ダイエット成功の秘訣は食生活にあり!ダイエット中にオススメの食事とは

ダイエットを成功させる上で大切なものは「筋トレ、運動」「睡眠」「食生活」です。
特にダイエットやスタイルをキレイにキープし続けるには「正しい食生活」がダイエットを成功させるか失敗に終わらせるか‥の転機点となります。
ダイエットはラクか辛いかでいうと辛い部分が多くなりますが、だからといってラクしたいからと危険なダイエットに手をつけていたら健康を害してしまうことに繋がってしまうので健康的にダイエットを成功させる秘訣である正しい食生活を知って健康とキレイを手に入れる「健康美」を意識したオススメのダイエッター向けの食事方法を知りましょう!

まずはどうして太ってしまったのか‥その原因を探ろう!

そもそもなぜダイエットをしなければならなくなったのか。太ってしまった原因を知りましょう。
原因を知って太ってしまう元を断たなければまたダイエットをしなければならなくなるので自己分析することはダイエットを成功させるうえでとても大切なことです。

夜遅くに夕食を摂る

スリムな体型をキープしている人に多く共通しているのは食事を摂る時間帯です。
遅くても20時までに食べ終わっていることが理想です。美意識の高い人や時間に都合の効く人などは18時には食べ始めています。
早く夕食を食べることで翌朝まで胃腸を休ませることができるので内臓に負担をかける頻度が少なくてすみます。
夕食を食べる時間が遅ければ遅いほど、摂取したエネルギーを消費することがないままになるので脂肪として体内に蓄えられていってしまいます。
どうしても夜遅い時間にしか夕食を摂れない。というときは温かい野菜スープや、タンパク質をメインとした食事にしましょう。夜遅くなってから摂取する炭水化物はダイエットを失敗させる元となるので気をつけましょう。
夕食と朝食の間には12時間から14時間ほど空けることがダイエットを成功させる秘訣に繋がります。

運動不足

日頃から運動をする機会がない人や、身体を動かすのが苦手な人は筋肉量も少なく、脂肪を燃焼する時間が少ないので食事量が少なくても太っていってしまいます。
ダイエットを成功させるうえで大切になってくるものが「基礎代謝量」になります。
簡単に説明すると基礎代謝量とは、体を動かしていなくても自然と消費されていくカロリー消費量のことです。自然と消費していってくれるエネルギーとは内臓の働きや、呼吸などといったものです。運動不足の人は体温も低いので、体が太りやすい環境と言えるでしょう。運動をして血行を促進したり、筋肉量を増やすことで体温が上がるので基礎代謝量もアップします。
仕事が忙しくて運動をする時間を作れない。という人は通勤時間などを利用しましょう。エレベーターは使わずに階段を利用する、降りるバス停の2つ前くらいで降りて歩いて帰る。などなど色々と運動をする時間を作ることができます。

過度な食事制限

今話題の「糖質制限」などはダイエットにはとても効果的ですが、やり方を間違えるとリバウンドをしてしまう可能性が高いので要注意です。
糖質制限については正しい知識を知ったほうが良いでしょう。
炭水化物を完全に抜いてしまうのはメンタルと健康を害してしまうので注意してください。
他にも「りんごダイエット」や「置き換えダイエット」など食事制限で行うダイエットがありますがオススメはできません。
なぜならどれも栄養が偏ってしまうので健康に悪影響だからです。食事制限ではなく食事改善が健康を損なわずにダイエットできるコツですよ。
炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン類、食物繊維、ミネラル、他にもたくさん栄養素はありますがこれらをバランスよく摂取することがダイエットを成功させる秘訣になります。
体重だけを落とすようなダイエットはもう時代遅れです。
健康と美容がバランスよくとれている「健康美」が土台となったダイエットを目指しましょう。

