自律神経乱れてない?それ肌の不調の原因かも!【自律神経を整えるコツ】

私たち人間が生きていくうえで大切な神経があります。それが【自律神経】といわれている神経です。
自律神経ってよく聞く言葉だけど具体的にどんな働きをしていて、人間のカラダにどんな影響を与えているのか。
その影響はカラダだけでなくオトナ女子の每日の気分を左右するお肌の状態にも関係があるとのこと!
今回はめちゃくちゃ仕事ができるスーパー神経といってもいい【自律神経】が人間に与える様々な影響について簡単にまとめてみました!

今さら聞けない?自律神経の働きって一体なに?

何気ない会話の中で「それは自律神経が乱れているんだよ~」という会話をしたことがある人は多くいると思いますが、じゃあ自律神経がどんな働きをしているのか?と聞かれてちゃんと自律神経について答えられるひとは一般には少ないと思います。
私たち人間が無意識の領域で行っていてカラダの働きをコントロールしてくれているものが自律神経です。自律神経は細胞の代謝や体温調節・内臓や血管・分泌腺などを24時間365日休むことなくコントロールしてくれているのです。
そんな自律神経には交感神経と副交感神経という2つに分けられます。
その働きを今から簡単にご説明していきたいと思います。

交感神経

交感神経とは心身を活発にする神経です。交感神経の作用としては緊張したとき・血圧を上げる・心拍数の増加・瞳孔拡大といったような働きがあり心とカラダを一種の興奮状態にさせます。ストレスなどを感じたときも交感神経が関わっています。
朝起きたときに交感神経が働くことで頭とカラダがシャキッと目を覚ますことができ、仕事や家事などに精を出すことができるのです。
交感神経は1つの興奮状態なのでとっさの変化などにも対応できるよう体制を作ることができます。

副交感神経

副交感神経は交感神経とは真逆の作用があります。興奮作用のある交感神経とは違って睡眠中やリラックスしているとき、食事中などに優位になるのが副交感神経です。
心身が休まっているときに働いているのが副交感神経なんです。
副交感神経が優位になると、緊張状態はほぐれて心拍数は緩やかになっていきます。
呼吸も胸式呼吸から腹式呼吸へと変わり、心身がリラックスモードになります。
副交感神経が働いているときにカラダにとって必要な栄養素を取り込んだり、昼間のあいだに傷ついた細胞やカラダのメンテナンスなどを行っている状態になります。

自律神経が乱れる原因とは?

交感神経と副交感神経をまとめて【自律神経】と呼ぶことがわかったと思いますが、この自律神経が稀に乱れることがあります。なぜ自律神経は乱れるのでしょうか。交感神経と副交感神経はそれぞれアクセルとブレーキのような役割を果たしています。
これらのバランスが崩れてしまう原因をこれから探っていきたいと思います。

精神的・身体的なストレス

自律神経が乱れる大きな原因の1つとして挙げられるのが【ストレス】です。
人間関係や仕事のプレッシャーなど。他にも過労や音や光、温度なども私達のカラダとメンタルに少なからずストレスを与えています。
また、ストレスを感じると交感神経が優位になるので自律神経のバランスが崩れてしまい心身の不調を引き起こしやすくなり自律神経が乱れてしまう原因になります。
ストレスに敏感な人は日頃からストレスを感じやすいことを把握して、リラックスする時間を作り生活することが大切になってきます。

不規則なライフスタイル

朝起きる時間がバラバラだったり、夜遅くまで起きて夜更かしをしていると体内時計が狂ってしまい、脳の視床下部のコントロールがうまく働かなくなり自律神経が乱れやすくなります。
不規則なライフスタイルだと食生活の栄養バランスも悪くなりがちです。そうすると内臓だけでなく肌のコンディションも悪くなり、肌トラブルの元になりかねません。
人間のカラダは昼間に交感神経が、夜の時間は副交感神経が優位に働くようなリズムになっているのでそのリズムが逆になるような生活リズムの人は自律神経が崩れやすい傾向にあります。
また不規則な生活だと自律神経が乱れるので女性は便秘になりやすいといわれています。
便秘は美肌作りにとって悪影響でしかなく肌トラブルの元になります。便秘を予防し肌をキレイに保つには規則正しい生活リズムとバランスの良い食生活を送ることが大切です。

季節の変わり目は自律神経が崩れやすい!自律神経を整える日常生活にプラスできること

季節の変わり目になると【肌が荒れやすい】という人は女性だけでなく男性もいると思います。
季節の変わり目になると、肌トラブルが起きたりイライラしやすかったりしませんか?
まず原因として環境の変化によることで自律神経が乱れて体調や肌に変化をもたらすと言われています。そこからその要因がストレスとなってメンタルが不安定になったりすることが考えられます。
季節の変わり目は寒暖差が激しかったりするので外的要因によって無意識のうちにカラダがストレスを感じとり、自律神経の乱れから血行不良になります。そうすると血液で運ばれるはずだった栄養素がカラダの隅々まで行き渡らなくなり健やかでキレイな肌をキープするための栄養素も運ばれなくなるので肌荒れや大人ニキビ・乾燥肌といった肌トラブルへと繋げてしまうのです。
ではどうすれば乱れやすい自律神経を整えることができるのか。日常生活で簡単にプラスすることができる方法はないのか調べてみました!

