魅了する美BODYを!モデルボディを作る食生活とは

ひと昔前に比べて男女問わずとてもスレンダーなボディの人たちが増えました。それは主に食生活が関係していると言われています。
美意識が高い人といえば海外の有名モデルを思い浮かべます。(ヴィクトリアシークレットなど)日本の人気アーティストやアイドル達も負けじと色々とスタイルに気を使っています。その中から今すぐに取り入れやすい食生活を簡単にまとめてみました!

モデル体型をつくる食生活とは?!

意外?!食べたいものは我慢しない

意外なのが食べたいものを食べる!というプロのモデル達が多いことです。食べたいものを我慢するとストレスに繋がってモチベーションが下がってしまうくらいなら好きなものを食べる。という選択をしていました。
…ですが!好きなだけ食べるなら「朝」に食べたていました。
朝食べることで摂取したカロリーは日中の間に燃焼して太らないようにする。というものです。
何を食べるのか、いつ食べるのかでボディラインは変わってくることを日々意識しているようです。

1日を通してタンパク質を摂取する

ついつい手軽だからと朝は菓子パン、お昼は麺類や丼もの、夜はアルコールと炭水化物多めの食事になってはいませんか??

朝は卵を1つ付け加えるだけでも朝食の栄養面がグッと良くなります。ヨーグルトなどもオススメです。甘みが欲しいときは砂糖ではなくハチミツで。

昼食は単品で完成するものではなく、定食がオススメです。タンパク質、ビタミン、カルシウムなどをバランス良く摂取できるのが定食です。美BODYを目指すのならご飯の量を半分に減らすとなおGOODでしょう♪

夜は野菜たっぷりのサラダ(生野菜は身体を冷やすので温野菜がオススメ)と良質な油を含んであるアボカド。タンパク質であるお肉やお魚をシンプルに塩だけで焼いたものなど。炭水化物も白米ではなく玄米や発酵玄米、雑穀米などを子供用のお茶碗一杯分。
白米に比べて発酵玄米や雑穀米などは腹持ちが良いので少なめでも大丈夫です。

美BODYには内臓を休ませるのも大切

モデルボディを作ったり維持するうえで見落としがちなものが「内臓の働き」です。

疲れている人や太っている人というのは簡単に言ってしまうと内臓が正しく働けていません。
疲れているときにやりがちなものが栄養ドリンクを飲むということがありますが
栄養ドリンクは糖質とカフェインが多く入っています。それらを体内に取り込むことで身体はビックリしてシャキン!となります。
元気になった。と脳みそが錯覚を起こしているのが事実です。

内臓の働きを元に戻すには休ませることが一番です。
内臓を休ませるもので代表的なものが
「ファスティング」です。
しばらくの間、消化の良い食べ物、酵素ドリンクで内臓を休ませ溜まっていた毒素を排出し綺麗にする。というものです。

ファスティングに挑戦する勇気がない方は
普段の食生活を身体に負担のない内容に変えることです。
身体に負担の少ない食生活をしているから
モデル達は肌も綺麗だしボディラインも美しいままを保てているのです。

ちょっとの意識がボディラインと健康度を変える

普段の生活の食事内容を思い返してみましょう。
ほとんどの人は炭水化物多めの食事ではないでしょうか。
筋トレなどを行っている人は食事に気を使っているので炭水化物が多いということはないでしょう。
炭水化物は悪者ではありませんが、多く摂ってしまうと疲れが取れにくくなったり、太りやすくなったりするデメリットがあります。

炭水化物も白米を玄米に変えたり、うどんを蕎麦に変えるだけでも大きく変わってきます。
そして海外のモデル達は日本食がヘルシーで健康的で大好きだそうです。(確かに日本食にはバターや乳製品などを使ったものはないです)
日本食は栄養バランスがとても優れているのでモデルボディを作りたい!肌を綺麗にしたい!体型維持にはもってこいの食生活です。

食事内容をいまこの瞬間から日本食に変える、定食にする、炭水化物の見直しをする。は誰でもできることではないでしょうか。
少しの意識が大きく未来を変えることは間違いないです。
是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です