ランニングでのダイエットは早朝がベスト!知っておきたい基礎知識!

ダイエットの基本といえばやはりランニング
早朝や夜間に走っている方も多く見かけますが、有酸素運動は脂肪燃焼にとても効果的です。
そのため、ここではランニングの意味や基礎知識、正しい走り方などをご紹介していきます。
効率よくダイエットするには時間帯なども重要ですのでよくチェックしていってください。

ランニングが与えるダイエット効果とは

漠然とランニングにはダイエット効果があると大半の方が思って実践していますが、
その意味を知るとより効率的にランニングに取り組むことができます。
まずはランニングをすることで身体にどのような働きがあるかを見ていきたいと思います。

ランニングは脳を活性化し自律神経も整えてくれる

ランニングをするということは身体全体を使うことになるので、脳を活性化させる働きが
あります。
また、自律神経を整えるのにも効果的で健康面においても優れた運動のひとつとされています。

代謝をアップさせて太りにくい身体に

身体は年々基礎代謝が落ちていき、痩せにくい身体へと変化していきます。
これは加齢による問題なので、防ぎようのないことではありますが、その代謝をアップさせる効果がランニングにはあります。
ランニングをすることで血流が良くなり、老廃物を積極的に排出し体内の栄養素の循環を活性化
させる役割が期待されますので冷え性・むくみの防止
にもなります。

脂肪を燃焼させダイエット効果あり

ランニングは脂肪を燃焼させてダイエット効果を生みだす運動として知られています。
有酸素運動という言葉をよく耳にしますが、ランニング時に息が切れるというのはそれだけ酸素が身体の中で不足しているという状態を表わしています。
酸素が足りなくなった体内に多くの酸素を取り入れようと呼吸が荒くなるわけですが、これは呼吸だけではなく身体の中でも同様の働きが起こっているのです。

血液は酸素を身体のあらゆるところまで運ぶ重要な役割を持っていますが、この血液の循環を促すのにはエネルギーが必要です。このエネルギーは主に糖分を使って生成されます。
しかし、身体の糖分が尽きてくると今度は脂肪を燃焼させてエネルギーに変えようとする働きが
出てきます。長く走れば走るほど、血液が酸素を運ぶ役割が大きくなり、それだけ多くのエネルギーを必要とすることになるのでダイエットに効果的というわけです。

ランニングをするのは早朝がベスト

ご説明したように普段身体は糖分をエネルギーとして活動をしていますが、糖分が枯渇すると脂肪を燃焼し始めます。そのため、ランニングを行うのは早朝がベストです。
夜に睡眠を取り、食事からの時間も開いている早朝は「体内に糖質が少なく」さらに「空腹状態」であることがほとんどです。

こうした状態で有酸素運動を行うと、身体が優先的に脂肪をエネルギーに変えるよう働くため、
効率的にダイエットができるというわけです。
ただし、水分がないと脂肪燃焼の効率が悪くなるため、水分を補給することが重要です。
また、あまりにも低血糖状態だと貧血を起こす可能性があるので、オレンジジュースや果実などで良質の糖分を補給しておくと健康的に運動が行えます。

時間がない方は朝晩2回

早朝にランニングをするのが効率的といっても、忙しい現代人にとってはかなりハードな条件
です。そういった方には朝晩の2回に分けてランニングをするのがおすすめ。
昼食を普通に摂り、夕食を我慢して帰宅したらすぐにランニングというのが好ましい状態です。
これであれば早朝と同じような条件で、かつ身体が活性化されている時間帯なので貧血・脱水症状で倒れるといった心配もありません。

短時間でもランニングには効果がある

有酸素運動は20分以降から脂肪燃焼効果があるという定説がありますが、実は効率がアップする
だけであって元々運動を開始した時点から脂肪は燃焼されています。
そのため、どれだけ短時間であったとしても息が切れている状態であれば、その時点で脂肪は
エネルギーへと変換されているわけです。
もちろん糖分過多の状態であれば先に糖分だけ消費されていきますが、脂肪の燃焼がまったくの
ゼロということはありません。

運動後はすぐに食事を補給

運動後30分というのは筋肉にとってのゴールデンタイムといわれています。
これはランニングなどの運動によって損傷した身体の筋肉が修復作業に入る時間で、
その間にたんぱく質を摂取すると筋肉の発達に効果的だからです。
また、その結果として体脂肪率も下がります。
ダイエット効果を高めたいのであればこうした身体の基礎知識を知っておくことも必要です。
正しい走り方と休ませ方、そして食事方法は全部でワンセットと考えられています。
こうした理論からもやみくもに走るのではなく、効率の良い時間帯にランニングをすることを
おすすめしています。

効率的なランニングは時間帯を選んで行うこと

身体の仕組み上、ランニングをするのに適した時間帯があることが分かっていただけたかと
思いますが、こうした理論を理解しておくことがダイエットへの近道です。
むやみにトレーニングをして結果が出ず、ダイエットを諦めてしまう方も多くいますので、
ぜひこうした正しい理論をもとにランニングなどを行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です