「トカゲのポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

トカゲのポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガのトカゲのポーズには股関節の柔軟性のアップ・インナーマッスルの強化・骨盤の調整・
リフレッシュ効果・美尻効果といった効果があります。
女性にはとっても嬉しい美尻効果があります。
お尻の形はボディラインを左右する大きな部分でもあります。

インナーマッスルを強化することでぽっこりお腹を解消することも可能です!
そしてトカゲのポーズの最大の特徴は股関節を大きく動かすこと。
股関節の柔軟性を高めてくれることがトカゲのポーズのポイントです。

股関節が硬いと血液やリンパ液の流れも滞りやすくなるので股関節を柔らかく保つことは下半身のむくみ防止と解消にも繋がります。
そしてトカゲのポーズで股関節が柔らかくなることで太もも裏のハムストリングをストレッチしてくれるので脚痩せ効果へと導いてくれる期待ができます。

トカゲのポーズができるようになると体がスッキリとしてくるので、とても気持ちのいいアーサナなのでリフレッシュできるでしょう。

トカゲのポーズの由来

トカゲのポーズはサンスクリット語で「ウッタンプリスタアーサナ」と呼ばれています。
地面を這うトカゲの様子を表しています。

トカゲのポーズのやり方

股関節の柔軟性を高めてくれ、体の軸となるインナーマッスルを鍛えてくれる効果のあるトカゲのポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に四つん這いになりましょう。
 肩の真下に手のひら、腰の真下にひざがくるようにしましょう。

②少し手のひらを前方にずらします。
 右脚を大きく前に出しましょう。
 このとき大きく踏み出した足は腕の外側にくるようにしましょう。

 余裕のある人は左足を後方へ伸ばしましょう。
 (難しい人はひざがついたままでも構いません。)

ゆっくりと息を吐きながらひじを床につきます。
 この状態のままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。
 股関節・太もも・太もも裏ストレッチされていることを意識しながらやりましょう。

④深呼吸が終わったらゆっくりと四つん這いの体勢まで戻りましょう。
 反対側も同様に行います。

トカゲのポーズのポイント

トカゲのポーズは股関節を大きく伸ばすアーサナです。股関節にトラブルを抱えている人は避けておきましょう。

ポーズを行うときに③のひじを床につく。というメニューが難しく感じる人もいるでしょう。
最初は難しいかもしれませんが、何度もチャレンジすることでポーズのコツを掴んでくるので徐々に出来るようになるでしょう。

トカゲのポーズは腰から下半身にかけての血流を促してくれるヨガポーズでもあります。
寝る前などに行うと隅々まで血液が巡りやすくなるのでからだがポカポカした状態で眠りにつく
ことができます。

コメントを残す