自宅で簡単ストレッチ!10分行うだけで脂肪燃焼に効く方法

自宅で10分間のストレッチをするだけで、脂肪の燃焼に効果的なダイエットになると聞いたら
誰でもちょっと気になるはず。ここでは非常に手軽ながら、毎日の仕事終わりにでも簡単に行える身体のストレッチ方法をご紹介していきます。筋トレと上手く併用して理想的な体型を手に入れることもできますので、ぜひ参考にしていってください。

ストレッチの目的は基礎代謝を高めること

ストレッチを行うというのは身体に眠っている運動機能と基礎代謝を目覚めさせる働き
あります。普段の仕事やデスクワーク、家事などで凝り固まってしまった筋肉というのはそれだけで身体に悪影響を与えるものです。
まず筋肉が動いていない状態というのは血流をかなり悪くさせます。
血流が悪いと酸素が身体に供給されずに基礎代謝(自然にエネルギー消費を行う力)を落とします。
結果、いつでもダルく運動をする気持ちにならない生活習慣を生み出します。
この悪循環を変えるためにもストレッチは非常に重要な運動となってくるわけです。

帰宅後、お風呂に入る前のストレッチ

まずは仕事終わりや1日の家事の終わりにおすすめのストレッチから紹介していきます。
このストレッチのあとにお風呂に入れるので少し汗をかくくらいのストレッチとなりますが、
脂肪燃焼も促せるのでダイエット効果も期待できるのでぜひ実践してみてください。

 

  1. 普通に立った状態のまま、大きく片足を前に出します。
  2. ランジのような体勢になりますが、片膝は着いて構いません。
  3. 目いっぱい太ももの裏と足首、アキレス腱が伸びるよう意識して行ってください。
  4. このとき両手は頭の上で肘を抱えるようなポーズを取ります。
  5. わき腹と二の腕もしっかりと伸びていることを確認しながら各部をストレッチングします。
  6. 深く2~3呼吸したら今度は逆足を前にします。
  7. これを3往復したらセット完了です。

 

身体全体の筋肉を伸ばしながら身体の代謝を高めるストレッチです。
特に下半身に溜まった老廃物を流す役目があるので、太ももなどがしっかりと伸びているかどうかを重点的に意識しましょう。

入浴後に行うストレッチ

入浴後は身体も温まっていて絶好のストレッチタイミングです。
特にお腹周りの脂肪に効果的なストレッチを中心に行っていきます。

 

  1. 座った状態で膝を伸ばし、両足を開きます。
  2. 背中側にものを置いておき、それにタッチするように身体を捻ります。
  3. このとき出来れば捻った方向と逆の手でタッチしましょう。
  4. また、なるべく状態は真っ直ぐのまま猫背にならないように気をつけます。

 

こちらは胸の下にある横隔膜周辺の筋肉の凝りを取るストレッチです。
また腹斜筋や背筋のストレッチにもなっています。
お腹周りに近いところの筋肉をほぐすことでダイエット効果に繋がっていきます。
入浴後なので身体も目いっぱい伸びるので身体が固い人でも十分手が届くと思いますので、
ぜひ一度チャレンジしてみてください。

ヨガの要素を入れたストレッチ

こちらは少し難しいストレッチですが、ヨガの要素も含まれていて効果覿面です。

  1. うつ伏せで両手を伸ばして寝ます(直線になるように)
  2. その状態から手と足を上げて反りかえるようなポーズを取ります。
  3. 背筋と腹筋が適度に伸びていることを確認しながら行ってください。

筋力がないと少し難しく感じるかもしれませんが、ストレッチ自体は非常に単純なものです。
後背筋・腹直筋・腹斜筋・大腿筋・上腕筋・大胸筋が伸びて全身に対するストレッチ効果
あります。また、肩甲骨のストレッチにもなるので肩こりがひどい方にもおすすめです。

寝る前に行うストレッチ

寝る前に適度なストレッチを取り入れると、眠りも深くなり上質な睡眠時間が確保できます。
睡眠を充分に取ると成長ホルモンが分泌され、美肌効果が得られると医学的にも証明されていますのでぜひ実践してみてください。

  1. 正座の体勢をとり、そこから手を前に伸ばして上半身を倒していきます。
  2. そのままゆっくりとお尻を上げていき、肩甲骨が伸びるように圧を掛けていきます。
  3. このとき頭は下げておき肩の内側に入るようにしておきましょう。
  4. 下半身が90度(お尻から足首にかけて)になったらストップ、大きく呼吸をしながら背筋や
    上腕筋が伸びていることを確認してください。

これを30秒1セットとして3セットほど繰り返すと、寝る前に行う上半身のストレッチと
なります。脇の下から脇腹にかけてもよく伸びて胃腸の消化促進にも繋がり、便通を良くも
しますのでまさに女性向きのストレッチといえます。

毎日10分のストレッチで健康的にダイエット

OLさんでも主婦の方でも、1日にやることが終わった後に手軽に実践できるストレッチ方法を
ご紹介してきました。所要時間としては入浴前に3分、入浴後に3~4分、就寝前に3分ほど。
トータルで10分しか掛かりませんが、どれも凝り固まった筋肉を伸ばして血流を良くするのに
効果的なものばかりです。ちなみに見てきたメニューは下半身からまず伸ばしていき、
段々と上半身に対するストレッチへと移行する形になっています。
ぜひこのイメージをしっかりと持ちながら毎日のクセにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です