【30代は注目】お肌の曲がり角を過ぎたあとの美容法をご紹介!

お肌の曲がり角という言葉を聞いたことがあると思いますが、だいたい何歳くらいだと思いますか?
世間では25歳から28歳あたりの頃をお肌の曲がり角ということが多いようです。
確かに10代~20代前半の頃はメイクを落とさずに寝たり、夜更かしをしても肌のハリやツヤは失われることはなく柔らかくキレイな肌をキープすることができていました。
‥ですが、25歳以降になってくると【お肌の曲がり角】と言われるだけあって、肌の調子が一日の過ごし方で大きく変わってきたように感じます。

今回はそんなお肌の曲がり角を曲がったあとの30代以降のオトナ女子たちの肌やカラダの変化とちょっとした美容法のコツをご紹介したいと思います。

肌だけでなくカラダも変化してくる30代

30代になってくると20代のときとは違って明らかに変化をしてくる部位があります。
それが【肌】と【カラダ】です。なかには【メンタル】の変化にも気づく人もいるかもしれません。
30代が体感しやすい変化とはどんなものなのか。それをいくつかお伝えしたいと思います。

ホルモンの変化

カラダの変化としてホルモンの変化がみられます。実は女性ホルモンは25歳頃にピークを迎えます。そこから更年期へ向けてゆっくりと減少していきます。
ということはお肌の曲がり角は女性ホルモンが減少する時期とかぶっていることが分かると思います。
30代は40代に比べて女性ホルモンが比較的良好な時期ではありますが、ストレスや不規則なライフスタイルだと自律神経が乱れてしまいホルモンバランスを崩してしまう原因になってしまうので、健康的な生活リズムとストレスをうまく解消するよう意識しましょう。

太りやすくなる

20代の頃は太ったとしてもすぐに体重や体型は元に戻っていたのに28歳をすぎたあたりからなかなか元に戻りづらく感じている女性は多くいるのではないでしょうか。
30歳前後になると急に太りやすくなった!という悩みを抱え始める原因には
【基礎代謝の低下】【ホルモンバランスの乱れ】といったことが挙げられます。
特に【基礎代謝の低下】は中年太りの大きな原因の1つです。中年太りは老化現象の1つだと考えてもよいでしょう。
20代のときと同じ食生活やライフスタイルだと30代からは太りやすくなる傾向にあります。

シミ・シワの増加

30代にさしかかってくると肌のコンディションが変わってくるのを体感しやすくなります。
肌のハリやツヤ。笑ったときに笑いジワが口元に入り、そのシワがなかなか元に戻らない‥などなど。特に分かりやすい変化が【シミ・シワの増加】ではないかと思います。
それには【肌のターンオーバー】が関わってきます。
正常な肌細胞のターンオーバーの周期は28日~35日くらいだと言われています。
ですが30代を境目に肌だけではなくカラダの新陳代謝機能が低下が目立ちはじめてきます。
そうすると美肌の最低条件である【肌のターンオーバー】が遅れはじめてくるので古い角質が溜まりやすくなったり、シミのもとであるメラニンの排出といった働きに遅れがみえはじめます。
そうすると肌のゴワつきや色素沈着(シミ)といった症状が現れるようになり、肌の調子が悪くなってくるのです。

30代以降は美容代をケチったら危険!

年齢を重ねるとともにスキンケアアイテムや化粧品もアップデートをするのが大事なポイントになります。20代のときと同じメイク方法を30代以降をしているとなんだか肌の印象とメイクの状態がチグハグに見えてきますよね。美容アイテムもオトナ用に変化させることで肌にピッタリと合うようになります。
そこで大事なことが【美容代をケチらないこと】です。
30代、40代は美容代をケチっていたらお肌の状態にダイレクトに影響が出てきます。
良い!と思った美容品などは使用量をしっかりと守って期限内に使い切るようにしましょう。
よくありがちなのは高かった美容液だから少しずつ使って内容量を長くもたせるように使おうとするのはOUTです。
効果を得るための使用量は決まっていますし、使用期限もあるのでこの2つはしっかりと守るようにしましょう。

オトナ女子が30代以降もキレイな女性でいるためのコツ

ではこれから30代の女性が40代に向けてキレイでいるためのコツをいくつかご紹介したいと思います。30代で自分の肌をどうケアするのかでケアをしていない人とは40代を迎えたときに大きな差が開いていることでしょう!

