「半月のポーズ」の効果とポーズ方法やり方│ヨガポーズ

半月のポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの半月のポーズには便秘の改善・倦怠感改善・生理痛の緩和・内臓機能を高める・促進・
疲労回復・下半身の強化・集中力を高める・ストレス解消・バランス感覚を養う
といった効果が
あります。特に半月のポーズは太ももやふくらはぎ、鼠径部といった下半身を鍛え引き締めてくれる効果がありますので、ダイエットをしている人にはとってもオススメのヨガポーズです。
また身体の体幹や骨盤周辺の筋力にもアプローチをしてくれるのでインナーマッスルが鍛えられるので基礎代謝アップにも繋がるので痩せやすく太りにくい身体になれる可能性もあります。
ストレス緩和だけでなく身体のリフレッシュにもなるのでとても万能なヨガポーズです。

半月のポーズの由来

半月のポーズはサンスクリット語で「アルダ・チャンドラ・アーサナ」と呼ばれています。
アルダは「半分」という意味、チャンドラは「月」を意味します。片手、片足で全体のバランスをとるとてもダイナミックなヨガポーズです。半月のポーズは弧を描いたような形になることから
名付けられました。またバランス感覚が養われるのでケガ防止にもいいです。

やり方

体幹を強化し、心身のリフレッシュ効果もある半月のポーズのやり方をご紹介します。

①まずは両足を大きく開きます。
 両腕も水平に開いておきます。
半月のポーズステップ1
②右足の指先を外側に向けます。
 ゆっくりと息を吸いながら右ひざを少し曲げます。
 両腕を肩の高さまで上げます。
半月のポーズステップ2

③上半身を曲げている右ひざの方に傾けていき、床に右手で手をつきます。
 床と上半身が平行になるまで倒したら右ひざを伸ばして床に対して
 垂直になるようにまっすぐにします。
半月のポーズステップ3

④左足は床と平行になるまで持ち上げ、左手は天井に向かってまっすぐに伸ばします。
 目線は天井に向けている手の先に向けます。
半月のポーズ

⑤④の状態になったら約30秒ほど自然呼吸をしながらキープします。
 キープし終わったら上げている足をゆっくりと床に降ろしていき、元の位置に戻っていきます。
 一呼吸ついたら反対側も同様にやっていきます。

ワンポイントアドバイス

半月のポーズは初心者の人には難しく感じるポーズかもしれません。
ですが難しいからこそ効果も高く、周りとの差もつきやすいものです。
股関節の柔軟性を高めてくれるので身体が硬い人には是非日常生活に習慣として
取り入れてほしいヨガポーズです。
だるさや疲れを癒やしてくれるので寝る前などに行うと次の日スッキリとしているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です