「ねじりのポーズ」の効果とポーズ方法やり方│ヨガポーズ

ねじりのポーズにはどんな効果があるの?

ヨガのねじりのポーズにはデトックス効果・便秘改善・ウエストの引き締め・背中の引き締め・
ヒップアップ・内臓機能の促進・調整・ストレス緩和・精神安定
と言った効果があります。
このヨガのねじりのポーズは初心者でも取り組みやすいポーズです。
身体をねじることで内臓を圧迫し刺激することでねじりを元に戻す時に血流改善に繋がるという
わけなんです。胸や背中を大きく広げることで酸素が隅々まで行き届き、不安な気持ちも
解消されやすいというメンタル面にも効果的なヨガポーズです。ねじりのポーズで内臓を刺激して老廃物を外に出してしまいましょう。

ねじりのポーズの由来

ねじりのポーズはサンスクリット語で「マリーチ・アーサナ」と呼ばれています。
ヨガにもいくつかねじる体位のポーズがありその中でも今回ご紹介するねじりのポーズは代表的なアーサナです。賢者マリーチに捧げるポーズと言われています。
ねじりのポーズは内臓や身体の引き締めだけでなく脳の活性化にも嬉しい効果があります。

やり方

背中やウエスト周りを引き締め、脂肪燃焼を促し、お通じの改善にも効果的な
ねじりのポーズのやり方をご紹介します。

①まず床やマットの上にあぐらをかいて座ります。
 このとき背筋をまっすぐに伸ばして座りましょう。

ねじりのポーズステップ1

②左足のかかとを右側のお尻の外側にくるようにします。
 右ひざを立てて、足を交差させるようなスタイルになります。
 (このとき右ひざが身体の中心にくるように意識しましょう)

ねじりのポーズステップ2

③ゆっくりと息を吸いながら右手を後ろ側に置いて、左手は右ひざの上に置きます。
 しっかりと背中が伸びていること、胸が開いていることを意識してください。

ねじりのポーズ

④息を吐きながら身体を右へねじっていきます。
 次に首もねじっていきます、このとき首をねじりすぎないよう注意しましょう。
 その状態で30秒ほど自然呼吸しながらキープします。
 息を吸いながら元の位置に戻っていきましょう。
 反対側も同様に行っていきます。

ワンポイントアドバイス

ねじりのポーズをするときは、上半身をねじるときにお尻が床から離れないように
気をつけましょう。ヨガのなかでも代表的な基本のポーズなので初心者の方でも
チャレンジしやすいポーズだと思います。それに日頃から運動不足の人はねじりのポーズを習慣にすることで滞りがちな循環機能を整えてくれるでしょう。
しっかりと深い呼吸を行いながらやることが大切なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です