骨盤底筋を整えて小尻になろう♪花輪のポーズ

花輪のポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの花輪のポーズには内臓機能を高め、調節する・股関節の柔軟性を高める・肩こりの改善・
集中力を高める・骨盤底筋を鍛える・ヒップアップ・太ももを引き締める・精神安定
といった効果があります。花輪のポーズは女性の憧れである小尻にとっても効果的なポーズです。
お尻にある大殿筋をエクササイズしてくれるのでヒップアップしたい方にとてもオススメのアーサナ(ヨガポーズ)です。それに現代人は股関節を広げたりストレッチをする機会が少ないため硬いと言われています。足を広げるので普段使うことが少ない股関節のストレッチができるので柔軟性が高まると言われています。

花輪のポーズの由来

花輪のポーズはサンスクリット語で「マーラ・アーサナ」と呼ばれています。
マーラとは「花輪」や「数珠」を意味しています。両腕を使って輪を作るヨガポーズなので
そこから花輪のポーズと呼ばれるようになりました。足腰の強化だけでなく心身のリフレッシュにも有効なので女性にとてもオススメのヨガポーズです。

やり方

股関節の柔軟に背中のストレッチや乱れがちな内臓機能の促進と調整を働きかけてくれる
花輪のポーズのやり方をご紹介します。

①両ひざを外側に向けるようにしてしゃがみ込みます。
 しっかりと足裏を床につけましょう。

②太ももを広めに開いてたら両手を合わせてヒジで両ひざを押します。
 このとき股関節が伸ばされていることを感じましょう。

③ゆっくりと息を吸いながら背筋を伸ばし、ヒジで両ひざを押し、
 ヒザはヒジを押し返すような感じの動作を行います。
 あごを引いて目線は正面を向き、その体勢のまま約30秒~1分ほどキープします。

④キープし終わったらヒジとヒザを離して、ゆっくりと息を吸いながらヒザを伸ばして立ちます。

ワンポイントアドバイス

初心者の方でしゃがむのがきついという人はブロックなどを補助として使用して股関節を伸ばしていくことに慣れていくといいでしょう。背中のストレッチ効果があるので猫背の人は姿勢を
改善してくれる
のでオススメです。また婦人科系の不調を抱えている女性は、骨盤底筋を鍛えてくれるので月経血や尿の排泄をスムーズにしてくれるので、衰えがちな骨盤底筋を鍛えることで骨盤周りの不快な症状を軽減してくれる効果を期待することできます。
是非眠る前のリフレッシュ習慣に取り入れてみてください。

注意

背中やヒザに違和感や痛みがある人は避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です