あなたは大丈夫?疲れ顔に見える目の下にできるクマの原因と解消法

特に疲れているわけでもないのに「疲れてる?」や体調が悪いわけじゃないのに「体調悪い?」と聞かれた経験ありませんか?そう見えてしまう原因の1つに「クマ」があります。
自分では気づかないうちに目の下にできたクマのせいで周りの人にマイナスなイメージを与えてしまうのはショックですよね。
しかもクマはシミやシワなどの肌トラブルと違ってクマを解消するための対策を取り入れているオトナ女子がとても少ない!
今回は暗い疲れ顔に見えてしまうクマができてしまう原因と解消法をお伝えしたいと思います。

あなたのクマはどのタイプ?

目の下のクマといっても種類は1つだけではありません。主に3つに分けられることが多いのでご自分の顔を鏡で見ながらどのタイプのクマになるのか簡単にチェックしてみましょう。これは雑学ですがクマは歌舞伎の【隈取】から由来がきているそうです。
目元をハッキリと強調するメイクなので、良くも悪くも目元を目立たせてしまうクマにはどんなタイプがあるのか知っておきましょう。

黒クマ

目の下にくぼみができて、そこに影ができることでクマのように見えるのが黒クマです。
実は下まぶたの皮膚はとても薄いため年齢とともに弱くなりたるみやすくなります。
(年配の人を思い出してもらうとわかりやすいと思います。目の下にくぼみができているのが分かると思います。)
たるみが出てくると影ができてしまいます。そこにむくみも加わると余計にクマが目立ちやすくなるという特徴があります。
体質的にむくみやすい人は気をつけたほうがよいでしょう。

茶クマ

茶クマの正体は皮膚への刺激による色素沈着になります。小さなシミが集まってできた集合体や古い角質が厚くなってしまうことなどが茶クマの正体です。
色素沈着もシミもメラニン色素が関係しています。特に目の周りは皮膚が薄く摩擦などのダメージにとても弱くなっています。
クレンジングや洗顔のときにゴシゴシと強くこすっているひとは気をつけたほうがよいでしょう。
皮膚に力が加わるぶん摩擦がおきているので特に皮膚の薄い目元はすぐに色素沈着を起こしやすくなります。
また茶クマはメラニンが関係しているので紫外線の影響も関係してきます。

青クマ

青クマの原因は疲れがたまったときや睡眠不足、血行不良のときに体感しやすいクマです。
これら全て目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こります。
目の周りは皮膚が薄いため血液の循環が滞っている皮膚の上からでも青く見えてしまうので「血行悪いんだな」というのがすぐに分ってしまいます。
実は目元だけの血行が悪いわけではなく顔全体の血流が悪い可能性があるので青クマを解消しようと思ったときは目の周りだけでなく顔全体の血行改善が必要になってきます。

クマの見分けかた

そうはいってもどうすれば自分のクマのタイプを見分けることができるのでしょうか。
見極めるのは難しいそうなイメージ‥と思っていたら実は意外にもとても簡単なんです!
それは【優しく目尻を指先で引っ張る】ことです。
あとは鏡をもった状態で【上を向くと薄くなる】のは黒クマ。目尻を優しく引っ張っても上を向いても変わらないのは茶クマ。目尻を引っ張ると薄くなるけど完全には消えないのが青クマです。
あなたはどのタイプのクマでしたか?
どのクマに悩まされているのか分かったら次はクマの解消法をいくつかご紹介します!

クマの解消法

黒クマ解消法

黒クマは上記でもご説明したように【たるみ】によって皮膚に影ができてしまいその影がクマのように見えることでおきます。
加齢にともなるたるみ、目元の筋肉の衰えなどが関係してきます。まずは目元の筋肉の衰えを予防する目元のエクササイズをお伝えしたいと思います。

①両目をギュッと5秒間閉じましょう。
②5秒たったら今度は大きく目を開けます。
③眼球だけをぐるりと右回転に5回まわします。
④反対周りも同じように行いましょう。

黒クマは表情筋や眼輪筋を鍛えて皮膚のたるみを改善することが目的です。
他には黒クマ予防に有効なツボもあります。
①瞳子髎(どうしりょう)目尻の端のくぼみにあるツボ。
②球後(きゅうご)目の下の骨の際にあり、目尻から目頭に向かって四分の一内側にあるツボ。
③四白(しはく)目の下中央から親指1本分下にあるツボ。

クレンジングや洗顔をするときに優しくツボ押しをしてあげるとクマを改善してくれる効果を期待することができます。
他には皮膚がたるんだ状態を緩和するためにハリのある肌に必要なコラーゲンを強化するためのお手入れを取り入れることをオススメします。
他にはビタミンC誘導体やピーリングなども付け加えてコラーゲンを増やす作用のある成分が入ったスキンケアアイテムを使用するといいでしょう。
これらのトレーニングやスキンケアアイテムを使い続けることでたるみは改善されていき、シワなどにも有効な成分なのでハリのある若々しい表情を取り戻せる効果が得られるでしょう。