細胞からの抗酸化を意識すること

【抗酸化】というキーワードを聞いたことがある人もいると思います。抗酸化はズバリ美容だけでなく健康にも大きく関わってくる大切なワードです。人間のアンチエイジングの基本とも言えます。
簡単に説明すると私達のカラダは每日酸素を取り込んでいます。ですが酸素を取り込むということは日々コツコツと錆びついている状態なのです。なぜなら呼吸で取り込んだ酸素の一部が活性酸素というものに変わります。活性酸素はガンの原因だったり、酸化力がとても高いので正常で健康な細胞を傷つけたりします。りんごを切った断面が空気と触れると黒くなりますよね。それと同じ原理が私達の体内でも起きているのです。
アンチエイジングには重要な抗酸化。これは日々の習慣を意識するだけでも体内のサビから守ることができます。
抗酸化の基本は「食生活」にあります。抗酸化作用の高い栄養素は

ビタミンC
ビタミンE
ポリフェノール
ミネラル
などが挙げられます。ビタミンCはキウイやいちご、柑橘系のフルーツに多く含まれています。パプリカやブロッコリーなどの緑黄色野菜にも入っているのですがビタミンCは水溶性なので生で食べることをオススメします。
ビタミンEは別名若返りのビタミンとも言われていて、さまざまな害を与える活性酸素から私達のカラダを守ってくれる働きがあるといわれています。ゴマやナッツ類・うなぎやかぼちゃなどに含まれています。ルイボスティーなどはビタミンEが含まれているので手軽に飲めるお茶なので取り入れやすいと思います。
ポリフェノールは赤ワイン・プルーンなど。ポリフェノールは皮に豊富に含まれているので、フルーツを食べるときは皮ごと食べるのがオススメです。

女性ホルモンのバランスを整える

30代以降の年代になってくると【更年期】が出てきます。30代のうちはまだ関係ないと思いがちですが全く無関係ともいえないのです。
女性ホルモンは25歳頃にピークを迎えると上記でもご説明しましたが、そこから更年期へ向けてゆっくりと女性ホルモンは減少していきます。
女性ホルモンの働きは主にエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンで成り立っています。

肌や髪の潤い
骨の密度を保つ
自律神経に作用
女性らしい丸みのあるカラダつき
体内の水分量を保つ
乳腺の発達
などといった作用があります。特に女性らしさと関係が深いのがエストロゲンです。
ですがエストロゲンは30代以降にどんどんと分泌量は減っていき45歳~55歳にかけて激減していきます。
女性ホルモンの対策を取り入れることがお肌の状態にも大きく関わってくることが分かると思います。
女性ホルモンをバランスよくコントロールする方法を簡単に言いますと
*ドキドキ・トキメくこと
*カラダを動かすこと
*バランスのよい食生活
*しっかりと眠ること
これらを意識するだけでも女性ホルモンをコントロールすることができます。
ほかには女性ホルモンと似た働きをする【大豆イソフラボン】を摂取することをオススメします。
納豆や豆乳、豆腐といった大豆製品を普段の食事に付け加えることで大豆イソフラボンを摂取することができます。
大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれるので美しい肌を作るサポートをしてくれるでしょう。
ただ摂取量には気をつけましょう。一日に40~50mgを目安にしてください。

保湿力の高い美容液を使う

これは30代以降のオトナ女子には絶対に使ってほしいアイテムになります。
20代までは化粧水・乳液でも十分に肌の保湿はできていたと思いますが、オトナ女子はそうはいきません。
オススメの手順としてはブースターの役割としてオイルを薄く肌に伸ばし、そのあとに化粧水・乳液・美容液を取り入れてほしい美容法になります。
化粧水や乳液はプチプラでもいいので美容液は肌に必要な栄養素が配合されている質の良い美容液を使用することをオススメします。コラーゲンやセラミド・エラスチンやビタミンCなどが配合されているものを選ぶと良いでしょう。
30代以降のアンチエイジングには保湿効果の高い美容液でアプローチすることが肌のお手入れには必須です。

紫外線対策を一年中怠らないようにする

これは基本中の基本といってもいい対策ですし、一番大切なポイントになります。
紫外線はシミ・シワを作りだす大きな原因の1つです。
紫外線からお肌を守れるかどうかが40代以降のお肌の状態に大きく関わってくることは間違いありません。
キメ細かく柔らかいキレイな肌をキープするには紫外線対策を怠らないことがとても大切なのです。
そして肌の老化の80%は紫外線が原因と言われていることをご存知でしょうか。每日の紫外線対策がこれからの肌の老化の進み具合を大きく左右してくることがわかったと思います。外出しない室内にいるときでも日焼け止めは使うようにしましょう。

まとめ

お肌の曲がり角を過ぎたあとの美容法をいくつかご紹介してきました。30代をすぎると肌だけでなくカラダにも様々な変化が見られるようになります。
40代以降の更年期に入る前の30代のうちに肌とカラダのケアをしておくといろいろと安心できますね。
女性にとってお肌のコンディションは一日の気分を大きく左右する大事なポイントです。
每日をご機嫌で過ごすためにもお肌をキレイに保つための対策を取り入れて起きましょう!