「賢者マリーチのポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

賢者マリーチのポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの賢者マリーチのポーズには硬くなりがちな股関節の柔軟性を高める・内臓機能の活性化・背骨を整える・二の腕のストレッチ・メンタル安定といった効果があります。
他にも現代人が抱えている悩みの代表でもある肩こりの改善や便秘解消にも効果があるとされています。精神面では高ぶった神経を沈めてくれてニュートラルにしてくれるでしょう。
そして肝臓や腎臓といった解毒作用のある内臓機能を高めてくれ調整してくれる効果もあります。
食生活が乱れがちな現代人は内臓が弱っている傾向にありますが、ヨガはポーズと呼吸法で内臓の働きを促進・調整することが可能です。
賢者マリーチのポーズは背中を伸ばすヨガポーズなのでデスクワークなどで姿勢が悪くなりがちな人は背骨を調整してくれる効果もあるのでおすすめです。

賢者マリーチのポーズの由来

賢者マリーチのポーズはサンスクリット語で「マリーチアーサナ」と呼ばれています。
マリーチとは創造の神であるブラフマーの息子を表しています。

賢者マリーチのポーズのやり方

硬くなりがちな股関節の柔軟性を高めてくれ、女性が悩みがちな便秘を解消してくれる効果のある賢者マリーチのポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に杖のポーズで座りましょう。背筋を真っ直ぐにすることが大事です。左右のお尻の骨がしっかりとマットについていることを確認しましょう。

②右ひざを曲げて立てましょう。右ひざを胸に引き寄せるようにします。右足と左足の太ももの間は少し開いておきましょう。右腕を天井へ向かって真っ直ぐ伸ばします。

③ゆっくりと息を吐きながら上体を前方へ傾けていきます。傾けていきながら右手、左手と順番に後ろに手を回していきます。右手は右足のすねの外側から囲むようにし左手首を掴みます。

立てた右足のすねが真っ直ぐになるように意識しましょう。背筋を真っ直ぐ伸ばします。頭から背中が真っ直ぐになるようにしてそのままの状態で深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。深呼吸が終わったら元の位置まで戻り反対側も同様に行いましょう。

賢者マリーチのポーズのポイント

賢者マリーチのポーズを行うときのポイントですが、ポーズ③のときに頭が下に下がらないよう注意しましょう。
このポーズを何度か重ねていくうちに胸や肩甲骨の柔軟性もアップするので呼吸がしやすくなったり、頑固だった肩こりがラクになってくるでしょう。
深呼吸を深く何度も行うことで気持ちを安定させることもできます。吸う息よりも吐く息を長めにすることがメンタルを安定させるポイントです。

コメントを残す