「天地開脚のポーズ」の効果とやり方と方法│ヨガポーズ

天地開脚のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガの天地開脚のポーズにはしゅう集中力アップ・股関節の柔軟性を高める・下半身の強化・
内臓機能の働きを活性化・下半身のむくみ解消・瞑想を深めてくれるといった効果があります

天地開脚のポーズはヨガポーズのなかでも難易度が高いアーサナなので無理に行わないように
しましょう。

この天地開脚のポーズは私たちが日常生活ではなかなか行う機会がない「瞑想」を深めてくれる
効果が高いことから無意識のうちに疲れた心を癒やしてくれ、仕事や家事などで働きっぱなしの脳を休ませてくれるでしょう。そうすることで途切れがちな集中力をアップすることができます。

また、脚を大きく上下に開く動作を行うので下半身のむくみを解消し、引き締めてくれる効果も
期待することができるヨガポーズです。

天地開脚のポーズの由来

天地開脚のポーズはサンスクリット語で「ウールドヴァプラサリータエカパダーサナ」と呼ばれています。
ウールドヴァとは上に、プラサリータは伸びた、エカパダは一本足という意味を表しています。
片脚を天井へ向かって真っ直ぐに伸ばし一直線に伸ばすヨガポーズです。

天地開脚のポーズのやり方

股関節を大きく開くことで股関節の柔軟性を高めて、内臓機能の働きをアップさせてくれる
天地開脚のポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に山のポーズで立ちましょう。
 このときに足の指を開いて両足の裏側でしっかりと床の上に立つように意識してください。
 背筋が曲がらないように真っ直ぐ伸ばしましょう。

ゆっくりと息を吐きながら骨盤を軸にして上体を前屈させていきましょう。
 両手が足の外側にくるようにして手を床につきます。

③全体のバランスが安定したら、ゆっくりと息を吸いながら右足をまず腰の高さまで
 上げていきましょう。
 そこからさらに上へ足を持ち上げていきます。

④上半身をさらに倒していきましょう。
 そして右足を天井へ向かって高く伸ばしていきます。
 ひざが横を向かないよう気をつけましょう。
 その姿勢のままで深呼吸を30秒から1分ほど行います。反対側も同様に行いましょう。

天地開脚のポーズのポイント

天地開脚のポーズはヨガポーズのなかでも難易度が高いポーズなので、
ヨガ初心者の人やヨガポーズに慣れていない人は無理をしないよう注意しましょう。

まずは足が上がるところまで頑張ってみるところから始めてください。
大事なポイントはひざと背中が曲がらないよう気をつけながら天地開脚のポーズに取り組んで
いきましょう。