睡眠不足

食事内容に問題もなく運動不足でもない場合は「睡眠不足]が原因かもしれません。
意外と知られていないのが睡眠不足だと、食欲増進ホルモンが増えてしまうというのです。
反対にしっかり睡眠がとれていると食欲を抑えるホルモンが分泌されます。睡眠不足が続くとストレスを招きやすくなります。
イライラすると甘い物を食べたくなったり、食事量が増えることはありませんか?
そして女性が手に入れたい痩せ体質は基礎代謝量がポイントになってきます。基礎代謝量を左右するポイントは「成長ホルモン」です。成長ホルモンは睡眠中に主に分泌されます。ホルモンが出ている睡眠中に、全身の細胞の新陳代謝が最も上昇します。成長ホルモンの分泌が正常にされなくなると、「細胞の新陳代謝がうまくいかなくなる」ということは「基礎代謝量が減る」ので、最低でも6時間から7時間は睡眠時間を確保することを意識したほうが良いでしょう。

ダイエット中にオススメの食事とは

タンパク質を意識して食べる

上記でもご説明しましたが基礎代謝量をアップするには「筋肉量」が大きく関わってきます。
筋肉になる元は「タンパク質」です。タンパク質を食べる量が少ないとその分筋肉を作れなくなってしまうので毎食手のひら分くらいのタンパク質を食べることを意識しましょう。
太りやすいという人は、炭水化物を多く食べがちです。(菓子パンや、おにぎり、コンビニのご飯など、丼ものや麺類など‥)
朝食には最低でも卵を1つ食べたり(卵だけじゃエネルギーが少ないのでおにぎりとお味噌汁などを付け加えると良い)、昼食は魚やお肉をメインとした定食にする、夕食は炭水化物は少なめ、もしくはカットして温かい汁物や野菜、豆腐や納豆、魚、肉といったものをメインにすると空腹を感じにくく、しっかりと栄養素も摂取できるのでダイエットをしている人ほどタンパク質を食べたほうが良いでしょう。

身体を温める食事を意識する

身体を温める効果のある食事を意識するだけで太りづらくなり、より健康的になれます。
夏場でも冷たいものばかり飲んだり食べたりしていると、胃腸が疲れてきて夏バテになったりします。
身体を冷やしても良いことは1つもありません。
主に食材には身体を温める陽性の食品と、身体を冷やす陰性の食品があります。この両方をバランスよく食べることが健康美を継続する大切なポイントとなります。
食後のコーヒーを紅茶にしたり、スープに刻んだ生姜、もしくはすり下ろした生姜を加えたり、白米から玄米に変えたり、サラダも温野菜に変更するだけでもだいぶ身体が冷えることを防止してくれます。
暑い地域で採れる食材は陰性で、寒い地域で採れる食材は陽性だと思ってもらえたらわかりやすいと思います。
身体を温めて体温が1℃上がるだけで基礎代謝量が25%から30%アップし、免疫力も5倍から6倍アップするのでダイエット中だけでなく普段からオススメの食事内容です。

おやつを食べるときは低糖質なものを

ダイエット中とはいえおやつや間食を完全に断ってしまうのはストレスに繋がりやすくヤケ食いをしてしまう原因にもなってしまうので、
ダイエット中でも食べても大丈夫♫なおやつをご紹介したいと思います。
小腹が空いたときにポテトチップスやケーキ、スナック菓子類などは糖質も多く太る原因の元なので避けたほうが良いでしょう。
ダイエット中に適したおやつは
ナッツ類(くるみ、アーモンドなど)やドライフルーツなどがオススメです。栄養素も多く腹持ちも良いので栄養が偏ることなくおやつを楽しめることができます。
特にナッツ類は抗酸化作用が高く、女性にとってはとても嬉しい美容のサポートをしてくれるとても優秀なおやつです。
そしてドライフルーツにもナッツ類にも鉄分が含まれているので貧血気味の女性にはおやつを楽しみながら貧血を改善することも可能です。
筆者のオススメのおやつは「はちみつ」です。
はちみつは「天然のサプリ」と言われるくらい健康面、美容面に大きな効果があります。
加工されていない生のはちみつには「善玉菌」や「オリゴ糖」「酵素」が含まれているので腸内環境を整えてくれるので腸内環境が整うことで、肌の調子も上向きになり、ストレスにも強くなるので、ストレスを感じやすいダイエット中には味方ともいえるおやつです。
ですがどのおやつも食べすぎてしまえばカロリーが高くなってしまうので食べ過ぎには要注意です。適量を守っておやつ時間を楽しみましょう。
他にも「高カカオチョコレート」もダイエット中に適したおやつです。高カカオチョコレートは食物繊維が豊富に含まれているので脳の満腹中枢を刺激してくれるので食べ過ぎを防いでくれる効果を期待することができます。こちらも適量を守らないとカロリーが高くなるので注意しましょうね。

