脚の引き締めやヒップアップにワイドスクワット!ダイエット効果も

スラッとしたモデルのようなきれいな脚にだれしも憧れていると思います。
そしてキレイな脚の人はなぜかヒップラインも整っている人が多いです。
どうすれば憧れのキレイな美脚とヒップになれるのかと思い悩んだことは一回や二回ではない
でしょうし、ショーウィンドウに映った自分の太い脚を見て落ち込んだ人も筋トレを取り入れる
ことで理想の脚を手に入れることができるかもしれません!

そこで今回は美しい美脚を手に入れるための筋トレである「ワイドスクワット」をご紹介したいと思います。

ワイドスクワットにはどんな効果があるの?

ではワイドスクワットには具体的にどんな効果があるのでしょうか。
詳しく調べてみたところワイドスクワットには太ももの内転筋を鍛えてくれる効果があります。
内転筋が衰えていると美脚とは真逆のO脚でになってしまううえに、骨盤のバランスも崩れやすくなり腰痛に繋がってしまうこともあります。
そしてワイドスクワットにはお尻の筋肉である大殿筋も鍛えてくれるのでヒップアップ効果も
あります。
内転筋、大殿筋、そして大腿四頭筋にも刺激を与えてくれるので下半身の強化に繋がります。下半身には身体のなかでも大きな筋肉が集まっているので、結果的には筋力アップに繋がるので基礎代謝が上がり太りにくい体質になることができます。
また疲れにくくなるという嬉しいメリットもあります。

では早速ワイドスクワットのやり方をご紹介したいと思います。

やり方

ではワイドスクワットのやり方をご紹介します。
ワイドスクワットは複雑な動作はないので誰でも簡単に取り組むことができるでしょう。

①脚を腰幅よりも大きめに開いて立ちます。
 つま先はやや外向きに向けましょう。

②背筋を真っ直ぐにして息を吸いながらヒザをゆっくりと曲げていきます。
 (手は腰に添えるか胸の前で同じ高さで組んでおくと背中が曲がりづらいです)

③太ももが床と平行になるまで腰を降ろしていきます。

④息を吐きながら元の位置にまで戻ったら再度曲げていきます。

ワイドスクワットのワンポイントアドバイス

ワイドスクワットを行うときは、内転筋にしっかりと集中しながら刺激を与えましょう。
あと呼吸も意識して行うとより効果的です。息を吸いながら腰を降ろしていき、吐きながら元に
戻っていくことを頭に入れておきましょう。

ワイドスクワットの回数・セット数

ワイドスクワットの初心者向け

筋トレ初心者や普段から運動をする機会がなくトレーニングに慣れていない人は、最初は回数や
セット数にこだわる必要はありません。慣れていないのに回数をこなそうとすると筋肉を痛めて
しまう原因になってしまうので、ワイドスクワットのフォームに慣れることから始めましょう。
無理してヒザを90度まで曲げようとせずに内転筋や大殿筋に刺激がいっていることと呼吸の
タイミングをしっかりと意識しましょう。回数も10回を目安にチャレンジしてみましょう。

ワイドスクワットの中級者・上級者向け

初心者向けのレベルや回数に慣れてきて余裕が出てきたら、10回から15回を2~3セット
おこないましょう。あまりやりすぎると筋肉がつきすぎてしまい引き締めるのではなく太くなってしまうことがあるので無理なく続けられる回数を継続して行うほうが効果的です。
15回も余裕でこなすようなら25回まで増やしてみましょう。そしてヒザを90度程度まで
曲げたときに一旦停止して負荷をかけるのも有効な方法です。

まとめ

美しい美脚やキュッと引き締まったヒップラインに効果的なワイドスクワットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?どんな筋トレにも言えることですがワイドスクワットも動作をできる
だけゆっくりと、時間をかけて行うことが結果をより早く体感できるコツです。
ご自分のペースで無理のない範囲でチャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です