筋トレ後の大腿四頭筋ストレッチで美しい筋肉へ

今は性別関係なく筋トレをする時代です。筋トレを行うと男性ならムキムキの男らしいからだに!女性なら適度に引き締まったキレイなボディラインになることができます。
それに筋力がつくことでダイエット効果にも繋がります。ですがただ鍛えればいいというものではありません。筋トレの前後にストレッチを取り入れることで筋トレの効果をさらにアップすることができますし、しなやかな筋肉になることが可能です。
そこで今回はきゅっと引き締まった太ももの筋肉である大腿四頭筋を使った後のストレッチをすることで得られる効果やストレッチのやり方をご紹介していきたいと思います。

大腿四頭筋ストレッチにはどんな効果があるの?

太い脚といえば一番目立つ部分は太ももです。その太い太ももを細くしようと大腿四頭筋の筋トレに励んだ後にストレッチをすることでどんな効果が得られるのでしょうか。
詳しく調べてみたところ、大腿四頭筋はその名の通りき4つの筋肉の総称となっています。
大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋の4つです。
大腿四頭筋は主にヒザを伸ばすための筋肉なのですが他にも股関節を曲げる働き、太ももをあげたりなどの動作もしています。
大腿四頭筋を筋トレした後にストレッチをさぼってしまうと筋肉が硬くなってしまうので、
しなやかな足ではなくゴツくて太い足になってしまう可能性もあります!
それに大腿四頭筋は骨盤からスタートしているので自然と腰にも影響が出てしまいます。
(腰痛や骨盤のあうので前傾など)腰痛予防、骨盤を正しい位置に保つためにもストレッチは大切なのです。

やり方

では早速大腿四頭筋のストレッチをご紹介します。
筋トレをしていない人でも取り入れると筋肉の血行促進にもなるのでオススメですし一番
オーソドックスな太もものストレッチメニューです。

①壁に向かって横向きになり立ちます。
 右手を壁について背筋をまっすぐにします。

②左手で左足の甲を持ってヒザを曲げていきます。

太ももの前面が伸ばされていることを意識しながらそのまま約20秒から30秒キープします。
 このとき軽く太ももを後ろに引くとより効果的です。

④元に戻していき、反対側も同様に行っていきます。

※つま先をお尻に近づけるイメージで足を持ち上げましょう。

大腿四頭筋ストレッチの回数など

大腿四頭筋ストレッチ初心者向け

筋トレを普段する機会がない人やストレッチをこれから取り入れようとしている人は上記でご紹介しました一番オーソドックスなストレッチをおすすめします。
もしくはオーソドックスなストレッチを立って行うのではなくベッドや床に寝転がって行う
バージョンも初心者の人には取り組みやすい大腿四頭筋ストレッチです。このときも20秒キープすることを意識してくだい。一日一回は行いましょう。

大腿四頭筋ストレッチの応用編

初心者以外の人は太ももだけでなく股関節もほぐせるストレッチをオススメします。
膝立ちをして右側の足の甲を右手でつかみます。ヒザを曲げてやや身体を前傾させます。
キープする秒数もオーソドックスなパターンと一緒です。慣れている人はタオルなどを足首に
引っ掛けて太ももを伸ばしている人もいます。ご自分のやりやすい方法でストレッチをして
いきましょう!交互に3セットほど行うといいでしょう。

まとめ

大腿四頭筋のストレッチや効果について詳しく解説してみました。
太ももの筋肉は身体の中でも大きな筋肉なので鍛えてあげるべき部分ですし鍛えてあげる以上に
労ってあげるケアが必要な筋肉です。この記事を読んだことをきっかけに普段から頑張っている
太もものケアを取り入れてみてください!毎日続けることでキレイな脚が手に入りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です