「ハッピーベイビーのポーズ」の効果とやり方と方法│ヨガポーズ

ハッピーベイビーのポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガのハッピーベイビーのポーズには婦人科系の不調の緩和・便秘解消・腰痛の緩和・
ストレス解消・リラックス・股関節の柔軟性を高めるといった効果があります。

ハッピーベイビーのポーズは朝ヨガや夜ヨガなどに取り入れられるくらい人気のアーサナに
なります。

朝に取り入れれば目覚めの悪い頭をスッキリとさせることができ、眠っていた内臓に心地よい刺激を与えるので胃腸の働きを促してくれて老廃物の排出作用を促進、就寝前に行えばリラックス効果を得ることができるのでストレスを解消してくれて快眠効果へと導いてくれます。

ハッピーベイビーのポーズは赤ちゃんが上機嫌のときによく見せるポーズがあるのですが、その姿をモチーフとしているヨガポーズです。
少々恥ずかしいポーズではありますが効果は抜群なので是非取り入れてみてください。

ハッピーベイビーのポーズの由来

ハッピーベイビーのポーズはサンスクリット語で「アーナンダバーラアーサナ」と呼ばれて
います。アーナンダとは幸福や幸せ、バーラとは赤ちゃんという意味を表しています。
その名のとおり幸せな赤ちゃんの姿をイメージしたヨガポーズです。

ハッピーベイビーのポーズのやり方

股関節の硬さを柔らかくして脚のむくみを解消し、婦人科系の不調を緩和してくれる効果のある
ハッピーベイビーのポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に仰向けに寝転びましょう。
 ゆっくりと息を吐きながら両ひざを両手で抱えてお腹のほうへ引き寄せていきます。

両ひざを外側に開いて両手で両足のかかとを小指の外側から掴みましょう。
 ゆっくりと息を吐きながら掴んだ足を上に上げていきます。

③開いたひざとわきの下が近づくように意識しましょう。
 股関節を開いて硬くなった股関節をほぐすようなイメージをしましょう。

④その状態のままで目線を天井へ向けます。深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。

ハッピーベイビーのポーズのポイント

ハッピーベイビーのポーズを行うときは、お尻が床やマットの上から離れないように注意して
ください。
両手で両足を掴むのが難しいときはタオルやベルトを補助として使用することができます。

ハッピーベイビーのポーズはヨガ初心者の人でも気軽に取り組めるアーサナなので安心してヨガを行うことができます。
深呼吸をしっかりと行うことでストレス解消に繋がり、脳と心をリラックスすることができます。