「子供のポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

子供のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの子供のポーズには日頃無意識のうちに溜め込みがちなストレスを解消してくれる・頭痛の改善・腰痛の緩和といった効果があります。他にも硬くなってしまった背中と首の緊張を緩和してくれる効果もあります。
子供のポーズ(チャイルドポーズ)は肉体的にも精神的にも深いリラックス効果があります。ヨガポーズのなかにはいくつか休息目的のアーサナがいくつかありますが、子供のポーズは休息のポーズになります。

現代人は常に交感神経(興奮作用)が優位になっていることが多く、心身ともに休まる時間が少ないと言われています。交感神経の対極にある副交感神経(リラックス作用)を優位にするには深い呼吸が大きく関わってきます。
またストレスを溜めたままにしておくと仕事やプライベートにも悪影響が出てきてしまうことが考えられます。それらを防ぎ、解消するためにも心身ともにリラックスする時間を作ることが大切なポイントとなるのです。
ヨガの子供のポーズはまさに「リラックス効果」が高い優秀なアーサナです。
またヨガ初心者~上級者まで気軽に取り組めるので普段から行いたいヨガです。

子供のポーズの由来

子供のポーズはサンスクリット語で「バーラアーサナ」と呼ばれています。
バーラとは「子供」を意味しています。
英語だと「チャイルドポーズ」と言われています。

子供のポーズのやり方

頭と心を休ませ、現代人の大敵であるストレスを解消してくれる効果のある子供のポーズのやり方をご紹介します。

床やマットの上にひざをついて座りましょう。両ひざは腰幅ていどに開きます。お尻はかかとの上に座るようにしましょう。

背中や腰の力を抜いて、ゆっくりと息を吐きながら上体を前方に倒していきます。肩の力も抜いて手のひらが天井を向くようにして両手が体に沿うように伸ばします。

全身の力を抜いてリラックスしましょう。おでこが床についた状態でゆっくりと深呼吸を繰り返しましょう。30秒から1分ほどキープします。起き上がるときは腰から順番に起き上がっていきましょう。頭を持ち上げるのが最後になります。

子供のポーズのポイント

比較的簡単なヨガポーズですが、正座をするときにひざに違和感や痛みを感じる人はタオルやブランケットなどを挟んで行うと軽減できるでしょう。
子供のポーズはリラックスするためのポーズです。全身の力を抜いて深呼吸をすることを常に意識しましょう。息を吸うときは鼻から吸い、吐く時は口から吐ききるようにするとより高いリラックス効果を体感できるでしょう。
人は無意識のうちに呼吸が浅くなりがちです。呼吸を深く行うことで頭と心を休ませることができることが分かると思います。

コメントを残す