出産前よりも綺麗になりたい!産後のお腹のたるみをとる方法

可愛い赤ん坊と一心同体で過ごした約10ヶ月間、待望の対面をし最初の3ヶ月は赤ん坊と
つきっきりのことが多いです。(とても愛しい時間ですが思うように運動ができなかったり
ジレンマを抱えているママも多いでしょう)
妊娠中や産後すぐの時期はお腹周りを鍛えることは避けられているので出産後はお腹がたるんだ
ままの状態なうえ妊娠中は筋トレなどは控えているほうがいいので筋肉量も減ったままです。
今回は産後のお腹のたるみを引き締める時期とたるみをとる方法をいくつかご紹介したいと
思います。

産後のお腹のたるみを引き締めていい時期はいつから?

運動や筋トレをしたい!と思っていても産後はまだお腹周りは繊細な時期です。
産後のお腹のたるみをいつから引き締めていいのか知らない人、また迷っている人は多くいると
思います。基本的には最低でも産後1ヶ月は安静にしていなければいけない時期と
言われています。ということは産後1ヶ月たった頃からお腹のたるみにアプローチできます。
妊娠中から出産にかけて骨盤が広がっているので開いた骨盤を元の状態に戻していくのも出産前の体型に戻す大切な役割があります。
産後1ヶ月から半年の間は骨盤が緩んでいるじきなのでこの時期に骨盤ベルトなどで骨盤を締めておくと体型が戻りやすいです!

産後のお腹を引き締める骨盤体操

①仰向けに寝て、膝を立てます。
 足の裏を床にぴったりとつけたら、手は身体の横にセットします。
 このとき手のひらは下向きにしておきましょう。

②息を吐きながら両足をそろえたまま、左の方に倒していきます。

③息を吸いながら元に戻していき、次に右の方に倒していきます。
 これらを左右5回ずつ行いましょう。
 

産後のお腹を引き締めるドローイン

ドローインは呼吸エクササイズです。

①まず仰向けに寝てヒザを立てます。
 両手を下腹部に当て、何度か腹式呼吸をして吸って吐いてを手で感じましょう。

②次はゆっくりと息を吐きながらお腹をゆっくりとヘコませていきます。
 息を完全に吐ききってお腹がこれ以上へこまないというところまでやりましょう。
 このときにお腹に圧力がかかっていることを感じてください。

③息を完全に吐ききったらその状態をキープしましょう。
 その状態のまま浅い呼吸を15秒~30秒キープしたら元に戻します。

他にもある!産後に向いている簡単トレーニング

まだまだ産後6週間から8週間は産褥期といって産後の体力を回復しなければならない時期です。
ダンベルを使った筋トレや腹筋といったトレーニングはまだ先の話になりますが、それでも本格的に筋トレや運動をするに向けての土台作りはできます!
ラジオ体操などは家事の合間にできる+全身をゆるやかに動かすことができる体操なので
産後に最適な運動です。他にも身体を大きくゆっくり動かすヨガなどもオススメですよ。

産後2ヶ月から3ヶ月たってくる頃くらいから筋トレやトレーニングを取り入れている人が
多いようです。時期や運動内容などご自分の体調や生活リズムと相談しながら行うことを大切に
しましょう。

まとめ

女性ならママになっても美しくいたいと思うもの。
ですが子供ができると以前のように自分にかけることができる時間は限られています。
その中でも効率よく身体を引き締めることはできます!空いた時間をうまく使ってさらに綺麗に
なりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です