「半月ねじりのポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

半月ねじりのポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの半月ねじりのポーズには全身のバランス感覚を養う効果・インナーマッスルを鍛える効果・メンタルを安定させる・股関節の柔軟性を高める・ふくらはぎの引き締めといった効果があります。
半月ねじりのポーズをするときはお腹に力を入れて行うと全身のバランスをとりやすくなります。
そしてふくらはぎの筋肉を伸展させ、筋肉に刺激を与えてくれるので足のむくみをスッキリとさせてくれる効果もあります。ふくらはぎは別名「第二の心臓」と呼ばれるくらい血液を全身に巡らせるポンプ機能を担っている大切な箇所でもあります。
半月ねじりのポーズは初心者向けではなく少々難易度が高めのアーサナでもあります。
バランス感覚が大切となってくるヨガポーズですが、ポーズができるようになったときには心身ともにスッキリとリフレッシュしていることでしょう!

半月ねじりのポーズの由来

半月ねじりのポーズはサンスクリット語で「パリヴリッタアルダチャンドラアーサナ」と呼ばれています。
パリヴリッタは回転して、アルダは半分、チャンドラはを表しています。
弧を描いた半月のように見えることからこの名がつけられました。

半月ねじりのポーズのやり方

お腹をねじることで内臓機能を調整・強化することができ、下半身の柔軟性と強化につなげてくれる半月ねじりのポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に山のポーズになって背筋を伸ばして立ちましょう。両手は腰に添えておきます。

②左ひざを曲げて右足を大きく後方へ伸ばします。上体を前方へ傾けましょう。さらに左ひざを曲げて腰に添えていた手を床へ降ろします。手の位置は左足先の前方くらいになります。

③ゆっくりと息を吸いながら後方に下げた右足を床と平行になるまで持ち上げていきます。右足が床と平行になったら、お腹を左にややひねりながら左手を天井へ向かった真っ直ぐに伸ばしましょう。目線は正面です。

④鎖骨と胸を開くようにして酸素をたくさん体内に取り込むようなイメージで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。深呼吸が終わったら元の位置に戻り、反対側も同様に行っていきましょう。

半月ねじりのポーズのポイント

半月ねじりのポーズを行うときですが、腰が弱っていたり腰痛を抱えている人は避けておきましょう。
難易度が少々高めのアーサナなのでポーズ③のときに床に手が届かない人はブロックなどを補助として使って行うようにしましょう。
上下に開いた腕がまっすぐ一直線になるように意識しながら行うことが大切なポイントになります。

コメントを残す