小顔へのアプローチ!ペットボトルダイエットやリンパマッサージまとめ

女性であれば誰でも憧れるのが「小顔」
生まれつきの骨格で顔が大きいと判断して、諦めてしまっている方も多くいらっしゃるかも
しれませんが、実は小顔は努力次第で手に入れることが可能です。
ここではそんな小顔になるためのダイエット方法やセルフマッサージ、また顔ヨガなどについて
ご紹介していきたいと思います。ぜひこちらを参考に小顔を目指してみてください。

小顔になるためのダイエット方法とその理論

まず自分の顔が人よりも大きく感じる原因のひとつが「むくみ」です。
これは人間誰しもが経験することではありますが、血流がスムーズではなかったり、
水分を多く摂取しすぎてしまうと必然的にむくみやすくなります。
そのため、小顔ダイエットにはまずリンパの通りをよくして、顔に水分や老廃物が溜りにくい身体を作ることが必要となってきます。

小顔のためのリンパマッサージ

①顎の下からフェイスラインに沿って耳の付け根まで親指でゆっくりと押していきます。
 その後、同じラインを今度は逆方向に押していきます。
 これを5往復1セットで日常の中に取り入れるだけでもかなりリンパの流れが良くなります。

②こめかみのあたりからフェイスラインに沿って下まで押していきます。
 このとき顎の下ではなく、顎の骨に沿うような形で押していくのが好ましいです。

③鎖骨のくぼみの部分をグッと力を入れながら左右にマッサージします。
 鎖骨部分のリンパは身体と顔を繋ぐ役目があり、ここが凝り固まっていると血流も悪くなるので
 顔に水分や老廃物が溜まる一番の原因となります。

④脇の下にあるリンパを流すためのマッサージですが、脇の下から指2本分ほど背中側の位置に
 ある「押すと痛い部分」を探してください。
 そこを上下に揉みほぐすことで上半身の血流とリンパの流れが良くなります。

ペットボトルを使った顔の筋肉のエクササイズ

リンパの通りが良くなったら(もしくはリンパマッサージをしながら)次は顔の筋肉のエクササイズを行います。表情筋などを鍛えることで、小顔への引き締め効果とシェイプアップが期待されますのでとても重要な運動となります。

簡単なペットボトルを使ったエクササイズ

その1
まず、柔らかめのペットボトルを空の状態で用意します。
それを口で咥えて、口をすぼますような形で息を大きく吸い込みます。
ペットボトルがへこむくらいまで吸い込んだら離してインターバル。
合計で10回ほど行うと効果的です。

こちらは頬から顎のラインにかけての筋肉を鍛えるのにとても効果的な方法です。
大きく息を吸うときに腹筋にも力を入れることになりますので、腹筋への効果も期待できる
一石二鳥のエクササイズとなっています。

その2
テーブルに置いた水の入っているペットボトルを咥えて、水平になるまで持ち上げる運動です。
左右の顎の下が鍛えられて、顔の脂肪の引き締めにとても効果的。

このエクササイズは首周りの血行を促進して「血流とリンパの流れの改善」にも繋がります。
むくみも取れますし、デコルテラインをキレイにするための運動としてもおすすめです。

顔のストレッチ

小顔へのアプローチは筋トレやエクササイズだけではなく、単純なストレッチも効果的です。
どんなシーンでもちょっとの時間で手軽に行えるので知っておいて損はありません。
ぜひ日頃の生活習慣に取り入れてみてください。

小顔用のストレッチ方法

その1
まず目を大きく見開きます。このときおでこにシワが寄らないように目の周りの筋肉だけを
使います。次に今度は目をギュッとつぶります。
交互に繰り返すこと20回ほどで1セットとなります。

こちらは目の周りのシワを予防すると共に、目から耳にかけての筋肉を刺激して全体を引き締める効果があるストレッチです。

その2
次は大きく口を「あ」の形に開きます。このとき頬を大きく上にあがるようにしてください。
そのあとは「い」の形にします。首のラインの筋が引っ張り上げられるような感覚を意識
しながら行います。最後に「う」の形に口をすぼませます。
このときは下顎から頬が口の方へ引っ張られる感覚を大切に。

単純な表情筋を動かすストレッチですが、とても効果のあるストレッチです。
口元のシワを予防する効果もあり、大変おすすめです。
普段あまり女性は大きな口を開けて笑ったりすることが少ないため、顔のシワができやすい環境にあります。誰も見ていないところで、こうしたストレッチは習慣的に行うことで顔が引き締められて小顔へと近づきますので是非試してみてください。

小顔へのアプローチは毎日の習慣から

小顔は一日にしてならず、ということで毎日の習慣をクセとして付けるのが一番手っ取り早い方法です。身体の筋トレなどよりかは手軽に出来ますので、空いている時間にちょっとストレッチや
エクササイズをする習慣を付けましょう。
ご紹介した方法はどれも場所と時間を選ばないものばかりなのでとてもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です