「かんぬきのポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

かんぬきのポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガのかんぬきのポーズには太ももの引き締め・背中と脇腹のストレッチ・ウエストの引き締め・インナーマッスルの強化・二の腕の引き締めといった効果があります。

かんぬきのポーズはからだの大切な軸であるインナーマッスル(体幹)を鍛えてくれるヨガポーズになります。
インナーマッスルの筋力が弱っていると内臓を正しい位置に保つことが難しくなり、ぽっこり下腹や無駄な贅肉がつきやすくなったりしてしまうので、意識して鍛えて引き締めておきたい箇所でもあります。

そして、女性の憧れであり男性視線からみてもとても魅力的な「美脚」作りにはこの
かんぬきのポーズはとても役立ってくれるでしょう。
太ももから足先にかけて真っ直ぐに伸ばすアーサナなので足全体の引き締めにとても効果的です。
美脚を作り出すには太ももの内側にある内転筋を鍛えることが欠かせません。
かんぬきのポーズは内転筋に刺激を与えてくれるので足が太くて悩んでいる人にはとてもおすすめのヨガポーズです。

かんぬきのポーズの由来

かんぬきのポーズはサンスクリット語で「パリガーサナ」と呼ばれています。
かんぬきとは門の扉が開かないようにしている木のことを表しています。
「パリガ」とはかんぬきの意味を指しています。

かんぬきのポーズのやり方

インナーマッスルを鍛えて体の軸を整えて、内臓の位置を正しい位置に保つことで内臓の働きを
整え、背中や脇腹のストレッチ効果、美脚効果へ導いてくれるかんぬきのポーズのやり方をご紹介します。

床やマットの上に膝立ちになりましょう。
 腰から背中にかけて真っ直ぐに伸ばしましょう。

右足を横に開きます。
 正面から見たときに足が直角三角形になっている姿をイメージしてください。

 息をゆっくりと吸いながら左手を天井へ向けて真っ直ぐに伸ばします。

右手は右足の太ももに置いて滑らせるようにして上体を右側へ傾けていきましょう。
 天井へ伸ばした左手は上体が右側へ傾いていくときに同じように右側へ傾けていきます。
 視線は左手の指先を見るようにしましょう。

その状態のままで深呼吸を30秒から1分ほどしましょう。
 深呼吸が終わったら元の位置に戻って反対側も同様に行っていきましょう。

かんぬきのポーズのポイント

かんぬきのポーズをするときのポイントはしっかりと脇腹や脚、背中などが伸ばされていることを意識しながら行いましょう。
伸ばしている足のつま先を上に向けてポーズを行うとより足のストレッチ効果を体感しやすく
なります。

ポーズをとるときに足のラインが直角三角形になっているか不安なときは鏡を見ながら
行いましょう。慣れてくると鏡なしでもできるようになります。
かんぬきのポーズでインナーマッスルを引き締めて「ぽっこりお腹」を予防し、解消しましょう!

コメントを残す