茶クマ解消法

茶クマができる主な原因は色素沈着です。人間の皮膚は3層にわかれていて、
表皮・真皮・皮下組織にわけることができます。一番外側の皮膚を表皮といって表皮にできた茶クマはほぼシミと同様のものになります。
そして皮膚の奥の方にある真皮にできた茶クマはメラニンが皮膚の内側に沈着したものになります。
表皮にできた茶クマは目の周りをこすったり、アイメイクを落としきれないまま過ごすことで色素沈着をおこし目の下が茶色に変色します。
茶クマの解消法はまず色素沈着を改善する必要があります。ということは【美白ケア】が有効になってきます。
頬にできたシミ同様のお手入れをやってあげると改善することができます。
皮膚の美白ケアはビタミンC誘導体やトラネキサム酸、ハイドロキノンなどが有効になります。とくにハイドロキノンは皮膚の漂白剤と言われるくらい美白効果が高い成分なので使用したいときはクリニックで処方してもらうようにしてください。
そしてメラニンの生成を抑えることが茶クマの予防にも繋がるので紫外線対策を怠らないようにしましょう。紫外線はコラーゲンやエラスチンを壊してしまうので肌のハリやツヤが失われることに繋がってしまうので気をつけましょう。

肌のターンオーバーも色素沈着に関わってくるので、運動をして新陳代謝を高めることも大切な習慣です。
そして定期的にピーリングなどで肌の角質ケアをやってあげるとメラニンの排出を促すことができるので茶クマ対策にオススメです。

青クマ解消法

青クマを簡単に言ってしまえば【血行不良】が原因なので、血行を良くしてあげる習慣を取り入れることが一番有効な手段といえます。
血行不良のときは生活リズムが狂っている場合が高いので生活リズムを正常に整える必要があります。あとはストレスなども大きく関わってくるのでストレス発散をする時間を作ることも意識したほうがいいでしょう。
まずは自分のカラダと生活リズムを見直すことが大切になってきます。
特にこれからどんどん暑くなってくると冷たい飲み物を摂取する機会が増えてくると思います。冷たい飲み物はカラダを冷やすため血行が悪くなりがちです。冷たい飲み物をたくさん摂取することは控えるようにしましょう。
あとは【ホットタオル】で目元を温める方法です。血行不良になっている目元を温めることで血管がほぐれて広がるので血行改善に繋がるというわけなんです。
特にデスクワークなどで目を酷使している人は目の疲れも癒やされる方法なので是非取り入れてほしいクマの解消法です。

そして目の周りの血行を改善する手段の1つとしてマッサージがあります。
気をつける点は【力を入れないように優しく撫でるようにマッサージすること】
目の周りだけでなく顔周りのリンパの凝りをほぐして流してあげるようにすることがポイントになります。マッサージをするときはスキンケアタイムのときに同時に行うと保湿も同時にできるのでオススメです。

①人指し指で目頭上を軽く押さえる。まぶたの形にそって優しく流しながらこめかみまで撫でる。
②中指で目頭下を軽く抑えて目尻~こめかみに向かって撫でるようにマッサージする
③こめかみに溜まったリンパを耳の後ろに向かって流していき、顎関節を通って首筋に流す。

これらを朝と晩の2回行うとベストです。朝は顔がむくんでいるオトナ女子も多いと思いますが、朝にこのマッサージをすることでむくみを改善してくれる効果があります。

疲れ顔・老け顔に見えてしまうクマを避けるためには日頃の習慣が大切!

疲れ顔・老け顔に見えてしまうなんて絶対に嫌だと思います。
写真で自分の顔を見たときに目の下にクマがあって、笑っていても無理してるようにみえたこと誰しも1度はあると思います。
クマを避けるためにはまず【クマができてしまう習慣をやめること】が一番大切だと思います。
目の周りの皮膚がとても薄くデリケートだからこそ!スキンケアやメイクをするときは優しく触ってあげる。メイクをオフするときはゴシゴシとこすらずに優しく洗い流してあげる。
美白効果の高いスキンケアアイテムを使用する。肌のターンオーバーを促すために運動をしたり、たまに肌の角質ケアをする。などなどたくさん対策はありますがどれも普段の生活習慣を健康的なスタイルにしておけば目の下にできるクマを予防することが可能なんです。
筆者的には【カラダを温める】という対策が一番大事だと思っています。
なぜならカラダが冷えていると血行不良になり、免疫力が落ちていってしまいます。
カラダを温める行為は免疫力を高めて、人間のカラダを内側から健康にしてくれるので自然と目の下にできるクマを寄せ付けません!
疲れ顔・老け顔に見えてしまう女性にはなりたくありませんよね!
ご自分の顔にあるクマの原因を突き止めたらクマを解消する対策を取り入れて習慣にすることが大切です。