スポーツジムに通うならやっておきたい筋トレ3選

スポーツジムに通うのは男性だけのようなイメージが昔は強かったですが、今は女性も美容面の
ためにジムに通うことが主流となってきました。確かにスポーツジムに通うと健康面にはもちろん
嬉しいメリットがたくさんありますが、健康面が整うと自然と美容面にも嬉しい効果が目に見えてきます。例えば新陳代謝が整うことで肌再生が促され肌がキレイになったり、筋肉が鍛えられる
ことで姿勢が美しくなりスタイルアップになるので人からの見られる印象も変わってきます。
今はジムという場所はダイエット目的に使用する場所ではなく若々しさを保つための場所といってもいいでしょう。今からジムに通おうとしている人の中には、「いきなり筋トレをするのは自信がない‥」や「筋トレのメニューにどんなものがあるのか詳しく知らない」という人が多数だと
思います。そこで今回はスポーツジムに通うのならやっておいたほうがいい筋トレをいくつか
ご紹介します。自宅でできる筋トレをまとめてみたので是非参考にしてみてください!

筋トレの前に…筋トレ前にはしっかりとストレッチをすることが大切!

ジムに行くといきなり筋トレやトレーニングをするわけではありません。
筋トレ前と筋トレ後にはしっかりと筋肉をストレッチしてあげることが大切です。
ストレッチをせずにいきなりトレーニングをしてしまうと筋肉が傷ついてしまったり痛めてしまう原因に繋がってしまうのでしっかりとストレッチをして筋肉に柔軟性を与えることで筋トレの
パフォーマンスも上がることでしっかりと筋トレをすることができます。
筋トレをする前にストレッチをすると関節の可動域が広くなるので筋トレの効果を高めてくれますし、筋トレ後に行うことで筋肉を伸ばして血行を促すことで疲労回復につなげることができます。

バックエクステンション

バックエクステンションは背中の筋肉を鍛える筋トレです。
ジムには背筋を鍛える器具もあるのですが、いきなり器具で背中を鍛えるまえに自宅で慣れて
おいたほうが怪我防止にもなります!反り腰にならないよう気をつけて行いましょう。

①まず床やマットの上にうつ伏せに寝転びます。

②胸を開いて張りましょう。
 両手は頭の後ろで組んでおきます。

③ゆっくりと息を吸い込んで、息を吐きながら上半身を持ち上げていきます。
 このとき足は軽く上げるくらいをキープしてください。

④限界まで上半身を引き上げたら息を吸いながらゆっくりと元の位置に戻っていきましょう。


バックエクステンションで後ろ姿に自信を持とう♪

2018.08.21

ブルガリアンスクワット

下半身を鍛える筋トレの中で自宅で最も効果を発揮しやすい筋トレはブルガリアンスクワットが
上位にきます。太もも前面、太ももの裏やお尻にも効果的な筋トレなのでジムで下半身を鍛える前にやっておくと色んな器具に挑戦しやすいはずです。
下半身を鍛えると疲れにくくなる効果もありますよ!

①ベンチやソファーなどの椅子から60cmから90cm離れた位置に後ろ向きに立ちましょう。

②後ろ向きに立ったらどちらでも良いので片方の足のつま先を椅子ベンチ、
 または椅子に乗せます。
 このとき背中は真っ直ぐにしておくことを意識しましょう。
 手は腰に当てておきましょう。

③次にゆっくりと足と腰を下げていきましょう。
 ヒザが約90度くらいになったら一度静止します。

④一旦静止したら、ゆっくりと元のポジションにまで戻っていきます。


下半身の引き締めやヒップアップに効果的なブルガリアンスクワット

2018.08.08

プランク

プランクは全身に負荷をかけることができるので体幹を鍛えるにはとてもオススメの筋トレです。最初はきついと思いますがまずは30秒キープすることを目標に頑張ってみてください!

①まず床やマットの上に両方のヒジから下を床につけます。
 足はつま先だけを床につけた状態で身体を支えましょう。

②足と腕はだいたい肩幅に開いておきましょう。
 腕は90度の角度曲がるよう保ちます。

③ヒザを真っ直ぐにして、頭から足のかかとまでが一直線になるよう意識しましょう。
 背中が丸くなったり、反対に反り腰になってお腹が床に下がらないよう注意しましょう。

④③の状態を最初は約30秒から始めてだんだんと維持できる時間を伸ばして行きます。


1日たった30秒!プランクで体幹を鍛えよう!

2018.08.09

まとめ

いかがでしたか?ジムに行く前に自分でできる範囲で筋トレに慣れておくことで怪我予防にも
なりますし、何よりジムで色んな器具を見たときにどこの部分を鍛えてくれるものなのかイメージがつきやすいです。どれも難しいものではないので気軽に取り組みやすいです。
頑張って理想のボディを手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です