寝たままでできる簡単肩甲骨はがし!手軽に簡単バストアップしよう♪

肩こり解消に効果的と言われている「肩甲骨はがし」。肩こりが酷い人や姿勢が悪い人などの
代表的な特徴として、肩甲骨周りが非常に凝ってしまっているということがあります。
そして肩甲骨はがしにはもう一つ嬉しい効果がありました。それはバストアップです♪
なぜ肩甲骨はがしがバストアップに効果的なのか、その理由と寝たままでも行えるやり方を簡単にご紹介したいと思います。

なぜ肩甲骨はがしがバストアップに繋がるのか?

それは肩や肩甲骨周辺のコリによって、血液やリンパの流れ、姿勢が悪くなることが関係しているのです。肩甲骨が硬くなることで様々な影響が出てきます。代表的なことでいうと
①肩コリ②猫背③冷え性 …といった症状が出てきます。

これらの症状を改善しないことにはバストアップに効果的な筋トレや食事を摂取しても理想の
バストを育てることが難しくなります。
なぜなら血流が悪い。ということはバストに必要な栄養素が届きづらいので、バストアップの
筋トレで傷ついた筋繊維の修復もうまくいかなくなります。

また猫背だと肩が体の前の方に巻き込まれてしまう形になります。
猫背は見た目も良くないうえに、ポッコリお腹の原因の一つにもなるので気をつけなければ
いけないポイントです。
寝たままで行えるものと座ったままでできる肩甲骨はがしをこれから
ご紹介していきたいと思います。

寝たままで簡単にできる♪肩甲骨はがしのやり方

準備体操!肩甲骨ストレッチ!

肩甲骨はがしをやる前にストレッチを挟むことでより安全で効果的に肩甲骨はがしを行なえます。

①四つん這いになりましょう。
 肩の真下に手、股関節の真下にヒザがくるようにします。

②ゆっくりと息を吐きながら背中を丸めていきます。
 このとき肩甲骨から背中にかけてできるだけ丸めていきましょう。

③息を全て吐ききったら、鼻から息を吸いながら
 胸を張るようなイメージで背中と肩甲骨を内側に寄せるようにしていきます。

④これらを5回から10回ほど繰り返します。
 肩甲骨や背中周りの緊張が取れるので
 肩甲骨はがしの前にはストレッチ代わりとして取り組むことをオススメします。

寝たまま肩甲骨はがしpart1

①床やマットの上に仰向けに寝転んだら
 両手で両膝を抱えましょう。

②ゆっくりと左右に揺れましょう。
 約30秒〜1分を目安にやりましょう。

寝たまま肩甲骨はがしpart2

①床やマットの上に仰向けになったら、
 両膝を立てて、腕は胸の上で組んだら
 お尻を持ち上げましょう。

腕を左右交互に動かしていきます。
 このとき首の付け根がストレッチされていることを体感しましょう。

座ったままで肩甲骨はがし

①背筋をまっすぐにして椅子に座ります。
 両手を肩の上に軽く添えるようにして置きます。

②まずは後ろの方向に回転させます。
 このとき肩甲骨が動いていることを意識しましょう。
 後ろ向きに10回転させます。

③後ろ回転が終わったら、前方に回転していきます。
 これも10回程度行いましょう。

ヨガのメニューも肩甲骨の動きを良くしたりストレッチ効果が!
バストアップにおススメ!

女性に大人気のヨガのメニューの中には肩や肩甲骨周りをほぐすメニューが数種類あります。
(牛の顔のポーズや魚のポーズなど…)
肩甲骨はがしだけでなくヨガも取り入れるとよりバストアップに効果的です。
ヨガも肩甲骨はがしも継続して行うことが大切です♪

まとめ

寝たままでできる肩甲骨はがしはいかがでしたか?座った状態でもできるものもありましたね。
バストアップをするには、バスト周りだけでなく背面である肩甲骨も整えることがポイントです!
これらの習慣を取り入れて健やかで美しい身体を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です