上半身のスクワット!ディップスで二の腕サイズダウン

二の腕についた揺れる脂肪が気になって仕方がない人多いですよね。しぶとい二の腕の脂肪には
ディップスという筋トレが効果的です。ディップスは上半身のスクワットと言われるくらいハードですが二の腕だけでなく、バストアップ効果もあるという嬉しい筋トレなのです。
これからディップスをすることで得られる効果ややり方をご紹介していきますね。

ディップスをすることでどんな効果があるの?

では具体的にディップスをすることでどんな効果があるのでしょうか。
それは上腕三頭筋を鍛えることができるので二の腕を引き締めてくれる・大胸筋を鍛えるといった効果がります。二の腕の引き締めはもちろんですが、ディップスは大胸筋下部に刺激を与えてくれるのでバストを持ち上げてくれることに繋がるので形のキレイなバストを作ることができます。
ディップスに取り組むことで二の腕の引き締めとバストアップという効果を得られることが
できます。家でも気軽にできるトレーニングなので、たるんだ二の腕で悩んでいる人や、年齢を重ねるにつれてバストの位置が下がり気味の人にはもってこいの筋トレです。
筋トレで二の腕に筋肉がつくと同じ太さの二の腕だとしても見た目には全然違ってきます。
筋肉こそ美を求める人には必要なものなのです。
これからディップスのやり方をご紹介していきます。

やり方

ではディップスのやり方をご紹介していきます。

①ベンチや椅子の前に背中を向ける体勢になります。
 手をベンチに置きます。
 このとき指が前を向く形で置きます。

ヒジが90度になるくらいまで身体を床に下ろしていきます。
 このときお尻が床につかないよう気をつけましょう。
 膝は曲げた状態で大丈夫です。
 (筋トレ経験者は身体を真っ直ぐにして行うバージョンでも構いません。)

③ヒジを90度になるまで身体を下ろしきったら、ゆっくりと元の位置にまで戻していきます。

ワンポイントアドバイス

ディップスを行うときは、上半身を動かさないようにしましょう。
上半身が安定していないと負荷をかけたい筋肉以外の部分が使われやすくなってしまうので
しっかりと上半身は固定しておくことを意識しましょう。
あともう一つはヒジを曲げる角度を90度にすることです。90度以上曲げてしまうと負荷が
逃げて筋肉を鍛えることができなくなってしまうので90度曲げることを意識しましょう。

ディップスの回数・セット数

ディップスの初心者向け

筋トレ初心者の人や運動をする機会がなく身体が固い人などは、回数をこなすことよりも、
きちんと正しいフォームに慣れる
ことから始めましょう。椅子の高さが低いものから行うと身体の上げ下げが短くなり、ヒザを曲げて行うディップスは負荷もそんなに高いわけではないので
ディップスのフォームやコツを掴むにはオススメのやり方です。

ディップス中級者から上級者向け

ディップスのフォームやコツを掴んできたら、安定性の高い椅子を用意して通常のディップスに
チャレンジしてみましょう。10回×3セットを目安に行いましょう。
余裕がある人は身体を真っ直ぐにした状態で行うと強度が増すのでより効果的に鍛えることができます。

まとめ

たるんだ二の腕の引き締めや、バストアップに効果的なディップスをご紹介しましたがいかがでしたか?自宅でも取り組むことができるのでわざわざジムに行かなくても、なかなかサイズダウン
しづらい二の腕を引き締めることができます。
ご自分のレベルに合わせて是非チャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です