「弓のポーズ」の効果とポーズ方法やり方│ヨガポーズ

弓のポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの弓のポーズには精神安定・背中の引き締め・便秘の改善・肩こり改善・不眠対策・
猫背、反り腰改善・腰痛緩和・疲労回復・ヒップアップ
といった効果があります。特に夏などは
外は気温は暑くて部屋は冷房で涼しいといった体感温度の高低差があるせいで自律神経が乱れがちになります。弓のポーズはそんな乱れがちな自律神経を整えてくれるので精神安定に繋がるのです。またヨガの初心者の人にも取り組みやすいヨガポーズとなっています。
身体の引き締めにも心の安定にも良い影響力がある弓のポーズはとてもおすすめです。

弓のポーズの由来

弓のポーズはサンスクリット語で「ダヌラーサナ」または「ダニュラーサナ」と呼ばれています。ダヌとは「弓」の意味があります。これが由来となって「弓のポーズ」と言われています。
弓のポーズは背中、身体の外側と内側、両方に刺激を与えることができるので、
いろいろな嬉しい効果を期待することができます。

やり方

姿勢が悪く見える猫背や、精神の不調が続いたときなどに行うと心を穏やかにしてくれる
弓のポーズのやり方をご紹介します。

①まず床やマットのうえにうつ伏せになります。
 マットを敷いたほうがやりやすいでしょう。
 両手は身体と平行になるようにして、手のひらは上向きにします。
弓のポーズステップ1
②ゆっくりと息を吐きながら両膝を曲げていきます。
 足のつま先をなるべく背中に近づけるようにします。
 このとき両手はそれぞれの足首を掴んでおきましょう。
 足の開き具合は腰幅くらいをキープして下さい。
弓のポーズ
③息を吸いながら肩と胸を開くようにして上半身を起こしていきます。
 太ももが床から離しておくことも忘れないで下さい。

④③の状態のままで30秒ほど自然呼吸しながらキープします。
 30秒たったら元の位置に戻していきます。
 その場で何度か深呼吸をしたらまた同じ動作を行いましょう。

弓のポーズのポイント

弓のポーズのポイントは足を掴んで上半身を反らしていくときに骨盤だけが床についている状態を意識して下さい。肩と背中の力を抜いて行うことも大事なポイントです。
初心者の人で弓のポーズを取りにくいという方はお腹の下にタオルや丸めたブランケットなどを敷いて行うとやりやすいと思います。ポーズ自体が腰を反らせるので、反らし過ぎには要注意です。腰を痛めてしまう原因になってしまうので自分の状況や体調面と相談しながら
取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です