「コブラのポーズ」の効果とポーズ方法やり方│ヨガポーズ

コブラのポーズにはどんな効果があるの?

コブラのポーズには疲労回復・腰痛の緩和・姿勢改善・血行促進・便秘の解消・背中の引き締め・呼吸機能改善・精神安定・胃腸機能の改善・ストレス解消・バストアップといった効果があります。現代の人はとてもねこ背の人が多いですが、コブラのポーズは背中の引き締め効果があるので猫背改善に繋げてくれ、結果的に姿勢が美しく整える効果があります。
また美容の天敵である便秘も改善してくれます。コブラのポーズに取り組むことで
身体を引き締めてくれるでしょう。

コブラのポーズの由来

コブラのポーズはサンスクリット語で「ブジャンガ・アーサナ」と言います。
ブジャンガとは「大蛇」の意味で、うつ伏せの状態から上半身を大きく反らせる姿から、
コブラが首を持ち上げたときの姿と酷似していることから名付けられました。

やり方

お腹や胸を大きく開くので呼吸機能を高めてくれ、ストレスの緩和に効果的なコブラのポーズの
やり方をご紹介します。

①床やマットの上にうつ伏せになります。
 足は腰幅に開きましょう。
 足の甲を床につけます。
 つま先を床に立てても構いません。
 おでこの下で両腕を組むようにして合わせましょう。
コブラのポーズステップ1
②おでこの下で合わせていた腕を胸の横へ。
 脇を締めたら胸の横に両手を置きましょう。

コブラのポーズステップ2

③息を吸いながら上体をゆっくりと起こしていきます。
 両手で床を軽く押さえつけながら床から胸を離していきます。
 お腹と腰をしっかりと伸ばしましょう。
胸を天井へ向け一呼吸したら、息を吸いながらヒジを伸ばしてもっと上半身を反らしていきま
す。目線は斜め上の天井に向けましょう。
コブラのポーズ
⑤肩甲骨を軽く寄せ、30秒ほどその状態をキープしたまま自然呼吸をします。
 30秒たったら元の位置まで息を吸いながら戻っていきましょう。

ワンポイントアドバイス

コブラのポーズのポイントは、しっかりと呼吸を行い、胸やお腹をしっかりと大きく伸ばすことが重要になります。コブラのポーズは上半身を起こし反らしてくアーサナなので、腕の力で無理やり身体を起こし反らしすぎてしまうと腰を痛め、反り腰になってしまうので要注意です。
初心者の方でも実践しやすいアーサナの一つです。それでも初心者の人は徐々に身体を起こしていき慣れていくことをオススメします。
アゴが上がらないように注意して、重心がお腹にくるようにするといいでしょう。
お腹の力で身体を支えるようなイメージで行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です