女性の健康美を引き出すヨガ。ヨガの驚くべき効果とは

日本でヨガブームが来る前に、海外のセレブ達のあいだでブームとなったのがヨガです。
ミランダ・カーやマドンナなども日常生活にヨガを取り入れていました。
日本でも人気は衰えることはなくヨガが美意識の高い人たちや健康になりたい女性達の間で
取り入れられています。

芸能人の方たちにもヨガをやっている人は多くいます。
カラダと心のバランスを整えてくれ保つことができるヨガの魅力に芸能人の間でも注目されて
います。
ヨガをしている人たちを見ると皆さんスタイルが抜群にキレイで、適度にひきしまっています。
ヨガはスタジオでプロのインストラクターに教わることができますが、プロの人から教わらずに
自宅でも取り組むことができます。

今回は女性の健康美に欠かせないヨガの魅力と、ヨガを行うことで得られる女性にとって嬉しい
驚きの効果をご紹介したいと思います。

ヨガの魅力を知って自分の心とカラダを開放してスッキリとしましょう。

ヨガってどんなことをするの?

まずヨガは性別年齢問わずに誰でも取り組めるものです。
ヨガはもともとインドで生まれた修行法です。
最も古いヨガの経典と言われているもので「ヨガ・スートラ」というものがありますが、その本には人生で起こり得るさまざまな出来事(嬉しいことや悲しいこと‥怒りの感情に支配されそうな
ときなど)と上手に付き合っていくための方法が細かく記載されていているのがヨガ・スートラという本になります。
ヨガによって心の動きをコントロールできるようにたくさん鍛錬をすることで、
様々な心とカラダの苦しみから解き放ってくれることをヨガは目的としています。

ヨガをサンスクリット語に訳すと「つながり」という意味があります。
心とカラダは繋がっている状態のことを表しています。
ヨガの呼吸法、ポーズ、瞑想を組み合わせることで心身ともにカラダが喜ぶリラックス状態を
作り出すのです。

ヨガポーズをとることによってカラダの歪みが正しい位置に改善されて、筋肉の柔軟性を
高めてくれます。
ヨガポーズにヨガ独特の呼吸法と瞑想を組み合わせることで注意散漫だった頭の中を集中できる
ようにしてくれ、不安定になりがちなメンタルバランスを正常に整える環境を作り出して
くれます。
呼吸と瞑想で脳みそを省エネモードにすると(ぼーっとしたような状態)ヨガポーズに集中
しやすくなることでポーズの効果を最大限に引き出してくれるでしょう。

またカラダの歪みや柔軟性が高まることで内臓が正しい位置に戻り、内臓の働きが活性化します。そうすると基礎代謝量がアップするので自然とカラダが引き締めることができます。

ヨガは運動が苦手な人や筋力が少ない人にも安心して取り入れやすいものです。
特別な道具などは一切必要ないので、体力のない人や筋力が衰えてきている老人などにも好まれているエクササイズになります。
運動が苦手な人は、最初はヨガから始めて徐々に体力をつけていくというのもオススメの方法
です。筆者は寝る前のストレッチや筋トレ後のストレッチにヨガを取り入れています。
初心者、上級者など関係なくできるのがヨガなのです。

ヨガの効果

ヨガを行うことでどんな効果を体感できるのかをご紹介したいと思います。

ダイエットに繋がる

ヨガをすることで劇的に体重が減る。ということはありませんが、ヨガを行うことで「痩せやすい体質」を作り出すことは可能です。
ヨガポーズをとるときは普段使う頻度が少ない筋肉に刺激を与えて鍛えることができます。

筋肉にも「速筋」と「遅筋」という二種類の筋肉があります。
速筋は速い動作を行うときや重いものを持つときなどに使われる筋肉です。
速筋を鍛えると筋肉が太くなる特徴があります。速筋のエネルギー源は糖になります。
遅筋はわりとゆっくりとした動作をするときに使われる筋肉で、エネルギー源は脂肪なんです。
ヨガは関節を大きく動かして遅筋を鍛えることができるので、脂肪を燃焼しやすくできることからダイエットに効果的と言われています。

