立位で弓を引くポーズの効果とポーズのやり方と方法「ヨガポーズ」

立位で弓を引くポーズにはどんな効果があるの?

ヨガの立位で弓を引くポーズには肩こりの改善・脚の筋肉の強化・太もも前面のストレッチ・ヒップアップ効果・メンタルの安定・集中力アップといった効果があります。
全身のバランス感覚を養ってくれるヨガポーズでもあります。
現代人は移動手段が便利になったぶん下半身の筋力がとても弱い傾向にあります。

立位で弓を引くポーズには弱りがちな脚の筋力を鍛えてくれて筋力をアップしてくれる効果があるので、脚が太くて悩んでいる人には引き締め効果を体感できる期待もできます。
他にも鼠径部や腹部のストレッチをもしてくれます。
最初はバランスを取りづらいかもしれません。このポーズをとるときは腹圧をかけて、ヘソ下にある丹田に意識を向けてポーズをとると全体のバランスが安定してきます。
この立位で弓を引くポーズができるようになるとボディラインがキレイに整ってくるでしょう。

立位で弓を引くポーズの由来

立位で弓を引くポーズはサンスクリット語で「ウッティタ・アルダ・ダヌラアーサナ」と呼ばれています。
初心者の人でも簡単に取り組むことができるアーサナとなっています。

立位で弓を引くポーズのやり方

全身のバランスを整えてくれ、下半身の筋力のアップ、女性にとってはとても嬉しいヒップアップ効果がある立位で弓を引くポーズのやり方をご紹介します。

床やマットの上に山のポーズで立ちましょう。ここで数回深呼吸を行い呼吸を整えましょう。

やや右足に重心をかけながら左膝を曲げながら左手で左足首を掴みましょう。背中を真っ直ぐにして胸を開きます。

左足首を後ろへ引っ張るようにし、上体を前へゆっくりと傾けていきます。左のひざが直角になることが理想です。ですが無理のない範囲で行いましょう。

右腕は前方へ真っ直ぐに伸ばしましょう。バランスをとるのが難しい人は慣れるまでは壁に手をついてポーズをとっても構いません。ポーズをとることに慣れてきたら徐々に壁から手を離していきましょう。視線は真っ直ぐを意識してください。

⑤そのままの姿勢で30秒ほど深呼吸をしましょう。ゆっくりと前方に傾けていた上体を元の位置まで戻していきましょう。反対側も同様に行っていきましょう。

立位で弓を引くポーズのポイント

もともと体に柔軟性があり余裕がある人はポーズを深めてみるのもアリです。
より上体を前方へ傾けていき、掴んだ足首をさらに上の方へ上げていきましょう。
そして深呼吸を忘れずにやりましょう。ヨガの最も大事なポイントは「深呼吸」です。

立位で弓を引くポーズは上げる方の脚の太ももがつることがあるので、最初のうちは太ももの前面に余裕をもたせながら行いましょう。
もしくはポーズを行う前にしっかりと全身のストレッチを行ってからやるようにすると
よりヨガの効果を効率よく体感できるようになるでしょう。

コメントを残す