浅くなりやすい呼吸に気をつける

私たちが無意識に行っているものは【呼吸】です。起きているとき寝ているとき関係なく常に酸素を体内に取り込んでいます。
この呼吸の方法が自律神経に大きく作用しているので意識できたときでよいので自律神経を整える呼吸をしてみましょう。
昼間の交感神経が優位のときは自然と【胸式呼吸】になっています。息を短く吸って吐くという方法なのですが、これが続くとイライラしやすくなるというデメリットもあります。

そこでリラックスモードに切り替えてくれるのが【腹式呼吸】になります。
腹式呼吸を行うことで副交感神経を優位にすることができるので心身を休ませることができる効果があります。
特に夜寝る前などは腹式呼吸を意識するようにしてみてください。
呼吸をするときのポイントとしては、両手を肋骨に添えて肋骨が動くくらい深い呼吸をすることです。肋骨が硬いと酸素を多く肺に取り込むことができないので肋骨に柔軟性が出るように大きく深く呼吸することがポイントになるので参考にしてみてください。

入浴をする

自律神経を整える習慣の1つとしてお風呂に入ることをオススメします。
入浴をすることで内蔵を直に温めることができます。そうすると血行が良くなるので内臓機能が活性化します。温める行為はリラックス効果が高いので冷え症の人などはシャワーだけで済ませずに15分は入浴するようにしてみましょう。
現代人は副交感神経よりも交感神経が優位な状況が多いのでストレスをたくさん抱えこみやすいといわれています。ゆっくりと入浴することは興奮作用のある交感神経からリラックスモードである副交感神経へと切り替えてくれ双方のバランスを取ってくれる効果があります。
身体を芯から温めるプチポイントとして、腹式呼吸をしながら入浴すると外側からと内側から内臓と血液の巡りを促進してくれます。腹式呼吸と入浴でリラックスモードである副交感神経にスイッチを切り替えるのでストレス解消や気分転換にも繋がるので心身ともにリフレッシュ効果を期待することができます。

しっかりと眠る時間を確保する

眠る時間と自律神経とお肌の状態は一直線に繋がっているといっても過言ではありません。
眠る時間が少ない人は自律神経のバランスも崩れやすく肌トラブルに悩まされがちです。
なぜなら肌が生まれ変わるのはズバリ【睡眠中】だからです。
健やかでキレイな肌を保つためには【肌のターンオーバ-】が正常なサイクルで行われていることが大切なポイントになってきます。
キレイな肌を保つうえで大切な肌のターンオーバーですが、それを促しているのは【成長ホルモン】です。
成長ホルモンが多く分泌されるのは睡眠中で、夜更かしが続いたり寝不足が続くと成長ホルモンの分泌量が低下してしまうので肌が生まれかわるサイクルが乱れてしまうのです。
肌のターンオーバーが行われる時間帯が夜の10時から夜中の2時の間といわれています。
できればその時間内に眠りにつくことがお肌とカラダにとって理想的といえます。
美肌にとって寝不足は大敵なので気をつけましょう。

寝不足はストレスを生み出してしまう

寝不足が続くと精神が不安定になったり、ちょっとしたことでもイライラしてしまうことがあります。それは寝不足が原因のストレスによって自律神経の交感神経が刺激されて男性ホルモンが増加します。男性ホルモンが増えると皮脂量が増加するので大人ニキビの原因になることも。
睡眠不足は肌トラブルを生み出してしまいます。ということは自らストレスを作っているということになります。
上記でも書いたように【美肌にとって寝不足は大敵】
ストレスを生み出さないためにも睡眠不足を解消するような生活リズムを意識するようにしましょう。

まとめ

自律神経の乱れを起こしやすいのは圧倒的に女性なんです。女性は男性に比べて感受性が強く些細な変化にも気づきやすいのでストレスを感じやすい生き物だと言われています。
だからこそ普段の生活リズムを健康的なものにする必要があります。
イライラする頻度が高いときは交感神経が優位になっている可能性が高いです。
そんなときはゆっくりと深呼吸をして温かいお風呂に入ってカラダの血流を促してあげて夜更かしせずにぐっすり眠るようにしましょう。
それらを意識するだけでも気分の下がる肌トラブルから遠ざかることができますよ。
自律神経を整えて健やかでキレイな肌を生み出しましょう!