冷え症を改善できる

ヨガは硬くなった筋肉をリラックス状態のまま鍛えることができるので、凝り固まっていた全身の筋肉をほぐすことができます。
凝りがほぐれることで自律神経を整えてくれることから女性で悩んでいる人が多い「冷え症」に
効果的
とされています。

自律神経は人間のカラダのホルモンバランスの調整役なのでとても大切な機能なんです。
自律神経が乱れるだけで病気にかかりやすいとまで言われています。自律神経の乱れによく起きる症状の一つに「冷え」があります。
実は冷え症はカラダが緊張状態にあることが原因の1つとされています。
緊張していると血管がきゅっと萎縮するので血液の流れが滞ってしまいます。
すると、手足足先まで血液が循環できなくなるので冷えてしまう。ということに繋がります。

冷えは万病の元ですから、ヨガで全身の血行を促してあげて体温を上げて、細胞の代謝をアップ
させることで冷え症から脱却することができます。
冷え症が改善されてくると太りやすい体質を改善することが期待できますよ。

美肌効果

ヨガをしている人は男性女性問わず皆さん肌が綺麗です。
ヨガを行うときに行う呼吸法は私たちの心をまず落ち着かせてくれます。
ヨガポーズをとることで凝り固まっていた身体の筋肉をほぐしてくれるので、筋肉の緊張が解け
血行が促進され流れが悪かったリンパ液も循環されるようになります。

血液には栄養や酸素を運ぶ役目があるので、血行が促されることで顔周りに溜まっていた老廃物が排出されやすくなります。
老廃物が排出できると肌表面についていた古い肌細胞が剥がれおちるので、そうすると細胞の
ターンオーバーが正常化され肌細胞も正しく生まれ変わるサイクルに導くことができることから
美肌になれると言われています。

もちろんストレスにも効果的なので内側から健康的になることができます。
このことからヨガをすると美肌になれる土台作りができます。
血行やリンパの流れが良くなるのでくすんで見えていた顔色が、血流とともに血色の良い顔色に
なることができます。
肌本来の美しさを取り戻すことができるでしょう。

ストレス解消

ヨガの実践によって、全身の血液の巡りが良くなってくると硬くなっていた筋肉が柔らかくなり
緊張したときについつい力が入ってしまう肩の力が抜けてきます。
そうすると交感神経優位だった自律神経が副交感神経を優位にスイッチを切り替えます
交感神経は緊張状態やイライラモード、呼吸が浅いときなどは交感神経が働いています。

昼間は交感神経が働くことでテキパキと仕事や家事をこなすことができますが、最近は一日中
交感神経優位の人がとても多く
ストレスを敏感に感じやすい人がとても多いことから、
様々な不快に感じる症状を感じるようです。その中の代表的なものといえば「うつ」になります。

これらのことを防ぎ、予防するためにも副交感神経を優位にするヨガはオススメです。
昼間に溜まった疲れやストレスを癒やしてくれるのが毎日欠かさず行っている睡眠です。
ヨガのポーズや呼吸法、瞑想によって副交感神経優位になると熟睡しやすくなります。
深い睡眠を行っているときは成長ホルモンが分泌されるので、この作用によって全身の新陳代謝を調整し、蓄積していた疲れを癒やし、肌のターンオーバーを正常化してくれるのです。

ストレスが溜まっていたり感じやすい人は幸せホルモンである「オキシトシン」の分泌が不足している可能性があります。
オキシトシンが分泌されることで、脳や心の疲れが癒やされて余裕をもつことができる

  • 他人にも優しくできる
  • 免疫力が上がる
  • 不安感や恐怖感の減少

といった効果があります。
オキシトシンは心身がリラックスすることで分泌しやすくなるので普段から積極的にリラックス
する時間を作るようにすることが重要なんです。
就寝する1時間から2時間まえにヨガを行うとすんなりと眠りにつくことができるので、
ストレス解消ができ、幸せを感じるホルモンを体内に分泌することができるでしょう。

ボディメイク効果

ヨガを取り入れ始めるとだんだんとボディサイズが引き締まってくるのを体感できます。
それはヨガを行うことによって普段使わない筋肉を優しく刺激し、ストレッチをかけることに
よって適度に引き締まってくるからです。

