチや長椅子に片手と片脚乗をせて反対側の手にダンベルを持ちましょう。
 脚はヒザから足先までをベンチに乗せるような姿勢になります。

②ゆっくりと息を吐きながら背中に力を入れてダンベルを引き上げていきます。
 ダンベルがお腹の位置にくるまで上げたら一旦止めます。

③息を吸いながら元の位置までゆっくりと戻していきます。
 しっかりと背中に負荷がかかっていることを感じながら行いましょう。

ワンポイントアドバイス

ダンベルロウを行うときは、上体はしっかりと固定してぐらつかないよう気をつけましょう。
ヒジだけを引き上げていくようなイメージで行って下さい。
そしてダンベルロウを行っているときは、つい視線が下に行きがちですが前方を向くように意識してください。視線を前に向けることで背中がまっすぐになります。
ダンベルは息を吐きながら引き上げていき、息を吸いながら下ろしていくことが大切なポイントになります。

ダンベルロウの回数・セット数

ダンベルロウ初心者

筋トレ初心者や普段から運動をする機会がない人などにも取り組みやすいダンベルロウ。
ダンベルの重さは最初は5キロから始めましょう。初心者の人ほどダンベルを強く握ってしまいがちですが、軽く握るくらいがいいでしょう。回数も10回行うことを目安にトライして
ダンベルロウに慣れていきましょう。

ダンベルロウ中級者から上級者

初心者向けの回数をこなせるようになってきたら、次のステップへと進みましょう。
8回×3セットを行ってみましょう。ダンベルを強く握りすぎないよう気をつけましょう。
筋トレに慣れている上級者はダンベルロウを10回×3セットに取り組みましょう。
セット間には1分間のインターバルをおいて下さい。
これだけの回数とセット数をこなせたら
しっかりと背中の筋肉を刺激することができます。2日に1回くらいのスパンで行うと目に見えて筋トレの効果を体感できるようになるでしょう。

まとめ

背中の引き締めや猫背を改善し姿勢を美しく保つことができる効果のあるダンベルロウを
ご紹介しましたがいかがでしたか?
正しいフォームと回数、セット数をしっかりと守って筋トレに取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です