太ももと太ももの間に隙間をつくるボディメイク♪スラリとした脚を作る習慣

ムチッとした太もも…太ももがセルライトで包まれていてボコボコしていませんか?
綺麗な脚や美脚といえば太ももと太ももの間に隙間が空いています!脚の間に隙間が空いている
からこそスキニーデニムやタイトなスカートといった服が似合う雰囲気が美しい女性に見える
のです。スラリとした脚を手に入れるには適度に引き締まっている筋肉が絶対に必要です。
スラリとした美脚を手に入れる習慣をまとめてみたので参考にしてみてくださいね♪

スラリとした脚をつくるボディメイクに繋がる習慣

スラリ脚に必要な脚の内転筋を鍛える

この内転筋を鍛えるエクササイズは座ったままでも寝たままでもできるので仕事中にも行えます。

仰向けになり膝を立てて間にクッションを挟みます。

膝の間に挟んだクッションをギューッと潰していきます。
 潰したところで3秒キープします。

③キープし終わったら力を抜いて、また繰り返していきます。
 15回から20回を目安に行いましょう。

内転筋を鍛える足パカストレッチ

家でテレビを見ながらできるストレッチです。

①まず横向きに寝転びましょう。

右脚を上に上げていきます。
 脚を下ろしていくときは、なるべく時間をかけて下ろしてるいきます。

③より負荷をかけて効果を得たいときには足首におもりをつけて行うと、
 より高く内転筋を鍛えることができます。

④足の上げ下げを15回から20回行いましょう。
 反対側も同様に行っていきます。

お風呂上がりにリンパマッサージ

お風呂上がりに行う簡単な美脚マッサージです。

ボディオイル、
 またはクリームを手に取り足首から膝下、脚のスネや太ももなど全体にのばします。

②手の平全体を使って、アキレス腱から膝下まで優しく揉むように5回マッサージします。
 次は膝下から太もも裏からお尻の下にかけてリンパを流していきます。
 これも5回行いましょう。

③次は表の膝下から足首まで骨に沿って上から下に5回ほどマッサージしていきます。
 次は膝上から股関節に向かって優しくマッサージしながらリンパを流していきましょう。

④これらを両足行います。

歩くときは重心を内側にかけるようにする

歩くときに足の親指に重心をかけて歩くようにすると内転筋を鍛えることができるので、
スッキリとした脚へ導くことことができます。内ももにある内転筋が衰えているとO脚やX脚と
いったブサイクな脚のラインになってしまう
ので内転筋を鍛える習慣をつけることが美脚への近道といってもいいくらい大切な筋肉なんです。
親指に重心をかけ踵から地面に着けるように歩くことを心掛けましょう。
外側に重心がかかってしまうとO脚になりやすくなるので要注意です!

太ももの裏側を引き締める!エクササイズ

①脚を腰幅よりも大きめに開いて立ちます。
 つま先はやや外向きに向けましょう。

②背筋を真っ直ぐにして息を吸いながらヒザをゆっくりと曲げていきます。
手は腰に添えるか胸の前で同じ高さで組んでおくと背中が曲がりづらいです

太ももが床と平行になるまで腰を降ろしていきます。

④息を吐きながら元の位置にまで戻ったら再度曲げていきます。

脚全体のエクササイズ

①まず両足を大きく開いて立ちます。
 両足の幅は肩幅よりやや広めに開きましょう。

②両腕を肩の高さで床と平行になるように横に伸ばします。
 左足先は正面に向け、右足は90度横に向けます。

③ゆっくりと息を吐きながら上体を右に倒していきます。
 左のわき腹をしっかりと伸ばすように股関節から下ろしていきます。
 右手は右足首を掴むようにして、左手は天井に向かって真っ直ぐに伸ばします。

④③の体勢のまま30秒ほどキープします。
 呼吸は止めないよう注意しましょう。

綺麗な脚をつくるボディメイクは継続が大切!

女性が理想とする美脚をつくるには毎日継続することが大切です!
筋肉を使わないでいるとどんどん衰えていき、脂肪がつきやすくなっていってしまいます。
そうすると脚の表面がボコボコとしたセルライトが目立つようになり、スラリとした脚から
遠ざかってしまいます。

これらを解消、予防するためには日々の過ごし方を少し変えることが必要です。
今回ご紹介した太ももを引き締める習慣を取り入れることでカッコいい下半身が手に入ること
でしょう♪これであなたも美脚の持ち主になれるかもしれません♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です