ヨガを行うときに意識してほしいことが、①骨格 ②筋肉 ③筋膜です。
最初は難しいでしょうが、これらの3つの要素が合わさったときにできるヨガポーズはとても心地よく引き締め効果をアップさせてくれるでしょう。

ヨガを行うときは表面の筋肉を動かしている。鍛えている。というよりも体の奥にある深層筋
(インナーマッスル)にアプローチしています。
インナーマッスルは体を支える軸のような大切な筋肉ですから、インナーマッスルが衰えていると体重・脂肪が増えやすかったり、冷え症対策を
していても求めている効果を感じにくかったり、猫背、腰痛を抱えやすいことがあります。

深層筋を刺激して鍛えることで猫背を改善し、腰痛を予防、ウエスト周りにくびれができるようになったりと女性のキレイに必要な要素がたくさんあります。
体重を減らしたくて健康を損なう可能性の高い食事制限のダイエットを行うまえにヨガで
インナーマッスルを鍛え整えることから始めましょう。

ヨガを行う頻度はどれくらいがいいのか

ヨガを行うことで女性が秘めている健康美を引き出せることと素晴らしい効果があることは
わかったけれど、じゃあヨガはどれくらいの頻度で取り入れたほうが良いものか気になるところ
だと思います。

ヨガを効果的に行うのに、これといって詳しい回数や頻度は決まっていません。
筆者は2日に1回はストレッチ代わりとしてヨガポーズをとっています。
そうすることで深呼吸をする時間をあえて設けるようにしています。
人は気づかないうちに呼吸が浅くなっているので、意識して深呼吸をして体のすみずみに酸素を
行き渡らせることで冷えや疲れを癒やしやすくする環境を体内に作るようにしています。

ヨガ初心者の人でヨガスタジオに通う場合は週に1回から始めると無理なく始められると
思います。徐々にヨガで体を慣らしていくことができます。
ヨガ初心者の人でスタジオに通わずに自分でやってみたいな!という人は、毎日でも大丈夫です。特に就寝前にヨガを取り入れると睡眠の質が良くなるので心と体の開放を感じることができ、
ストレスに鈍くなる穏やかな精神状態に変化してくることを期待することができます。

簡単ヨガストレッチ

いきなりヨガポーズをとると筋肉を痛めてしまう可能性もあるので、自宅でヨガを行う前にできる簡単なヨガストレッチをご紹介したいと思います。

太ももの内側を軽くストレッチ

①片脚を開きます。
このときつま先は上に向けておきます。
もう片方の脚はあぐらをかいたときのような感じで折り曲げておきましょう。
もしくはお尻の下にかかとがくるようにします。

②手を床についてお腹を伸ばすようにして軽く上体を開いている側の脚のほうへ倒していきます。
股関節と太ももの内側にある内転筋がストレッチされていることを体感しましょう
そのままの状態で深呼吸を10回ほど行います。

股関節の基本ストレッチ

①ヨガマットの上や床に足を大きく広げて座りましょう。
骨盤が立つ位置まで広げます
このとき背筋はまっすぐにしましょう。

②両手を前方につきます。
体が柔らかいひとは肘からつきましょう。
恥骨から床につくように上体を前に倒していきます。

③内ももを前に倒すのではなく、上に向かうよう軽く回転させていきます。
恥骨が床についたら少しずつ上体を深く前に倒していきます。
このヨガストレッチを行うことで股関節の柔軟性がアップしケガ予防にも繋がります。

まとめ

女性の健康美を引き出すヨガの魅力とヨガの驚くべき効果をまとめてみましたがいかがでしたか?
ヨガが女性に大人気な理由がわかった気がします。
ヨガは人間の心とからだをつなげてくれる意味があるなんて初めて知った人のほうが多いのでは
ないでしょうか。
ヨガを自ら行うことによって閉じていた心とからだの開放を促し、ヨガの呼吸法、ポーズ、瞑想を組み合わせることで心身ともにカラダが喜ぶリラックス状態を作り出すことができます。
メンタル面だけでなく女性のボディにも女性らしいラインを生み出してくれるでしょう。
まずは週に一回からでもヨガを始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です