今話題の肩甲骨はがしを一人でやる方法☆

最近よく耳にするワードで「肩甲骨はがし」があります。
みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれません。肩甲骨をはがしちゃうなんて何だか怖い、
肩甲骨をはがすのだからとても痛そうだし難しいそう…という感想を思い浮かべてしまいますが
痛みはないですし、「肩甲骨はがし」その効果はとても抜群なのです!
外を歩いていて「あの女性綺麗な背中してるな」や「姿勢がとても美しい!」と感じるように目に
止まる人って後ろ姿だったりしませんか?それに加えてデスクワークが長く、肩がガチガチ。
まるで肩甲骨がぴたっと背中にくっついている気がする…と感じている人は多いです。
実は後ろ姿って自分が意識している以上に人に見られている部分でもあります!
綺麗な背中を作るには肩甲骨はがしがとてもオススメですよ!

肩甲骨はがしにはどんな効果があるの?

本で特集が組まれたり、筋トレのトレーナー達も実践している肩甲骨はがしには具体的にどんな
効果があるのか詳しく調べてみました!それは肩こり改善、猫背の解消、バストアップ、
顔のむくみ解消
といった女性にはとても嬉しい効果ばかりなんです。
肩甲骨は大胸筋と広背筋と繋がっています。肩甲骨まわりの筋肉を柔らかくほぐすことで、血流が改善し肩こり解消することができ、普段の日常生活で癖になっている丸まった猫背を自然に伸ばすことができるので正しい姿勢に無理なくなることができますし、姿勢の悪さが原因で起こる腰痛
などにも効果を期待することができます。
そして肩甲骨はがしには女性にはとっても重要であるバストアップに効果があります!
肩甲骨はがしで肩甲骨周りの筋肉をストレッチする事で、前屈みになっていた胸を張って開く姿勢になるのでバストの位置が正しい位置に戻るのでバストのラインと背中のラインがキレイに見える効果が期待できます。
もう1つ嬉しい効果があります。肩甲骨はがしを行うと肩甲骨まわりの血行が良くなるので顔色がワントーン明るくなったり、むくみも解消されると言われています。
万能で有能な肩甲骨ストレッチと言ってもいいくらいです♫

肩甲骨はがしのやり方

肩甲骨はがしと聞くととても難しいそうですがお家で一人でできるので誰でも気軽に声かけて
取り入れることができます。

肩甲骨はがし初級編

①足を腰幅くらいに開いて背すじを伸ばします。
 左右の腕を肩の高さまで上げます。
 ヒジを直角に曲げたら手のひらを正面にむけます。

②顔の前で手のひらからヒジまでをくっつけます。

③ ①と②を10回から15回程度繰り返します。

※この肩甲骨はがしはとても簡単なのでおススメです。
 大胸筋のストレッチにもなるのでバストアップにも繋がります。

肩甲骨はがし中級編

肩甲骨はがしにも色んな種類があります。
上記で初級編をご紹介したので次は少しレベルアップしたものをご紹介します!

①足を腰幅に開いてまっすぐ立ちます。

②アゴを軽く引いて、両手を後ろで組みましょう。
 組んだ手をできるだけ上に上げて行きます。

③腕が持ち上がるギリギリの所まで手を上げたら、軽く左右に上体をひねりましょう。

背中と腕の角度が約45度くらいになるように意識するといいです。
 ②と③を10回程度繰り返します。

※この肩甲骨はがしを行うときに上半身が前に倒れてしまったり、背中が丸くならないように注意
 しましょう。胸を張って背中を伸ばして行うことが大切なポイントです。
 下半身にしっかりと重心をおくことでフラつきを予防することができます。

まとめ

今話題の肩甲骨はがしがこんなにも美容やボディラインに関わっているなんて驚きですよね。
肩甲骨は自分でもケアできる部分なのでできるようになっておくととても便利です。
肩甲骨はがしを自分でできるようになって綺麗な背中を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です