「キャットストレッチ」の効果とやり方と方法│ヨガポーズ

キャットストレッチには一体どんな効果があるの?

ヨガのキャットストレッチには背中のストレッチ・背骨の調整・集中力アップ・腰痛の緩和・
肩こりの緩和・骨盤の歪みを整える・冷え性改善といった効果があります。

キャットストレッチを行うときは背中が反らないようにすることでお腹や背中の奥にあるインナーマッスルを使うことができるので体幹を鍛える効果もあります。

また、女性のほとんどが悩まされている症状の1つに「冷え症」があります。
キャットストレッチは腕から足先までを伸ばしストレッチすることができるので、流れが悪く
なっていた血流を促す作用があります。そうすると隅々まで血液が巡るようになるので冷え症を
改善してくれる効果を期待することができます。

キャットストレッチは特に朝ヨガにオススメとされています。
なぜなら夜は背中を丸めて寝ている事が多いので、丸くなっていた背中を伸ばす
キャットストレッチ
を行うことで背骨のストレッチをすることができるからです。

キャットストレッチの由来

キャットストレッチはその名の通り、猫が伸びをしている様子を表しているヨガポーズです。
ヨガの種類のなかには猫の姿を模したアーサナがたくさんあります。
キャットストレッチはその中の1つです。

キャットストレッチのやり方

背骨や骨盤のゆがみを整えて背中のストレッチをし、頑固な腰痛や肩こりの痛みを緩和してくれるキャットストレッチのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に四つん這いになりましょう。
 肩の真下に手のひら、股関節の真下にひざがくるように調整してください。

②右手は前方へ真っ直ぐに伸ばします。
 そして左足を後ろへ真っ直ぐ伸ばして下さい。
 右手と左足が床と平行になるように意識しましょう。

上に上げた手足が一直線になるように調節したら、それぞれが引っ張り合うような感じで
 伸ばして下さい。

 目線は斜め前を見ておきましょう。
 その姿勢のままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。

④深呼吸が終わったら持ち上げた手と足を元の位置に戻していき、
 反対側も同様に行いましょう。

キャットストレッチのポイント

キャットストレッチのポイントは、手と足を持ち上げるときにできるだけ一直線になるように意識することです。
そうすることでインナーマッスルを刺激し強化することができます。
お尻の位置が上がりすぎたり、反対に下がりすぎても効果が半減してしまうので床と平行な状態をキープしましょう。
難易度は低めなのでヨガ初心者の人でも気軽に取り組むことが出来るヨガポーズです。