うっかり太りが多い飲み会シーズン!!太らないメニューの選び方

年末年始はなにかと飲み会が多いシーズン!
みんなで楽しくお酒や食べ物を楽しみたい!だけど太るのが嫌だ!だからといって
太るのが嫌だからと断るわけにもいきません。
かといって飲み会の次の日にパンパンにむくんだ顔や、たるんで太った体を見るのも嫌だ!そこで飲み会に参加しても太らないコツがあります
それは太らないメニューを選ぶこと♪
当たり前なようですが、意外にも知らない人が多いんです。太らない食事管理を自分で行い、罪悪感なく楽しい飲み会を満喫したうえで体型維持をしましょう!

飲み会に参加すると太ってしまう理由とは?

ズバリ。飲み会に行くと太ってしまう理由は、
炭水化物(糖質)、油、塩分が主な原因です。飲み会が開かれる場所は居酒屋が多いと思いますが、居酒屋メニューといえば、
フライドポテト(糖質+油+塩)ポテトサラダ(糖質+油)
唐揚げ(揚げ物は油多い!)、ビール(アルコールの中でもビールはカロリー高め)

これらのメニューを食べてしまいます。
たまに食べるぶんには問題はないのですが、飲み会の楽しい雰囲気の中にいると、ついついアルコールや食べ物に手が伸びてしまい、だらだら食べをしてしまいがちです。
気がついたら普段の夕食量よりも多く食べていた!なんてことになってしまいます。
飲み会が続いたり、飲み会のあとに太ってしまっている主な理由です。

太らないメニューと太らないようにするコツ

夕飯の前にコップ一杯の白湯、もしくはお茶

飲み会の前や夕飯を食べる前にコップ一杯の温かい、もしくは常温の白湯やお茶を飲むことで食欲をセーブすることが可能です。
白湯やお茶が苦手な方はホットコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料でも大丈夫です。
カフェインの覚醒効果は二時間弱程度なので飲み会が終わる頃にはカフェインの影響は受けづらいので、眠りを妨げることはありません。
ビールを飲む前に温かい水分を摂取できたら理想的です♪

前菜として冷奴や枝豆

食事を食べる順番として、最初に冷奴や枝豆、もしくはサラダなど野菜類を食べることで血糖値の急上昇を防ぐことかできます。

ハイボールを注文する

外食や飲み会になると最初の一杯はビール、という流れが圧倒的に多いですが、
実はビールのカロリーは約150kcalなのです。その点ハイボールは約3分の1のカロリーで済みます。
最初の一杯はビールにして、二杯目からはハイボールにするとカロリーを抑えることができます。(ビールは極力避けル方がおススメではありますが…)低カロリーなうえに低糖質なのでうっかり太りを予防することに役立ってくれますよ。

唐揚げではなく刺身や焼き鳥、焼き魚を食べる

唐揚げは衣に糖質がたっぷりな上に、油を吸収しているので太りやすい飲み会メニューななってしまいます。
その点、焼き鳥や焼き魚は余分な油分はないうえに、太らないためやダイエット中の人には必要なタンパク質をそのまま食べることができるので必ずチョイスしたいメニューです。
どうしても唐揚げを食べたい時は、〆の食事を食べないようにしたりして摂取カロリーを調節しましょう。

〆を食べるのならお蕎麦を!

飲み会に行った時や帰りに〆のに食べ物を摂ることがあると思います。
飲み会の終わりの時間にもよりますが、
〆にご飯ものや麺類を食べるのならお蕎麦にしましょう。
お蕎麦には脂肪をエネルギーとして燃焼してくれるビタミンB2が豊富に含まれています。
ご飯ものや、ラーメンにうどんを食べるよりも罪悪感は少ないです。
…できれば〆の食事は避けた方が太る率がグッと低くなります!
〆を食べないことができるのなら、揚げ物を食べてもOK!というふうに自分にとって苦しくなく、無理のない範囲で太らないように気をつけましょう。

飲み会終わりは歩こう!

太らないように気をつけて食べていたけれど、翌日の体重計が怖かったり、食べてしまった!と思い悩みそうだったら、
バスや電車、タクシーを使って帰るのではなく、20分〜30分ほど歩きましょう!
歩くことで上昇した血糖値を下げることができるので太ることを抑えてくれる作用がありますよ♪余裕のある人はゆっくり入浴もできるとさらに効果的♪
翌日の朝スッキリと目覚めることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です