くびれが欲しいのなら筋肉をストレッチすることが大切だった!くびれを生み出すストレッチとは

ウエストを細くしたい!くびれが欲しい!
そんなときに上半身を起こすだけの腹筋をしてはいませんか??
それだと女性らしい「くびれ」を生み出すことはできません!
くびれを作り出すには筋トレだけでなくストレッチが重要なんです♪
ウエストがキュッと引き締まっていると、それだけで女性らしいスタイルになりますし、
何より魅力的になれ自分に自信をもつことができます!

くびれを作る筋肉とは?!

まずはくびれを作ることができる筋肉を知るところから始めましょう。
一般的なイメージがある上半身を起こす腹筋の筋トレはお腹の正面の筋肉である「腹直筋」を
鍛える効果のある筋トレです。
ぽっこり下腹には効果的ですが、この腹筋運動をしてもくびれには繋がりません。

くびれを作り出すには肋骨の下から脇腹にかけて斜めにある筋肉である「腹斜筋」を鍛えることがポイントです。
くびれがない寸胴ウエストだという女性は、この腹斜筋がたるんでいて、筋力が弱いことがくびれがない原因の可能性があります。
…だからといってむやみに腹斜筋を筋トレすればいい!というものでもありません。
くびれを作るトレーニングの効果が現れやすいようにしておく土台作りが必要です!

今回はくびれを作り出す土台であるストレッチをご紹介したいと思います。

くびれを生み出すストレッチ

寝ながらストレッチその①

①床やマットの上にうつ伏せになりましょう。

腕を真っ直ぐにして上体を起こします。

③身体を右に捻ります。
 5秒キープします。
 この時腹斜筋がストレッチされていることを 意識しましょう。

④反対側も同様に行いましょう。
 左右合わせて1分間やりましょう。

寝ながらストレッチその②

①床やマットの上に仰向けになります。

右ひざを縦に90度に曲げて、左手で右ひざを左側に倒していきます。

③上半身は右側を、右ひざは左側に向けて腹斜筋をストレッチしていきます
 この体勢を5秒間キープします。

④反対側も同様に行いましょう。
 左右合わせて1分くらい行うのが目安です。

ウエストをひねるストレッチ

①足を腰幅に開いて立ちましょう。
 手は胸の前で手を合わせるか、手を組んで輪っかを作ったスタイルにします。

下半身は動かさずに、上半身だけを右側にひねっていきます。

③ゆっくりと真ん中に戻していき、今度は左側にひねっていきます。

④左右合わせて10回行いましょう。

ウエスト周りをほぐすストレッチ

①足を腰幅に開いて立ちます。

②手は腰に当てましょう。
 上半身は動かさないようにして、腰から下を円を描くように回していきます。

右回転で15回、左回転で15回。
 両方合わせて30回になるように行いましょう。

歩くときは腕を振りながら♪

簡単に今すぐできるくびれストレッチです♪
意外ですが、歩くときに背筋を真っ直ぐに伸ばしてしっかりと腕を振ることでウエスト周りに刺激を与え、ストレッチもしてくれます!
しっかりと腕を動かすことで血行を促し、身体を温め、肩こりの改善にも♪

骨盤を整えることも大事!お尻歩き

①床やマットの上に足を伸ばして座りましょう。背筋はまっくずに伸ばします。

腰から下〜お尻だけを動かして前に一歩ずつ進みます。

③10歩進んだら10歩下がるを何回か繰り返します。

まとめ

これらのストレッチを毎日コツコツ行うだけでもくびれにはとても効果的です!
長時間のきつい運動も必要なく、気がついた時に、家事の合間やついでにできるところが嬉しい
ところ!
くびれを作り出す筋トレを行う前や筋トレをした後にストレッチを取り入れることでより美しいくびれを生み出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です