スタンディングフライでバストアップ・姿勢改善・肩こり解消を実現!

ダイエットしたいけどジムに通うのは面倒…。食事制限は長く続かない…。
そんなあなたに今回はとても嬉しい「バストアップ」に効果的なスタンディングフライという
筋トレをご紹介します。特別な道具は必要ありません。
場所も自宅で簡単に取り組めることができます。
ダイエットをするならキレイなシルエットと健康を手に入れましょう!

スタンディングフライにはどんな効果があるの?

スタンディングフライにはどんな効果があるのでしょうか。
早速調べてみたところ女性には是非チャレンジしてほしい効果がたくさんありました。
その効果とは大きく3つに分けると①バストアップ ②姿勢改善 ③肩こり解消でした。
バストアップには欠かせない筋肉といえば大胸筋です。このスタンディングフライは大胸筋の上部を鍛えることができます。大胸筋は上部、下部、外部、内部に分けられます。
特に大胸筋上部は主に外側に向かって動く動作で使われています。外転とも言います。
外転は腕を方よりも上に上げる動作を言って、(バンザイや背伸びなども含まれています。)
大胸筋の中でも筋肉が発達しやすい部分でもあります。
ということはスタンディングフライの筋トレの効果が出やすいということですね。
大胸筋を鍛える筋トレは、肩周りをよく動かす動作が多いので肩まわりの血行も良くなり、
凝り固まっていた筋肉もほぐれるので肩こり解消にも繋がる
というわけなんです。
そして、スタンディングで行う筋トレは身体のバランスを取ることが大切なキーとなってくるので、自然と体幹も鍛えられるので背筋もまっすぐになり、姿勢改善という嬉しい効果もついてきます。体幹が鍛えられると基礎代謝がアップするのでダイエットを行うときは大きな味方となって
くれます。それに姿勢が変わるだけで印象やボディスタイルも大きく変わってくるので女性にとって気にせずにはいられない男性から見られている印象もグッといい方向に大きく変わります。

やり方

ではこれからスタンディングフライのやり方をご説明していきます。

①まず足は腰幅に開いて立ちましょう。
 背筋を真っ直ぐにして胸を張りましょう。
 両手は大きく抱っこするように胸の前で手のひらを合わせます。

②上記の状態で両手を閉じたり、開いたりしていきます。
 このときのポイントは両手を開くときはしっかりと大きく開きましょう。
 肩の横のラインまで広げます。広げるときは息を吸って、両手を閉じるときは
 ゆっくりと息を吐きましょう。

ワンポイントアドバイス

スタンディングフライを行うときは常に背中が真っ直ぐになっていることを
意識
して行いましょう。
でないとバストアップに大切な大胸筋を鍛える効果が半減してしまいます。
スタンディングフライで胸を効果的に鍛えるには、胸を大きく開くこと、閉じること(締めること)をしっかりと意識することです。
このとき背中が丸くなりがちな人がいますが、それだと胸に筋トレの刺激が届かないので
要注意です。

回数・セット数

スタンディングフライのやり方がわかったら次は回数やセット数です。
やり方はとても簡単でしたね。自宅で家事の合間などで取り組みやすいと思います。

筋トレ初心者向け

女性で筋トレ初心者や日頃から運動不足で身体を動かすことに慣れていない人は、
10回×1セットから行いましょう。
スタンディングフライのフォームも重要ですが、呼吸法もとても大切なポイントです。

筋トレ中級者~上級者向け

もともと筋トレをしていたり、運動をする習慣がある人は初心者向けの回数だと物足りないと
思います。
もっと負荷をかけてバストアップに早く近づきたい!という女性は、10回×1セット~3セットを行いましょう。これは応用編ですが、余裕のある人はダンベルを持って行う人もいます。
ダンベルの重さで負荷が増すので大胸筋に効率よく効かせることができるというわけなのです。

まとめ

いかがでしたか?バストアップや姿勢改善、肩こり解消に効果的な筋トレメニューでしたが、
難しい部分は一切ありません。
筋トレ初心者の女性でも取り組みやすいトレーニングだと思います。スタンディングフライは
立って行うというポイントがダイエットを成功に導いてくれる大事なところだと思います。
早速今日から始めてハリのあるバストを目指しつつナイスボディも手に入れちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です