「半分の魚の王のポーズ」の効果とポーズのやり方と方法┃ヨガポーズ

半分の魚の王のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの半分の魚の王のポーズには凝り固まった背中をほぐす効果・便秘解消・腰痛改善・肩こり改善・ウエストの引き締めといった効果があります。
ヨガポーズの種類の中で座ったままでツイストするポーズの代表的なポーズになります。

体を捻る動作があるので直接内臓へ刺激を与えることができるので内臓機能・胃腸機能を活性化することができるので女性が悩みがちな便秘を解消してくれることに役立ってくれます。
またデスクワークやスマホなどで凝り固まった背中や肩、腰などの緊張をほぐしてくれるので血流が改善されスッキリしてくるでしょう。
ヨガの深呼吸とポーズが合わさると気分もリフレッシュすることができます。

半分の魚の王のポーズの由来

半分の魚の王のポーズはサンスクリット語で「アルダマッツィエンドラアーサナ」と呼ばれています。
アルダは半分、マッツィエンドラは魚の王という意味を表しています。
神話で破壊の神であるシヴァ神から最初にヨガのテクニックを学んだ最初の生徒である魚の王の姿を象徴しているヨガポーズになります。

半分の魚の王のポーズのやり方

現代人が抱えやすい悩みである肩こり・背中の痛み・腰痛を改善してくれ、胃腸機能を活性化させ排泄を促してくれる効果のある半分の魚の王のポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に杖のポーズになりましょう。右ひざを曲げてそのまま左足の太もも、もしくは左ひざに引っ掛けるようにしましょう。

②左足を曲げて右のお尻の下あたりにくるようにしましょう。左右のお尻に均等に体重がかかるように意識しましょう。
どちらかのお尻が浮かないよう注意してください。

左ひじを90度に曲げて右ひざの外側で引っ掛けてください。このとき指は開いておきましょう。
息を吸いながら背筋を伸ばし、吐く息で身体を右側へ捻っていきましょう。

④その状態のままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。息を吐きながら元の位置に戻っていきます。反対側も同様に行っていきましょう。

半分の魚の王のポーズのポイント

半分の魚の王のポーズを行うときに背中は背骨に違和感や痛みがある人は行わないようにしましょう
身体を捻るときに背中に心地よい感覚が戻ってきてからポーズにトライするようにしてください。
そして生理中や妊娠中の人は避けてください。
半分の魚の王のポーズをするときは身体を捻るときにしっかりと息を吐きながら行うようにしましょう。
呼吸を吐くことで筋肉の緊張が取れてきてより深く身体をツイストすることができます。

コメントを残す