できるだけ添加物を避ける

今の日本には添加物がたくさん含まれている食事がたくさん溢れています。
コンビニの食事やスーパーの惣菜などにも当たり前のように含まれています。
添加物は人体に影響の少ないものから影響の大きいものまで幅広くあり、健康や美容に良い影響は一つもありません。
添加物が体内に蓄積していくと色々な症状が現れやすくなります。
花粉症やアトピー性皮膚炎、慢性鼻炎に肌荒れ、胃腸の不快感などなど。まさに病気になってしまう一歩、二歩手前な状態にしてしまうのが普段の食事に含まれている添加物の影響力なのです。
添加物をなるべく避けるには自分で健康的な食生活をすることが一番の近道です。
これらを避ける食生活をしていたら自然と身体にとって負担の少ない食事内容になるので無理なくダイエットを成功させることに繋がるでしょう。
また、添加物が多い食事を摂っていると太りやすくなってしまうデメリットがあるのでダイエットをしている人はそれまでの食生活が添加物にまみれていなかったかチェックしてみると改善点が見えてくるかもしれません。

「マゴワヤサシイ」の食事を心がける

「マゴワヤサシイ」をご存知でしょうか?
マゴワヤサシイとは
マ⇒豆類(納豆、大豆、小豆や枝豆など)
ゴ⇒種(ごま、ナッツ類など)
ワ⇒海藻(ワカメ、昆布、のりなど)
ヤ⇒野菜
サ⇒魚介類(魚などのタンパク質)
シ⇒きのこ
イ⇒芋(じゃがいも、さつまいも)

これらを合わせて「マゴワヤサシイ」と言います。普段の食事をするときにこれら全部をバランスよく食べることで体内に溜まった毒素などを体外へ排出してくれるので、健康美を手に入れながらダイエットをすることができます。
現代人の食生活は乱れているので、不健康な体型に健康状態、身体は細くても体脂肪率が高かったり、添加物でアレルギー症状が出やすくなっていたりしますが、
これらの食材を取り入れた食事法を意識すると、特に厳しい食事制限でもないので無理なく続けられやすいのがオススメのポイントです。一汁三菜を意識して、たまに季節の旬のものを付け加えるようにすると目にも心にも嬉しい食事ができます。
ダイエットはどうしても多少なりストレスを感じてしまうものなので、自分ができる範囲で楽しみながらできるダイエット方法をあみだしていくとキレイになりながら痩せていくことができますよ。

ダイエットを成功させるには自分と向き合うことも大切

健康的に痩せるには、まずは自分自身と向き合うことが大切です。
太ってしまった原因、太るとわかっていてもなぜ多く食べてしまうのか、太ってしまったことを他人のせいにしていないか、など。
自分の改善点を冷静に見極めていくことでどんな食事内容に改善したほうが良いのか、運動量はどのくらいで、週に何回ほど取り入れたほうがダイエットに効果的なのか、睡眠時間は足りているのか、おやつの内容を見直すのか、今の体重と体脂肪率を知ることと、ボディのサイズも測ること。これらを見直すことがリバウンドや不健康に痩せてしまうことを防いでくれます。できればその日一日何を食べたのかを手帳などにメモしておくと食事メニューを見直しやすくなりますよ。食べたものを記録することはレコーディングダイエットといって自分の食事内容を冷静に見つめることができるので是非参考にされみるいいです。
できれば憧れの女性などのダイエットを成功させたあとの目標となる人物がいたほうが具体的なイメージが湧きやすくなるのでダイエットでくじけそうになる心を奮い立たせてくれる存在となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です