「ねじった椅子のポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

ねじった椅子のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガのねじった椅子のポーズにはウエストの引き締め・内蔵の働きを調整してくれる効果・太ももの引き締め・気分をリフレッシュするといった効果があります。
通常の椅子のポーズにねじりが加わったポーズになるので、より太ももやウエストといった引き締めたい箇所に負荷をかけることで効率よく引き締めることができます。

ウエストから下半身にかけてアプローチしてくれるアーサナなので下半身の筋肉量が少なくて基礎代謝量が減っている人や、体力が落ちている人、ダイエットなどを考えている人にはおすすめのヨガポーズになります。
ウエストを捻る動作を行うことで内臓に刺激を与えることができるので鈍くなっている内臓の働きを活性化させて調整してくれる効果もあります。
そしてヨガを行うときは「深呼吸」が基本となります。
深呼吸を行うことで交感神経から副交感神経へと切り替えることができるのでイライラや気分の落ち込みなどをリセットしてくれる作用もあるので普段仕事や家事などで忙しくてホッとする時間がもてないときはヨガで一息ついてリフレッシュすると良いでしょう。

ねじった椅子のポーズの由来

ねじった椅子のポーズはサンスクリット語で「パリヴリッタウトゥカタアーサナ」と呼ばれています。
パリヴリッタは回転した、ウトゥカタは力強いといった意味を表しています。
ヨガでポピュラーな椅子のポーズの応用編になります。

ねじった椅子のポーズのやり方

ヨガの基礎ポーズの1つである椅子のポーズより難易度が少しだけ高めのねじった椅子のポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に山のポーズで立ちましょう。両手は腰に添えてください。

②ひざを軽く曲げていきます。重心がかかとにくるように意識しましょう。
太ももの付け根から骨盤にかけて後ろに引くようにします。このとき腰が反らないよう注意しましょう。

③胸の前で合掌します。ゆっくりとウエストを右側へ捻っていきます。左ひじが右ひざに引っ掛けたような状態になりましょう。

④そのままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。深呼吸が終わったら元の位置に戻り反対側も同様に行っていきましょう。

ねじった椅子のポーズのポイント

ねじった椅子のポーズを行うときに胸の前で合掌しますが、ポーズ③のときに左手を足先、または床に手をついて右手を天井へ向かって真っ直ぐに伸ばして行うバージョンもおすすめです。
手を伸ばして行うよりも胸の前で合掌するパターンの方がバランスが取りやすいので初心者の人はポーズをとりやすいポーズから取り入れて慣れていきましょう!

コメントを残す